Amazon Kindleでは、 障害者の経済学(増補改訂版) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
8点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
障害者&... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 com stock
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーにスレとヨレ、汚れがあります。本体は書き込みなどなく、状態は良好です。当店の商品はAmazonフルフィルメントセンターにて保管・管理され、Amazon.co.jpが商品の受注、梱包、出荷、返品などを代行しています。万が一商品に不備があった場合や注文キャンセル・配送・返品については、Amazonカスタマーサービスにお問い合わせ願います。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

障害者の経済学 単行本 – 2011/9/2


3個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,250


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。

--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

障害者の経済学 + 福祉を変える経営~障害者の月給1万円からの脱出 + 働く幸せ~仕事でいちばん大切なこと~
合計価格: ¥ 4,644

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

弱者として遠ざけるのか、読んで一歩近づくのか?新たな現場取材により障害者就労の章を書き下ろし、制度改正も反映した待望の増補改訂版。第49回日経・経済図書文化賞受賞。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中島/隆信
1960年生まれ。83年慶應義塾大学経済学部卒業。現在、慶應義塾大学商学部教授、商学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 248ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社; 増補改訂版 (2011/9/2)
  • ISBN-10: 4492314164
  • ISBN-13: 978-4492314166
  • 発売日: 2011/9/2
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (26件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 106,173位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本の別エディションの内容をブラウズ・検索
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

12 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 観光福祉フレンドシップ協会 投稿日 2008/4/2
形式: 単行本
全体を通して、障害者問題一般についてこれから勉強してみたい方にとても読みやすい本です。

障害者福祉の書籍を分類すると主に、介護の専門書と、障害者福祉に関係する体験記や自叙伝の2つに分けられるように思います。どちらも障害者を取り巻く社会的問題について読みやすい内容とは言い難く、この分野に馴染みの薄い読者にとってはなお更のことです。前者は介護のプロや福祉業務に携わる人を対象としており、後者は、著者の自我が全面に押し出されている場合が少なくなからです。

一方、この障害者の経済学は、どちらにも当てはまらない新しいタイプの障害者福祉の書籍といっていえるのではないでしょうか。

著者の中島氏は、障害児の親という視点を離れ客観的な観点によりインタビュー調査を行い、障害者問題を経済学の観点から書き綴っています。

著者は、障害者の多くが、需要と供給に基づく市場経済の仕組みから離れた、税金を基本に日々の生活を支えられる社会システムの中で生活していることを紹介するほか、そのためにニーズ発信の機会が非常に少ないことなども取り上げています。

また、比較的閉鎖的な文化を持つ障害者福祉の分野でインタビュー調査を行なうことは容易ではないため、その点から考えても非常に価値のある一書だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
59 人中、54人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 gehararigo 投稿日 2006/4/21
形式: 単行本
非常に長いタイトルとなりましたが、障害者福祉の分野の本を幾つか読んで感じたことは、重く深く当事者以外を拒絶するような印象を持たせる本が多いことです。翻ってこの本では、障害児の親でもある経済学者が、非常にクールに、同時に温かみのある視線で現在の障害者の福祉や教育問題を解説しています。 障害者問題を考える際に、第一に読むことをお奨めできる良書として読ませていただきました。 その後、更に他の本を読むことで相対的な理解が進むと考えます。 思えば、障害者の経済学は全く手付かずの分野ではないでしょうか? 就労すればどのような経済貢献が出来るのか? 障害者対策の社会的コストと政策効果は?といった分野での研究成果を今回のように分かりやすくプレゼンする続編を期待したいものです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
30 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 夢うさ 投稿日 2006/2/14
形式: 単行本
著者の他の書を失礼ながら知らなかった。

経済学者としての冷静な分析と調査でわかりにくい福祉と

いうシステムを完結に説明されている良書だと思う。

しかも見事に当事者意識からの脱却をされている。

見習わなくてはいけない…。

より多くの方に読んで頂いてこれからの福祉の有り方を

みんなで考えていきたいものである。

随所にあるコラムは必読。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Fumi 投稿日 2008/3/16
形式: 単行本
経済学からみた障がい者という視点が興味深い本。著者も書いていたが、障がい者を取り巻くシステムを福祉や医療、教育の観点ではなく、経済学の観点から眺めてみるというのは今まで日本ではあまり見かけなかったように思う。そして、面白いだけではなく、障がい児・者の教育や福祉にどうしてお金がかかるのか、かける必要があるのか、ということを、障がい者について興味や知識がない人にも分かってもらいやすいという意味でも意義があるように思う。

もちろん、この考え方は例えばアメリカでは珍しい視点ではないし、多分グラント(科研費など、政府や色々な機関から支給される研究費)の申請書には日本でも強調されているんだろうと思うが、それが単行本になって、一般の人が手に取って読めるというのがいい。ただし、著者は経済学が専門の人なので、たまに障がいに関する記述が間違えていたり、ある視点がすっぽり抜けていたりはするので、全てを鵜呑みにすることはお勧め出来ない。それでも、手にとって色々なことを考えてみる価値はある1冊。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ゆうボン 投稿日 2010/8/29
形式: 単行本
著者の責任ではないが、制度改正があり、現行の「障害者自立支援法」の制度とは必ずしも合致しない記述も生じてしまっている。また、制度における「許認可」「実際の運営状況」「メリットとデメリットの両論併記」などもう少し突っ込んで行って欲しいところもあった。

障害者が社会的に生産性を持つこと・持てることは、本書に書かれている通り意義深いことである。しかしながら、障害者が社会参加するための「障害」が随所にあり、その至らなさを「福祉」よる是正によって理想に近づけるという「福祉という概念が存在する理由」についての記述も(経済学・経営学・商学的な視座で)やや欲しかった気がする。

著者は、本書を経済学の視座に基づく書籍と位置づけているが、基礎的な社会科学の分類にしたがえば「経営学よりの公共経済学」の視座に基づく書籍とした方が、より本書の位置づけが明瞭化するように思えた。制度や概念の説明は十分であり入門書としては良いと思う。ただし、統計・運用実態などの解析・検証については、他分野の書籍の活用も必要と考えられた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック