通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
陽だま&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。発送月日ですが土日祝はお休みとなります月曜日と木曜日が発送予定日となります発送方法はゆうめーるになります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

陽だまりの彼女 (新潮文庫) 文庫 – 2011/5/28


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 450
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 594 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


¥ 594 通常配送無料 詳細 3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

陽だまりの彼女 (新潮文庫) + レインツリーの国 (新潮文庫)
両方の価格: ¥ 1,058
ポイントの合計:  32pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

幼馴染みと十年ぶりに再会した俺。かつて「学年有数のバカ」と呼ばれ冴えないイジメられっ子だった彼女は、モテ系の出来る女へと驚異の大変身を遂げていた。でも彼女、俺には計り知れない過去を抱えているようで―その秘密を知ったとき、恋は前代未聞のハッピーエンドへと走りはじめる!誰かを好きになる素敵な瞬間と、同じくらいの切なさもすべてつまった完全無欠の恋愛小説。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

越谷/オサム
1971(昭和46)年、東京生れ。2004(平成16)年、日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作『ボーナス・トラック』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 342ページ
  • 出版社: 新潮社 (2011/5/28)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4101353611
  • ISBN-13: 978-4101353616
  • 発売日: 2011/5/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4  レビューをすべて見る (252件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 9,073位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

37 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2013/11/10
形式: 文庫
映画になって、本もよく売れているようなので、
きっとストーリー自体は面白いのだろうと、期待して読んでみました。

中学の同級生と仕事で再会して、2人はつき合いはじめ、そして。。。

中盤までは、謎を残しながらも、
それなりに楽しめる恋愛小説だと思いました。

しかし、この結末は。。。思わず、絶句。
確かに、伏線はいろいろあったのですが、
まさか、こんなオチだとは。。。

好き嫌いが人それぞれなのは理解しますが、
少なくとも、
「女子が男子に読んでほしい本No.1」というのは、
違うんじゃないでしょうか?
「猫が男子に読んでほしい本No.1」なら、
まだわかりますが。

こういう、「キャット・コピー」ならぬ、
「キャッチ・コピー」をつけたマーケティングには、
大いに疑問を感じました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
32 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 riko 投稿日 2013/8/18
形式: 文庫
「死んだペットと再会できる物語」として読むならハッピーエンド、
「浩介青年の恋愛物語」として読むとアンハッピーエンドに思えます。

伏線を張りつつも、序盤〜終盤手前までは極めて現実的なラインで話が進みます。
クラスメイトから疎外されていく心もとなさ、
同世代の仕事のできの良さに対する焦燥感、
10年も忘れていたのに、相手が美人になっていたらモーションかける自分への後ろめたさ。
その辺の心情描写は、越谷氏の他作品同様に細やかだと思います。

中盤からの何やら不穏な展開には興味そそられたのですが、あの結末。
ファンタジー作品として読んでいなかったので、ラストの荒唐無稽ぶりは、
どう処理すれば良いのか戸惑いました。

浩介と真緒の恋愛は、20代半ばの恋愛としては幼いものでしたが、それも
飼い主とペットの関係の域を出ていない、という伏線なのでしょうか。

真緒が居なくなってからの浩介って、社会的地位が落ちまくっています。
フォロー描写もなく、ペットを拠り所にする周囲から浮いた人、という状態で終わるのです。
主人公がこんな哀れなラストを迎えるっていたたまれません。
中盤まで現実的な描写が多かっただけに、浩
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 あやたすく トップ500レビュアー 投稿日 2013/11/5
形式: 文庫
映画を観て、しかもその映画を超気に入って三回観て、
それからこの小説を手に取りました。

この本を一冊買って帰ったら、
愛妻も長男(音大生)も長女(美大生)も既に読んでいてビックリ。
すでに百万部突破したそうですが、
我が家はかなり売上に貢献してしまいました。

・・・で、結論から言うと、映画『陽だまりの彼女』の方が、100倍良いです。

原作のこの本では舞台として東京の西武沿線がよく出てきますが。
映画では、<江ノ島>を主なる舞台へと変えています。

まあ、一言でまとめてしまうと、

「尾道三部作で有名な大林宣彦監督の映画に、
 <のだめカンタービレ>の上野樹里が主演を果たしたような感じ」、です。

是非、この本にガッカリした人も、映画を観て欲しい。
特に「のだめカンタービレ」か「大林宣彦監督の映画」が好きだった人。
古くは、1980年代のNHK夕方にやっていたSFドラマ、
「時をかける少女」とかが好きだった人。
(結末も、本と映画とでは違うんですよ^^)

・・・そのお気に入り快作映画の原作として、☆4つを献上。
(※☆5つは、同映
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 水谷美保 投稿日 2014/7/25
形式: 文庫
うーん!この展開はどうなのかなと思いましたが、あまりにもアニメ的展開なのでびっくりしました。映画化されないなら手にも取らなかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 サト 投稿日 2014/12/10
形式: 文庫
こんなにも最後に納得いかない話はないと思う。
騙された というどんでん返しではなく、ひどすぎるという感想。
再読はしたくありません。
読まなければよかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック