通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
陽だまりの彼女 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

陽だまりの彼女 (新潮文庫) (英語) 文庫 – 2011/5/28

5つ星のうち 3.4 276件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 549
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 594 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。2/26まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 陽だまりの彼女 (新潮文庫)
  • +
  • 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
  • +
  • ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)
総額: ¥1,923
ポイントの合計: 61pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

幼馴染みと十年ぶりに再会した俺。かつて「学年有数のバカ」と呼ばれ冴えないイジメられっ子だった彼女は、モテ系の出来る女へと驚異の大変身を遂げていた。でも彼女、俺には計り知れない過去を抱えているようで―その秘密を知ったとき、恋は前代未聞のハッピーエンドへと走りはじめる!誰かを好きになる素敵な瞬間と、同じくらいの切なさもすべてつまった完全無欠の恋愛小説。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

越谷/オサム
1971(昭和46)年、東京生れ。2004(平成16)年、日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作『ボーナス・トラック』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 342ページ
  • 出版社: 新潮社 (2011/5/28)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 4101353611
  • ISBN-13: 978-4101353616
  • 発売日: 2011/5/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 276件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,490位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
映画になって、本もよく売れているようなので、
きっとストーリー自体は面白いのだろうと、期待して読んでみました。

中学の同級生と仕事で再会して、2人はつき合いはじめ、そして。。。

中盤までは、謎を残しながらも、
それなりに楽しめる恋愛小説だと思いました。

しかし、この結末は。。。思わず、絶句。
確かに、伏線はいろいろあったのですが、
まさか、こんなオチだとは。。。

好き嫌いが人それぞれなのは理解しますが、
少なくとも、
「女子が男子に読んでほしい本No.1」というのは、
違うんじゃないでしょうか?
「猫が男子に読んでほしい本No.1」なら、
まだわかりますが。

こういう、「キャット・コピー」ならぬ、
「キャッチ・コピー」をつけたマーケティングには、
大いに疑問を感じました。
コメント 16人中16人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 文庫
駅構内の本屋で、列車内での暇つぶし用に購入。
ホンワカした題名と表紙から、いやな気分になる本ではないと思ったのですが、
嫌な目にあいました。Amazonの評価みてからにすればよかったと後悔。
ほかの人が書いてあるように、落ちが無茶苦茶です。
いまどきこれはないでしょう。短編集の一編でも苦しいかも。

何でこんな本が平積みになって売っているかな。
売り手にも買い手にも問題ありますね。反省。
コメント 9人中9人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 文庫
全体的に康介と美緒のやり取りが甘ったるいのは好みが別れるとして、
ファンタジーオチで呆気なく終わるのはなんとも後味が悪い。
また美緒の銀行から100万おろした封筒が家にあるという伏線の回収が
自分が消えると口座も消えるからという(読者からしたら)単調な大した理由でもなく、
過去に裸で発見されたという伏線の回収も、美緒がネコだったからで片付けられ、
極めつけは美緒に関わった浩介を除く全ての人物から美緒の記憶をデリート
出来たのもネコだったからで済まされるのは流石にご都合主義でしょう。
(残りのページ数でオチは大方察しがつきましたが...)
あと浩介が美緒の父から聞いた「他人様に迷惑はかけられないよ」
という台詞を、文中に浩介が何度も想起するのでさぞかし重要な伏線
かと思いきや、これも別に重要なものではなかったので興醒めしました。
ある程度著名な本なので読んでみましたが、せいぜい駄弁りの話のネタになる程度の本でした。
コメント 5人中5人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 k.i 投稿日 2015/7/22
形式: 文庫
悪くもないんですけど、良くもないというか。
なんだかなぁ。可もなく不可もなく。でも、金を払って読むものではないかな。
こんなオチかっていう残念感がありますね。
イマイチ、としか言いようがない。
コメント 5人中5人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 文庫
中学生の娘に「面白いから読んでみて!」と勧められたので読んでみたのですが・・・
あのラストはないです
子供の頃から読書が好きでけっこういろいろ読んできましたが、小説として、こんなラストはありえないと思います
「主人公がじつは○○だった」なんて・・・やっちゃいけないことでしょ!って、唖然としました
こんなの、なんでもありじゃないですか!
でも、娘に言ったら「えーどうしてー?いいじゃん」と返事がきました
親としてはこんな小説を面白いと思って欲しくない!
怒りさえ覚えてしました
コメント 9人中7人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 はひふへほ 投稿日 2015/8/8
形式: 文庫
オチが...
すっごく好きな感じの話だったので期待して読んでみました。

オチがひどすぎる。
これ、映画化してましたよね...

読者がみんな猫好きとか限らないので...
コメント 2人中2人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 文庫
何度も何度も読みました。今まで、どんな本を読んでも泣きそうになることはなかったのに、この本だけは涙をこらえながら読み進めました。読んだ後、心が温かくなり、今まで以上にパートナーに対して優しくなれる気がします。Kindle版が出ればもう一度読みたいです。

他のレビューを拝見していると、エンディングがイマイチとか内容が薄いとか書かれていますが、これは1回読むだけでは深いところを理解できないのではないでしょうか。結末を知り、ちりばめられた伏線や全体の構成を2度、3度と読むことでその深さを味わうことができる作品です。

特に真緒(ヒロイン)が主人公(夫)との別れが近づいたシーンで口にする台詞は、今思い出しても目頭が熱くなります。あの台詞を読んでいると、もっともっとパートナーとの限りある時間を大切にしようと思います。

非常に繊細で、温かな作品です。
コメント 1人中1人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック