¥ 2,052
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
限界を&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

限界を超えるハイ・トーンが出せる本 (CD付き) 単行本 – 2012/5/25


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本, 2012/5/25
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1,692


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

限界を超えるハイ・トーンが出せる本 (CD付き) + レッスンCD付 ボーカリストのための 高い声の出し方~ミックスボイス・ホイッスルボイスをマスター!!~ + 1週間で3オクターブの声が出せるようになる本 無理な力を入れずに声域を拡げる驚きのボイス・トレーニング(CD付き)
合計価格: ¥ 5,832

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

発声力が高まるボイス・トレーニング60レッスンを収録。

著者について

小野正利(おの まさとし) プロフィール
1967年1月29日生まれ。1992年、ソニーレコードより「ピュアになれ」でデビュー。3rdシングル「You're the Only…」が114万を超える大ヒットとなる。この年、同曲は各音楽賞を受賞し、第43回『NHK紅白歌合戦』にも初出場。現在は『週刊少年ジャンプ』連載の人気漫画『HUNTER×HUNTER』のアニメ・オープニング主題歌を担当するなど、ソロ歌手として精力的に活動しながら、正統派メタル・バンド“GALNERYUS"のボーカリストとしても活躍中。また主任講師としてボーカル・スクール『美声(ビッセ)』を立ち上げ、ボイス・トレーナーとして後進の指導にも従事している。

登録情報

  • 単行本: 160ページ
  • 出版社: リットーミュージック; A5版 (2012/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4845620960
  • ISBN-13: 978-4845620968
  • 発売日: 2012/5/25
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (11件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 74,062位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2

最も参考になったカスタマーレビュー

9 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 FSS トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/4/6
Amazonで購入
この人オリジナルの「高音獲得のためのメソッド」を期待していましたが、内容は「腹式呼吸」、「喉を開く」、「共鳴の重要性」、「地声と裏声の行き来の練習」、「力まないようにする」、「ビブラートの掛け方」といったオーソドックスなもので、ボイトレ本としては良くも悪くも極めて「教科書」的な内容。

もちろん、どの練習項目も発声においては基本かつ重要な事柄だが、これらは他のボイトレ本でもまず必ずと言って良いほど紹介されているもので、始めてボイトレ本を買う人ならともかく、何冊かボイトレ本を読んでいる人にとっては自明の「基礎知識」がほとんど。

他の人の指摘にもあるが、すでにある程度歌える人が、「声質の基礎強化」をするためのトレーニング本という内容で、これと言って目新しいメソッドは何も無く、正直、タイトルで豪語されているほどに「高音習得」に特化している内容とは思えなかった(もちろん基礎無くしては高音習得もあり得ないのですが…)。

何より、一番重要な「ミドル(ミックス)ボイス」についての説明(基本概念、習得方法など)が不足している内容で、まったくミドルボイスを知らない人が習得するには「喚声点」の消し方を含め説明不足(「喚声点」を消す事が出来ていない人はそもそも「地声と裏声のスムーズな行き来」が出来ないのだから、その辺のコツを具体的に知りたい
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 hogwild 投稿日 2013/2/4
Amazonで購入
高い声を出すトレーニング本、理論本として、本当に有益な情報が盛り沢山な本。
読む人によっては、☆10個分の価値がある本と言ってもいいかもしれない。

この本の一番の売りは、「ミドルボイスやヘッドボイスを強化し、喚声点ショックを解消するにはどうすればよいか」という点が満載であるところにあると私は考える。

最初にマイナス点を書いておきたい。
・タイトルは「限界を超える」となっているが、限界の音域を超える方法について書かれているとは思えず、内容を読みとっていくと、ミドルボイスやヘッドボイスをすでに出せる人がどうすれば強化していけるかという点に集約されている。
・そのため、ミドルボイスやヘッドボイスを全く出せないのを出せるようにしたい、ヘッドボイスを今の限界を超えてより高いところまで出せるようにしたいという要望にはこの本が応えることはできないかもしれない。

そんなマイナス点など吹き飛ばすほどの有益な情報が満載のため、文句なしで☆5つにさせていただいた。

ミドルボイスやヘッドボイスを出せるようになっても、その先がなかなか難しく、鍛える方法が書かれた本やホームページを見つけるのは至難の業といって良いと思われるが、この本はそうした、他の本が取り扱っていないようなミドルやヘッドを鍛え
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 坂倉 投稿日 2014/5/3
Amazonで購入
ある程度知識を学んできたシンガーなら分かっていて当然ってことが大半。ただし著者にレッスンを習っているので参考用に購読。
流し読み程度で内容は充分。タメになったと言えば、あとがきに近い部分の、参考にすると良いハイトーン系のボーカリスト達。
あまり詳しくなかったので
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アインツベルン 投稿日 2013/11/19
Amazonで購入
CDを聞いて練習しますが、お手本の声が再生されたらすぐ終わります。
CDを聞きながら練習したい人は大変だと思います。

声を当てるポイントが書いているのはとてもいいと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 田代規子 投稿日 2013/9/8
Amazonで購入
尊敬する小野正利氏の著作であるこの本は、思っていたよりも本格的、専門的なボイトレ本です。でも、イラストや写真を使ってわかりやすい構成になってます。この本を使って、ボイトレを始めました。効果があるかはわかりませんが・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 M 投稿日 2013/1/29
Amazonで購入
基本の発声だけを2〜3回程度繰り返し1日20〜30分程度やってみました。
始めてから一週間程度ですが今までは「いかにもな裏声」という柔らかく頼りない音しか出なかったのが
小野先生の様な硬い裏声を出せる様になりハイトーンがかなり楽になりました。
今まで調子が良くても歌えるかが怪しかった高音曲をかなり楽に歌える様になり本当に驚きました。

これまでマンツーマンのボイトレを数回受けて後は自力で試行錯誤、という感じでやって来ましたが、
その中で得て来た感覚と合致する解説が多かった為に私自身にこの方法が合っていたのかも知れません。
しかし例え合わなかったにせよ一つの高音発声の正解例ではあると思いますし値段も良心的なので買って損はないと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック