¥ 1,728
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
雪女 (日... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

雪女 (日本の童話名作選シリーズ) 大型本 – 2000/1


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 990


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

雪女 (日本の童話名作選シリーズ) + 蜘蛛の糸 (日本の童話名作選)
合計価格: ¥ 3,456

選択された商品をまとめて購入



発表!オールタイムベスト児童文学100
Amazon.co.jp13年にわたる書籍の販売で蓄積した各種データを元に選出した、 「オールタイムベスト児童文学100」 を発表。全国7か所にて展示・貸し出しも。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ある寒い夕暮のこと、ふたりの木こりがひどい吹雪にあいました。ふたりはとりあえず、渡し守の小屋に逃げこんで、入り口の戸をしっかり締め、頭からみのをかぶってごろりと横になりました。いつとはなしに眠りこんだ顔に雪があたって、驚いた若い方の男が目をさますと、締めたはずの入り口の戸があいていて、白装束の女が、年老いた方の男の上にかがみこんで、白い息を吹きかけています。と、きゅうに、その女がふりむいて若者の方に身をかがめてきました。見れば女の目は、ぞっとするほど怖ろしい。だが顔は、ひじょうに美しい…。日本の伝説・奇談に魅せられた小泉八雲の傑作物語。伊勢英子が絵本化。

内容(「MARC」データベースより)

ひどい吹雪にあい、渡し守の小屋に逃げ込んだ二人の木こりは、戸をしっかりと締めて横になった。いつとはなしに眠り込んだその顔に雪があたって、若者が目をさますと、白装束の女が年老いた男の顔に息を吹きかけている…。

登録情報

  • 大型本: 35ページ
  • 出版社: 偕成社 (2000/01)
  • ISBN-10: 4039637402
  • ISBN-13: 978-4039637406
  • 発売日: 2000/01
  • 商品パッケージの寸法: 28 x 23.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 239,766位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 hits 投稿日 2013/2/17
形式: 大型本
「雪女」はただ怖い教訓の物語ではありません。

現代の中で読み始める私たちは、くすんだ絵の雰囲気と、静かな語りのリズムに、次第に昔の香りのもやの中へ導かれていきます。
恐ろしい人の死も淡々と語られ、抑えられた感情が一層静けさをまします。

幼いころ聞いたような聞かないような雪女の話を改めて読むと、これはただ怖いおばけがでてくるだけでありません。
妖しい幽霊は、恐怖の隙間に優しさを隠し、愚かな人間をどこかでかばいつつ、常に畏怖を与えます。

人工化した街中で、自然の秘めたる奥知れぬ感情を感じることはあまりないように思います。
雪女は、昔の人々がまだ自然の中で生きていたころの、自然と命の神秘を伝えてくれるように思いました。

おすすめします。

幼稚園児が一人で読むには難しいけれど、親が読んであげて、わからない言葉を教えてあげれば引き込まれるように楽しんでくれると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 sekizono 投稿日 2004/5/13
形式: 大型本
ラフカディオ・ハーンこと小泉八雲の代表作の1つ、雪女。
娶った妻は実は、数十年前に自分を殺そうとした雪女だった…
という今時のサスペンスもビックリの内容。
主人公は雪女に「このことは誰にも話してはならぬ」と
口止めされていたにも関わらず、つい自分の妻がその雪女とも
知らずに、あの恐ろしい夜の出来事を話してしまい、2人に破局が…。
これは万国共通で、「~してはならない」という約束を破ってしまった
ために主人公に不幸が降りかかる典型とも言える。
みんなは約束をちゃんと守れる大人になろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック