通常配送無料 詳細
通常10~12日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
顔面麻痺 (幻冬舎文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。h3501_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

顔面麻痺 (幻冬舎文庫) 文庫 – 1997/4

5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 494
¥ 494 ¥ 1
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 顔面麻痺 (幻冬舎文庫)
  • +
  • 全思考 (幻冬舎文庫)
  • +
  • 悪口の技術 (新潮文庫)
総額: ¥1,485
ポイントの合計: 48pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2016年本屋大賞 受賞作発表
大賞受賞、宮下奈都 『羊と鋼の森』。2位、住野よる 『君の膵臓をたべたい』。など他10位まで発表。 特集ページ へ

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

“我が闘病”記。死よりもリアルな真実がある。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「MARC」データベースより)

事故を起こして入院し、事故の跡を顔に残しているのは身から出た錆だから自分はいいとして、見ず知らずの人に、心地いいものではない病院生活の記録を読んでもらうのは、どうもすまないような気がする。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 221ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (1997/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4877284397
  • ISBN-13: 978-4877284398
  • 発売日: 1997/04
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 9.9 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 57,181位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 羽田シルバー VINE メンバー 投稿日 2009/1/23
形式: 文庫
ビートたけしの書いた本です。バイク事故で生死をさまよった体験や、入院生活の体験などが書かれています。事故が事故だけに、調子は、暗く真面目に書かれた本だと思います。また、顔面麻痺に対して、医者の勧める手術を受けず、障害を背負って生きていこうとする姿勢に、作家の生きざまを感じます。一生懸命生きている姿には、感銘を受けます。生きることについて、真面目に考えるための良い本だと思います。面白可笑しい本では決してありません。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kei 投稿日 2014/5/24
形式: 文庫
なぜ彼が芸人の頂点に立ち、
国際的評価を得る誰しもが認めるマエストロになれたのかがわかる本。
人として、動物として強いんだ。
youtubeの退院記者会見を見れば
いかに彼が特別な存在であるかわかる。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
ビートたけし氏が夜道でバイク事故で顔面を負傷し、集中治療室に担ぎ込まれてから、退院するまでの間に起こったこと、考えたことを、本人の記憶とスタッフの記録から綴った本。
一時は「目覚めていてもその記憶がない」という「危うい」時期を経験し、生命の存在、人の意識の呆気なさを痛感、「死」に対して冷静に考えを巡らせた「たけしの哲学書」とも言える一冊だと思います。
世間を騒がせた「大事故」で、華やかな芸能界から姿を消している間に、顔面の修復手術を受け、順調に回復する一方で、しつこく居座る「顔面麻痺」という敵と向き合い、普段意識することのないことを考え、潜在的に巡らせていた思いをはっきりと認識した・・・まさに「生死の考え方がひっくり返った」一冊だったのでしょう。<!P>日々平凡に生活していると、死を真剣に意識するのは難しい。そんな私たちに「避けることのできない問題」を提示しているように思え、改めて「生と死」という二つの世界の存在を認識させられたような気がしました。
確実に回復が見込める手術を、「オレの勘」で拒絶しようとしたたけしの「野性の本能」には、「頂点を極めてしまった男」にしか選べない感覚があるように思えました。
「お笑い芸人」と「哲学のひと」、ビートたけしがもつ二面性を見たようで、やはりこのひとは稀有な存在だなあ、と思った一冊でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
こんな事故にあって、
なんで生きているのか。
その後の活躍をみても、
「何かに生かされている」という気がしてならない。

「生きる」ことは
誰かにゆだねることではなく、
自分で食べて、排泄をして、
自分で決めて行くこと。

そうできなければ、
生きている、ということにはならない。

とても厳しい言葉だけど、
本当に、そうなのかもしれない、という
説得力が凄い。

特に、印象的だったのは、
入院中 2度ほど見舞いに来たというお母さんの言葉

「根性があったら死ね。」

いやぁ、凄い。

この本の最後に 当時の記者会見の全文が載っていて
youtube見てみたら
ホント、こんな大事故起こした人とは思えない
頭の回転と饒舌さに驚いた。

さらに最近の動画で
記者会見のとき、もっとボケかませばよかったと
後悔しているというのがあって

笑いは最大の反骨精神
と誰かも書いてたけど

尊敬せずにはいられません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック