Amazon Kindleでは、 雨の日のアイリス<雨の日のアイリス> (電撃文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
雨の日&... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: !!小口にヤケ跡(変色あり)!! ●状態:新品未読/帯あり/シュリンク包装済み 店頭在庫切れのため、メーカー様より取り寄せました。 ●メーカー様より取り寄せた書籍とは、過去に書店から返品となった商品です。そのため、表紙に若干のスレなどが付いていることがあります。 またメーカー様によっては、小口の研磨を行っている場合もあります。 ※ご購入後、商品をご覧になってご満足していただけなかった時は、誠意ある対応をお約束いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

雨の日のアイリス (電撃文庫) 文庫 – 2011/5/10

50件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 235

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

雨の日のアイリス (電撃文庫) + ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
両方の価格: ¥ 1,209
ポイントの合計:  38pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


【期間限定】本のお買い得セール
「もしドラ」ほか、人気タイトルが今なら20%OFF。 対象商品をすべて見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ここにロボットの残骸がある。『彼女』の名は、アイリス。正式登録名称:アイリス・レイン・アンヴレラ。ロボット研究者・アンヴレラ博士のもとにいた家政婦ロボットであった。主人から家族同然に愛され、不自由なく暮らしていたはずの彼女が、何故このような姿になってしまったのか。これは彼女の精神回路から取り出したデータを再構築した情報―彼女が見、聴き、感じたことの…そして願っていたことの、全てである。第17回電撃小説大賞4次選考作。心に響く機械仕掛けの物語。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

松山/剛
東京都出身。第17回電撃小説大賞4次選考作が『雨の日のアイリス』として文庫化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 299ページ
  • 出版社: アスキーメディアワークス (2011/5/10)
  • ISBN-10: 404870530X
  • ISBN-13: 978-4048705301
  • 発売日: 2011/5/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (50件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 16,071位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7

最も参考になったカスタマーレビュー

34 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 わんこ 投稿日 2012/2/11
形式: 文庫
心を動かされた久々の作品となります。
玉石混合のライトノベルの中にあって、珠玉の一つと言ってしまっても過言ではない物語と思いました。

物語は、心を持つロボットが普通に使役されている世界が舞台となっています。
主人に「家族」として可愛がられて幸せな生活をすごしていたロボット、アイリスは、主人の事故死によってその運命を大きく変えることになります。
分解され、全く別の姿となったアイリスに待ち受けるのは「機械」として扱われる、以前とは正反対の過酷な日常。
そんな中でも逞しく生きようとするロボット達と触れ合い、一度は閉ざしてしまった心を次第に取り戻していくアイリスですが、彼女達に降りかかるのはさらに冷酷な現実。
アイリス達は、そんな理不尽な運命から自由を勝ち取ろうと足掻くのですが……。

ストーリーは他のレビューの方々が評されている通り、王道を行くものです。
しかし、それでも読み進めさせる筆力がこの作者にはありました。
とにかく、幸せな日常から過酷な運命を転落していく描写のメリハリが効いていて引き込まれます。

作者自身はあとがきで、テーマは「破壊と再生」と記していますが、私が印象に残ったのは
「何のために自分達は生きているんだ」
というロボ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
52 人中、47人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 北風ジョニー 投稿日 2011/5/13
形式: 文庫
人間以上に人間らしいロボット達とロボットを家族のように接する人間達、
ロボットを物として扱う人間達が織り成す、読者を泣かすために書かれた物語です。

序盤の博士との幸せな生活、中盤のいつ廃棄されるとも知れない悲惨な労働生活、
終盤の脱走、そして最後の博士の遺書とヒロインの手紙、
全体を通してメリハリがあり、読後感もスッキリしています。

世界感はどうしても、浦沢直樹の「PLUTO」や手塚治虫の「火の鳥」を連想してしまいますが、
それにしても、ロボット達を容赦なく破壊する人間達よりも、
壊されまいと足掻き、生きている意味について悩み、仲間のためには自らを犠牲にするロボット達の方が、
よっぽど人間らしく見えるのはなんとも皮肉が利いているように思えました。

ロボットの解体描写などが酷くリアルでシリアス成分が強めですが、
個人的にはオススメできる作品でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 シマザキ 投稿日 2012/2/18
形式: 文庫
ライトノベルを毛嫌いしていましたが、この作品を読んで認識を改めさせられました。

ライトノベルが敬遠される理由のひとつに「萌え絵で釣っている」というものがありますが、この作品に限って言えば、このイラストは非常にいい味を出していると思います。童話のような世界観によくあっているし、2章開始時点での主人公の絶望度合がひしひしと伝わってきました。

普段ライトノベルを読まない方にこそ読んでほしいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
32 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 APPLETEA 投稿日 2011/5/22
形式: 文庫
詳しい説明は他の方々がされているので不要でしょう。
なのでこの感動を忘れない内に個人的な感想と意見を。
まずは全体を読んでの感想を。
感情ロボットモノの王道ですね。
すごく抽象的な表現になってしまいますが非常に良かったです。
泣かせようとする作者の意図は良く分かりましたが、まんまとそれに引っかかってしまいました。目が腫れるくらい泣いた作品は久しぶりです。
涙腺弱めです。笑
ともあれ最後はハッピーエンドでとても幸せな気分になれました。
それにしても本当に最後の最後まで不幸の連続で読んでいてとても辛かった。
途中で「これ最後まで読んで大丈夫か・・・」と不安になりました。
しかし!!結末が本当に良かった!!

話としては主にアイリス視点で話が進みます。
しかし、この作者・この作品の素晴らしいところは地の文章だと思います。
特に生々しい表現が多々ありますが、本当に良く表現されていたと思います。
過酷な状況でアイリスが何を感じたか、どう思ったか良く表現されていたと思います。
本当に素晴らしい表現力だと思いました。

長くなりましたが本当に素晴らしい作品に出会えたと思います。
とまぁ評論家でもないので一個人の意見として留めておいて貰えたら幸いです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック