Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
風の歌を聴け―Hear the wind sing 【講談社英語文庫】
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

風の歌を聴け―Hear the wind sing 【講談社英語文庫】 [文庫]

村上 春樹 , アルフレッド・バーンバウム , Alfred Birnbaum
5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (12件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
文庫 --  
文庫, 1997/4/1 --  

キャンペーンおよび追加情報


この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

受賞歴

第22回(1979年) 群像新人文学賞受賞

内容紹介

レベル TOEIC 470点
夏休みに海辺の街に帰省した<僕>は、友人の<鼠>とビールを飲み、介抱した
女の子と親しくなって、退屈な時を送る。二人それぞれの愛の屈託をさりげなく
うけとめてやるうちに<僕>の夏はものうく、ほろ苦く過ぎ去っていく。

登録情報

  • 文庫: 165ページ
  • 出版社: 講談社インターナショナル (1997/4/1)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 477002214X
  • ISBN-13: 978-4770022141
  • 発売日: 1997/4/1
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (12件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 312,594位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
15 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 さらっと読めます。 2005/2/27
投稿者 apple1540
形式:文庫
 さらっと読めますが、決して内容が薄いということではありません。
全体的に不思議な雰囲気が漂いつつも、現実的な作品と言えます。村上春樹さん以外の人ではこの雰囲気は出しえないでしょう。
 文章よりも内容、最近では特に波乱万丈なストーリー展開の作品が人気を博している中で、村上さんの作品は日常を語ったものでありながら、その表現に何か惹きつけられるものを感じます。文学というのはこういうものだ、と思える作品です。
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 位相差 2007/6/16
投稿者 クックロ
形式:文庫
 どこか人をくったような、微妙な間。

村上春樹の文章を“わたし”が評するなら、そんな感じ。

日本語で初めて読んだのは、もう春樹がビッグネームになってからでしたね。

のちのちの作品のエッセンスが凝縮された良作です。もちろん。

じつは日本語で読んだときには、むしろその凝縮感が、重かったかも知れません。

今回、英語で読むと、もっとあの間を感じることができました。

軽く海を泳ぐような、春の蝶のような、五月の風。

英語力がないせいでしょう、イマジネーションを働かせなければならない分、

くっきりと春樹ワールドを嗅ぎ取ることができたような、変な体験でした。

 

お勧めします、巻末の注釈を見なくても、高卒レベルの英語でいけます。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 nico830
形式:文庫
おしゃれな英語の勉強に最適。気に入った表現をいくつか列挙すると
some time way ahead,years,maybe decades,from now 「ずっと先に、何年か何十年か先に」小説特有の言い回し
struggled on in vain 「不毛な闘いを続けた」
To those of gloomy spirit come only gloomy dreams. 「暗い心を持つものは暗い夢しか見ない」
a passing summer shower 「夏の通り雨」情景が目に浮かんでくる
Compared to the sheer difficulty of living, 「生きることの困難さにくらべて」
root through their refrigerators 「冷蔵庫の食べ物を漁る」
That includes me. 「僕もその一人だ」村上春樹らしい
The tiny bar was packed. 「狭いバーは客が一杯だった」
like a passenger ship about to go under 「まるで沈没寸前の客船のように」
Nothing but deadbeats the lot of them! 「奴らなんて人間の屑にすぎない」<
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 原点 2001/10/19
投稿者 G9
形式:文庫
この本は「ノルウェイ~」を読んだ後くらいに読みました。春樹氏がどういった経緯で小説家となったのかを知っていましたので、何となくその背景に照らし合わせて読んでしまったのですが、それでも胸に迫る物がありました。
 冒頭の「例えば象について~」の箇所。ああ言った表現方法は今まで見たことも聞いたこともなかった種類の物です。独特のリズム、切なくそして示唆と啓示に富んだ、彼の記念すべき処女作です。
 春樹フリークでない人にも、是非おすすめしたいです。
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 Hear the wind sing 2006/3/2
投稿者 coper
形式:文庫
"Hear the wind sing" is the English version of 「風の歌を聴け」, originally written by Murakami

Haruki.

I like this line: "There's no such thing as a perfect writing just like there's no such thing

as a perfect despair."

I don't know whether there exists a perfect despair or not; however, suppose there existed "a perfect despair" , in what way could such a thing as " a perfect despair" exist.

It is well translated into flowing colloquial English, but still keeps the atmosphere of the original book.
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック