通常配送無料 詳細
15点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
風の男 ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

風の男 白洲次郎 (新潮文庫) 文庫 – 2000/7/28

61件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 464
¥ 464 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

風の男 白洲次郎 (新潮文庫) + プリンシプルのない日本 (新潮文庫) + 白洲次郎 占領を背負った男 下 (講談社文庫)
合計価格: ¥ 1,598
ポイントの合計:  50pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


【期間限定】本のお買い得セール
「もしドラ」ほか、人気タイトルが今なら20%OFF。 対象商品をすべて見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本国憲法誕生の現場に立会い、あの占領軍司令部相手に一歩も退かなかった男。常に活眼を世界に注ぎつつ、わが道を行く天衣無縫の気概。物事の筋を通し、自説を枉げぬ強靱さ。と同時に、内に秘めた優しさ、しなやかさ、ユーモア。端正な面立ち、洒落た身なり、寸鉄の片言…。正子夫人をはじめ、この男に魅せられた人々の「証言」から蘇える「昭和史を駆けぬけた巨人」の人間像。

内容(「MARC」データベースより)

吉田茂の懐刀として、戦後史の数々の重大な局面に立ち会いながら、自らは黙して語らずに逝った風雲児・白洲次郎。「昭和史の隠された巨人」の姿を、夫人・正子ら多数の知人の証言でたどる。1990年刊私家版の再刊。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

登録情報

  • 文庫: 220ページ
  • 出版社: 新潮社 (2000/7/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101227217
  • ISBN-13: 978-4101227214
  • 発売日: 2000/7/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.7 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (61件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,104位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

72 人中、63人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 raizomaru 投稿日 2002/1/19
形式: 文庫
ヘンリー・プールのスーツ(ヘンリー・プールの位置するロンドンのサービル ローというテーラー街の名前が、「背広」の語源。)をわざとよれよれにしてから着るような衣装哲学を持ち、80歳までポルシェを乗り回していたダンデイな男、白州次郎。
神戸の貿易会社「白州商店」の息子として裕福に育った少年時代は、けんか好きでいささか驕慢な印象を与える少年だったというが、イギリスでの9年間が彼を大きく変えたといわれている。当時の親友はストラトフォード伯爵の称号を持つ貴族、ロビン・ビング。その友情は終生変わることがなかった。敗戦後、すでに30歳の頃から信頼を得ていた吉田首相の熱心な要請で終戦連絡事務局長となり、巧みな英語力と強い信念を持ってGHQの占領政策に抵抗するという大役を務めるようになる。当時GHQ幹部だったホイットニー氏に「白洲さんの英語は大変立派な英語ですね。」と言われて、「あなたももう少し勉強すれば立派な英語になりますよ。」と答えたことは有名なエピソードである。
役人嫌いで、”育ちのいい生粋の野蛮人”と評された白州次郎の口癖は「プリンシプル(原則)」だった。人の作った規則ではなく、自分の思想や生活信条を信じる。パッと世間から身を引いていたかと思うと、時機を見て中央に出て行き、国の姿勢を正す。自分の事は一切語りたがらず、風のように現れては消えてしまう。自分の名前を出さずに、日本にとって重要なことをやり遂げた稀有な人物の美学・颯爽とした生き方が鮮やかに描かれている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
48 人中、41人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Lotus VINE メンバー 投稿日 2006/11/8
形式: 単行本
英語に係わる仕事に携わっていると、
日常的に米英のアーティクルやコラムに感化されることが多くなります。
感化されるだけならまだしも、
ともすると英米的な思考を全てよしとするところも出てきてしまいます。

その度に取り出すのが、この本『風の男 白洲次郎』です。
イギリス生活の長かった白洲次郎は英語が堪能。
憲法作成でGHQと渡り合っていた頃、
米国側のホイットニー将軍に「大変立派な英語ですね」と言われ、
「あなたももう少し勉強すれば立派な英語になりますよ」と答えます。

外国車が好きで、英語はぺらぺら、
英国仕込みのエチケットに加え、おしゃれな白洲。

しかし、彼はGHQをもって「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめた男であり、
サンフランシスコ講和条約締結の際、
吉田総理に用意された演説内容と、
なおかつ英語であったことに激怒し、
日本語で、内容の一部を変え、しかも巻紙に書き直しました。

この本を手に取る度、
大事なのは西洋崇拝でも、ナショナリズムでもなく、
バランス感覚なのだということを強く思います。

西洋に媚びるのではなく、
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
32 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 くにたち蟄居日記 VINE メンバー 投稿日 2005/10/23
形式: 文庫
 最近ブーム(だと思うのだが)の白州次郎を最初に最近紹介したのが本書だと思う。
 奥様だった白州正子は 骨董やらエッセーやらで有名な人で 小林秀雄あたりの骨董関係からも辿り付けるような人である。それに比べると 旦那の次郎は 本書を読んで知ったわけだが 読んでいて その格好よさには痺れた。
 自分の主張を誰に対しても真似ない、相手の地位には拘らずに対応する、ノーブリスオブリージュを信念とする。
 書いていて思うには こういうことはやろうと思っていてもやれるものじゃない。それを白州次郎は 爽やかに口笛を吹きつつ 行った。そう本書は描き出している。
 勿論 本当にここまで格好よかったのだろうかとも思ってしまう。異論があった人も一杯いたと思う。それでも 人間上手に騙されることも時として大事である。素直に本書に描かれた白州像を信じたい。その方が 自分のためになると確信しています。
 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
32 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 スーパーももちゃん 投稿日 2005/11/2
形式: 文庫
今年で亡くなってまる20年ということもあり、彼に関する本がいろいろ出ている中での基本的な一冊がこの本です。
白州次郎という名前を知ったのはこのタイトルどおり、11年前に日本テレビでやった「世界超偉人100万人伝説」でビートたけし&明石家さんま両氏が面白おかしく教科書に取り上げないような人物や事件などを取り上げる番組のラストで取り上げたのが彼で、正子夫人も登場していました。
すごいカーマニアで、80歳を過ぎてもポルシェを運転し、イッセイミヤケのモデルまでやり、高級スーパー紀ノ国屋でイタリアンローストのコーヒーを買うのが好きだったというエピソードはまさに「超偉人」だ。彼の話はどの「超偉人」話や「ネーポン」よりもすごかった。
今の政財界人で白州の様な人は果たしているのか?彼が亡くなった昭和60年と言う年(私は当時中3)は人間のエゴが見え見栄のいやな出来事ばかりでした。しかし、白州は「葬式無用、戒名不要」という言葉を残してこの世を去った。そして彼の葬式は宴会だった。
白州いわく、「人は死んだら地位は関係ない」と言いたかったに違いない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック