¥ 756
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
雪の峠&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

雪の峠・剣の舞 (KCデラックス アフタヌーン) コミック – 2001/3/21


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 129


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

雪の峠・剣の舞 (KCデラックス アフタヌーン) + ヘウレーカ (ジェッツコミックス) + 新装版 骨の音 (KCデラックス アフタヌーン)
合計価格: ¥ 2,154

選択された商品をまとめて購入



寄生獣特集
連載終了から20年近く経った現在も読み継がれる人気漫画「寄生獣」。アニメ化・映像化の前に原作をチェック! 寄生獣特集を見る。

商品の説明

著者について

岩明 均
1960年7月28日生まれ。東京都出身。1985年、ちばてつや賞入選作品『ゴミの海』が「モーニングオープン増刊」に掲載され、デビュー。『寄生獣』で第17回講談社漫画賞(1993年)、第27回星雲賞コミック部門(1996年)受賞。2003年より「アフタヌーン」にて『ヒストリエ』の連載中。

登録情報

  • コミック: 304ページ
  • 出版社: 講談社 (2001/3/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063343871
  • ISBN-13: 978-4063343878
  • 発売日: 2001/3/21
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (15件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

72 人中、64人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 chivarly 投稿日 2005/8/25
形式: コミック
佐竹義宣の漫画と聞いたので購入しました。内容は聞いていたのと違い渋江政光と疋田景忠を主人公とした漫画が二本でしたが、これは凄い。
信長の野望シリーズでも殆ど登場しない両名を主人公とした所にまず感服。綿密な下調べが感じられる実話ベースのストーリー展開に感動。和田昭為や小貫頼久等のちょっと顔出し程度のキャラクターもイメージ通りで戦国時代好きとして大変満足のゆく一冊でした。
梶原政景が格好良く描かれており、きちんと太田桔梗の染め抜かれた着物を着ていたのも岩槻太田家好きの私としては嬉しい限り。
隠居後も義重の発言力は絶大であった事や、義宣の側近としては岡本宣綱が居るはず(顕逸は既に死亡していると思います。)である所等、気になる点も多々有ったのは事実ですがそんな細かい文句は言えません。秋田佐竹家の地盤固めを描く以上、隠居した義重や後に出家する宣綱をあえて描く必要も無い気もしますし。
剣の舞の方は疋田景忠と或る少女との仇討ちの物語で、実話ベースかどうかは定かではありませんがこちらも良い話でした。
二本ともハッピーエンドとは程遠いですが読後に気持ち悪さを感じる事も無く、氏の漫画の描き方の秀逸さを感じました。
私は恥ずかしながら岩明均氏の漫画は此の本以外は未読なのですが凄い漫画家さんであろう事は容易に推測出来ます。今度他の本も手にとってみたくなりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 服部弘一郎 トップ1000レビュアー 投稿日 2010/7/19
形式: コミック Amazonで購入
 岩明均の歴史コミックを2作品組み合わせた単行本。「雪の峠」は初出が1999年のモーニング新マグナム増刊、「剣の舞」は翌年ヤングチャンピオンに掲載された作品であり、発表時期は前後しているもののふたつはそれぞれ独立した作品だ。ただしどちらも実在の人物が主人公になっているという点は同じだし、戦国末期から江戸時代初期という地続きの時代を背景にしている点では似たようなテイストの作品になっている。時代が乱世から平和に向かう中で、剣を持つ者がどう生きるかというのが両作品の共通テーマと言えるかもしれない。

 「雪の峠」は関ヶ原の合戦で西軍に味方したことから、領地を秋田に国替えさせられた佐竹家の物語。新しい領地の中心となる城をどこに築くかで当主と重臣たちが意見を戦わせ、当主佐竹義宣と近習頭渋江内膳が推す窪田案と、重臣たちが推す仙北金沢案が激突して評定が真っ二つに別れる。間もなく重臣たちは隠居した前当主が出した横手案に鞍替えし、評定では圧倒的多数で横手案に決してしまう。じつはこの対立、窪田がいいか横手がいいかという比較が問題なのではなく、戦国乱世から太平の世に移り変わっていく中で、自分たちの意見が軽んじられていることにいら立っていた古参の重臣たちによる一種のデモンストレーションだったのだ。しかし重臣たちの目的はどうであれ、藩の意見は横手案と決まった。だが窪田案を推していた渋江内
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
49 人中、42人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2002/4/19
形式: コミック
 一言「おもしろい」と言える作品です。歴史に興味の無い人でも楽しめます。
 「峠の雪」は関ヶ原で西軍に付いた佐竹家の転封先でおきた騒動を描き、「剣の舞」では戦国時代、剣豪として、武将として生きた上泉一門の行く末を描きます。
 作品中、上杉謙信や「バカボンド」に登場した柳生石舟斎などメジャーな人物も登場します。
 どちらも苦く、切ない物語ですが後味の悪いものではありません。むしろ純粋な感動を感じられます。映画を見る感覚で読んで下さい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
35 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2004/7/17
形式: コミック
読んだ後は、さすが岩明さんという感じでした。
一読しただけでは、シンプルな絵とストーリーなんですが、
読み直すことで、その深さが感じ取られます。
絵にしても、ストーリーにしても、
一度考えうる限りのものを盛り込んで、
それを削っていく、という書き方をされているのではないかと思います。
また、歴史物ということで、大量の取材と文献を読まれた跡が
ありますが、読んでいる側にその重さを見せつけようとしないところが、
またすばらしいです。
一冊に、2話だったため、一冊に一話だった、
「ヘウレーカ」と比べて、少しだけ物足りない感がありました。
星が五つでない理由は、そのくらいです。
それだけ、もっと読みたいと思わせる作品です。
読後の充実感は、ごちそうさまの一言です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック