Amazon Kindleでは、 雪の練習生 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

雪の練習生 単行本 – 2011/1


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 120


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

受賞歴

第64回(2011年) 野間文芸賞受賞

内容(「BOOK」データベースより)

サーカスの花形から作家に転身し、自伝を書く「わたし」。その娘で、女曲芸師と伝説の「死の接吻」を演じた「トスカ」。さらに、ベルリン動物園で飼育係の愛情に育まれ、世界的アイドルとなった孫息子の「クヌート」。人と動物との境を自在に行き来しつつ語られる、美しい逞しいホッキョクグマ三代の物語。

登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: 新潮社 (2011/01)
  • ISBN-10: 4104361046
  • ISBN-13: 978-4104361045
  • 発売日: 2011/01
  • 商品パッケージの寸法: 19.6 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 47,961位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

20 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 biscuit 投稿日 2011/6/8
形式: 単行本
クマ、なのである。
語り手がホッキョクグマなのだ。
読み始めて、まずおどろいたのはそのことだった。
それも、ただのクマじゃない。
第一章「祖母の進化論」の「わたし」は人間の言葉を話し、連日会議に出席しながら、かつてサーカスの舞台に立った経験を自伝にしたためている。
では単純に、擬人化された動物の物語なのかと思っていると、そういうわけではないらしい。

第二章「死の接吻」は、女曲芸師ウルズラ(人間)の視点で語りはじめられる。
ある日、ウルズラのサーカスに、第一章の主人公「わたし」の娘であるホッキョクグマ「トスカ」がやってくる。
新しい演目の練習を重ねるうち、ウルズラとトスカの間に、ふたりだけの奇妙でやすらかな時間が訪れる。

第三章「北極を想う日」の語り手は、トスカの息子「クヌート」である。
母親が育児放棄したため、動物園の飼育係によって育てられたという設定は、実在し、世界中でニュースになった同じ名前のホッキョクグマと同じだ。
クヌートの成長と共に、しだいに曖昧になっていくクマと人間の境界線をたどりながら、ふと考え込んでしまう。

言葉とは、書くとは何か。
種族とは、ルーツとは。
背表紙を閉じた後も、雪のように真っ白
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Tokyotomato 投稿日 2011/5/1
形式: 単行本 Amazonで購入
私もそうでしたが、ベルリン動物園の大スターだった北極熊クヌートに夢中になった人は多いと思います。なんであんなに可愛いのか、その裏に隠された秘密を多和田さんがシュールに解き明かしてくれています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ヤマボー 投稿日 2011/7/11
形式: 単行本
かわいらしい映像で世界中を笑顔にしたベルリン動物園の小熊、クヌート。本書はクヌートのおばあさんにあたるホッキョクグマが自伝を書き始めるところから始まる。ロシアのサーカス団の花形スターだった彼女はケガをきっかけにサーカスを引退し、自伝を書くことに・・。サーカスのクマの自伝はベストセラーになる。言語を自由に操る彼女は「未来の自伝」を書くことを決める。自分の人生はあらかじめ書いた自伝通りになると信じて。

第二章では自伝に描かれた娘トスカの物語だ。しかし語るのはトスカではなくサーカス団の女性調教師ウルズラである。ウルズラが自らの半生を回顧する文章が、いつの間にかトスカの物語と重なっていく。サーカス団を舞台にしてウルズラとトスカの人生が交わり、やがて境界があいまいになっていき、「死の接吻」という有名な出し物として結実する。

最後に登場するのがクヌートだ。トスカの育児放棄にあい、人間に育てられることになったクヌートは育ての親である人間を慕う。ストップ地球温暖化の象徴となったクヌートが動物園の内側から見る世界は不思議に満ちている。自分がどうふるまえば観客が喜ぶか、クヌートはよく知っているし、研究もする。祖母と母の遺伝子を確かに受け継いでいるのだ。

なんと言っても描写が素晴らしい。急いで読み進めることなく一文ずつをじっくりと味わって
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック