Amazon Kindleでは、 隠蔽捜査 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 680
通常配送無料 詳細
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

隠蔽捜査 (新潮文庫) 文庫 – 2008/1/29


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 109
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

隠蔽捜査 (新潮文庫) + 果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫) + 疑心―隠蔽捜査〈3〉 (新潮文庫)
合計価格: ¥ 2,040

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

受賞歴

第27回(2006年) 吉川英治文学新人賞受賞

内容(「BOOK」データベースより)

竜崎伸也は、警察官僚である。現在は警察庁長官官房でマスコミ対策を担っている。その朴念仁ぶりに、周囲は“変人”という称号を与えた。だが彼はこう考えていた。エリートは、国家を守るため、身を捧げるべきだ。私はそれに従って生きているにすぎない、と。組織を揺るがす連続殺人事件に、竜崎は真正面から対決してゆく。警察小説の歴史を変えた、吉川英治文学新人賞受賞作。

登録情報

  • 文庫: 409ページ
  • 出版社: 新潮社 (2008/1/29)
  • ISBN-10: 4101321531
  • ISBN-13: 978-4101321530
  • 発売日: 2008/1/29
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (82件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 19,757位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4

最も参考になったカスタマーレビュー

24 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Coffey man トップ1000レビュアー 投稿日 2008/1/2
形式: 単行本
主人公警察庁官僚、竜崎伸也の人物像が前半から丹念に描写され、
それが後半の山場に生きてくるのですが、もって行き方のうまさに好感が持てました。
作中の短い期間で主人公の結果の成否にかかわらず、何かを掴み成長する姿を描く
ストーリーは私の好きなテーマです。

本作のもうひとつのテーマは、巨大組織における危機管理にあると思います。
組織の危機に対しとかく、「大人の選択」や「清濁併せもつ対応」が官庁のみならず
民間にあっても取られがちな選択となっています。はたして正論が通じない
危機に際して私たちは世の中のほうが間違っていると言えるか?
どんな対応が正しいのか。どんな策を講じるにしても組織のコンセンサスと戦略が
ものを言います。本作ではそのひとつの答えが提示されていると思います。

単なる警察小説としてだけでなく、企業で何らかの責任を負っている方であれば、
自分の部署がどんな選択を取るべきかのひとつの事例として読んでおいて
損はない作品であると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
48 人中、43人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 はめじ 投稿日 2006/11/22
形式: 単行本
吉川英治新人賞を受賞しているのも道理。よくできた長編警察小説だ。

警察小説といえば、古くは松本清張からずいぶん最近までノンキャリアの刑事(それも所轄)を主人公にしたものが多かった。

そこに警視庁の捜査課と所轄の対立うんぬんが導入され。

さらには、警察庁に属するキャリア警察官僚も登場するようになり。

キャリアの落ちこぼれを主人公にした「新宿鮫」の影響もあるだろう。

「踊る大捜査線」もそうだったし。

そこに事務方や監察官や女性警察官までを登場させてニュー警察小説と呼ばれたのが横山秀夫。

で、この「隠蔽捜査」は、エリート警察官僚小説なのだ。

主人公もそのライバルも上司も部下も、ぜーんぶキャリアのエリートばかり。

国家公務員上級甲試験とか'T種とかの合格者。そういう特殊社会での推理小説なんですよね。そこが面白い。

国松警察庁長官狙撃事件で小杉巡査部長の自白を闇に葬られた事例を下敷きにしながら、驚嘆すべきストーリーが生まれていく。

結末も洗練されていて、カタルシス十分。

堅物で変人のエリートが変容していくあたりも読みどころ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ひねこ太郎 投稿日 2010/2/13
形式: 文庫
最初はいわゆる推理小説というジャンルの小説だと思って読み始めたのですが、実際は全く違いました。
竜崎という東大卒で国家一種合格の警察キャリア官僚が主人公なのですが、彼の生き様を描いた小説といえるでしょう。
実際、連続殺人事件が起こり、事件を中心に物語は展開しますが、警察長官官房という立場の彼が、実際に捜査に当たるわけではなく、マスコミ対応や警察という組織をどう防衛するかということがむしろ彼の仕事です。
警察の組織防衛とかマスコミ対応をするキャリア官僚の話?と聞くと、どうも感情移入できないと思うかもしれませんが、ここで彼を魅力的にしているのは、彼が、正攻法の人というか、ごまかしのない人、一切ぶれない人というところです。
なかなか組織にいると、おかしいと思っていても、上のいうことに従って信念を曲げざるを得ないことも多いと思いますが、彼は自分が正しいと思うことなら、一切他のことは考慮しません。
例え、自分の家族の問題であっても、決して原則論を曲げないのです。
この小説を読むと、自分も彼のように、正攻法、原則論で生きていきたいなと思い、ついつい応援したくなります。
大変楽しめました。おすすめです。
竜崎を主人公にした話はシリーズ化されていますので、続きを読むことをおすすめします。
隠蔽捜査→果断→疑心
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 jun1958 投稿日 2008/11/15
形式: 文庫
東大以外は価値がない、と言い放ってしまう主人公に唖然としつつも、軸のぶれない生き方に魅了されます。読後感も爽やかで、日々社会で戦っているものを励ましてくれます。文章も短めで、リズム感がよく、読みやすい仕上がりになっています。警察小説と言うよりも心理小説、家族小説といったほうが良いかも知れません。名前買いのできる作家が少ない中、久々に筆力のある小説に出会うことが出来ました。今後の作品にも期待大です。吉川英治文学新人賞もしごく妥当だと思います。今年の一押しにやっと出会えた感じです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック