Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 非常に良い 詳細を見る
価格: ¥ 2,539

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
韓国映画史 開化期から開花期まで
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

韓国映画史 開化期から開花期まで [単行本(ソフトカバー)]

キム・ミヒョン , 根本理恵
5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 4,536 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

韓国映画史 開化期から開花期まで + 韓国映画 この容赦なき人生 〜骨太コリアンムービー熱狂読本〜
合計価格: ¥ 6,387

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

日本初! 本格的な韓国映画史
今日の隆盛にいたるまでの100年、韓国の映画は常に国内外の影響を受けてきた。
アジアの近代史でもある韓国映画の歴史を、豊富な写真と資料とともに克明に解説。
韓国の文化を愛する人は必携の1冊。

<主な内容>
活動写真の上映と韓国映画の登場 1897~1925
植民地時代、無声映画の全盛期 1926~1934
発声映画、そして軍国主義 1935~1945
植民地支配からの開放と朝鮮戦争 1945~1953
映画産業の中興期 1954~1962
韓国映画のルネッサンス、そしてジャンル映画 1963~1971
統制と不況の時代 1972~1979
新軍部の文化統治と新しい映画文化の出現 1980~1987
新しい韓国映画の動き 1988~1995
韓国映画の成長と展望 1996~現在

内容(「BOOK」データベースより)

日本による植民地時代の弾圧、朝鮮戦争と南北分断、軍事独裁政権による過酷な検閲と、常に国内外の脅威に翻弄されてきた韓国映画史。検閲の撤廃を勝ち取り、国をあげた人材育成の成功による、今日の韓国映画の隆盛の秘密が解き明かされる。また、100余年の韓国映画史は、ひとつの文化の歴史にとどまらず、日本、アジアと密接につながるスリリングな近代史でもある。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 464ページ
  • 出版社: キネマ旬報社 (2010/5/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4873763320
  • ISBN-13: 978-4873763323
  • 発売日: 2010/5/20
  • 商品パッケージの寸法: 20.6 x 15 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 766,651位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

星5つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 韓国映画の裏事情……壮絶です 2010/6/26
形式:単行本(ソフトカバー)
 日韓併合から100年。朝日新聞の意識調査で、韓国に親しみを感じると答えた日本人は5割を超えたそう。韓国ドラマ、そして韓国映画の普及がその一端となったのは明白ですよね。その韓国映画の裏事情ともいえる、壮絶な歴史がこの本には書かれています。
 例えば、チョン・ドファン政権下で突如出現したエロ映画。これは、市民に大量の死傷者を出した光州事件によって政治に注がれた国民の注意をそらすために、チョン・ドファンが行った自由化のひとつだとか。エロで国民をなだめようとは驚きの政策です。また、尼さんを主人公にしようとしたイム・グォンテク監督の「比丘尼」は仏教冒涜と非難され、なんと実際の尼さん1200人が抗議の座り込み(!)を行って製作中断に追い込んだそう。監督の苦労がしのばれます(涙)。
 もちろん昨今の人気監督であるポン・ジュノやパク・チャヌクの作品、韓流スターや彼らが出演した韓国映画、ヨン様の「スキャンダル」や「四月の雪」、イ・ビョンホンやチェ・ジウなどの出演作についても言及していますので、韓国スター好きもかなり学べる一冊です。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック