この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

韓国の民話 単行本 – 1995/9


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 76


キャンペーンおよび追加情報


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本と同じ民話、異なる民話、あるいるは世界にも共通する民話…など、心ほのぼのとする豊かな世界。152話。

内容(「MARC」データベースより)

中国・日本の民話とそのモチーフをほとんど同じにする類話が散見する韓国。東アジアの古代文化の交流・伝播にもヒントをあたえる韓国の心ほのぼのとする民話152を紹介する。

登録情報

  • 単行本: 228ページ
  • 出版社: 雄山閣出版 (1995/09)
  • ISBN-10: 4639012470
  • ISBN-13: 978-4639012474
  • 発売日: 1995/09
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,457,548位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 馬場伸一 投稿日 2005/3/1
形式: 単行本
いやぁ面白い。韓国の民話は面白い。
韓国の民衆の生活が生き生きと伝わってくるのみならず、日本でお馴染みの話が微妙にor大幅に違って語られているところが実に面白い。
おそらくどちらがオリジナルであるかという詮索はあまり意味がなくて、日韓という何千年来交流してきた両国の歴史の中で、民衆に愛された「お話」が両国で語られ続けてきたということであろう。例えば、日本では「猿蟹合戦」で使われている復讐のシークエンス(栗が囲炉裏で弾けてから臼がドスンというところまでのアレ)が、まったく違う「物語」の中に使われているところなど、実に興味深い。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック