¥ 576
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
阪急電&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

阪急電車 (幻冬舎文庫) (英語) 文庫 – 2010/8/5


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 576
¥ 576 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。

--このテキストは、単行本版に関連付けられています。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

阪急電車 (幻冬舎文庫) + レインツリーの国 (新潮文庫) + クジラの彼 (角川文庫)
合計価格: ¥ 1,636

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

隣に座った女性は、よく行く図書館で見かけるあの人だった…。片道わずか15分のローカル線で起きる小さな奇跡の数々。乗り合わせただけの乗客の人生が少しずつ交差し、やがて希望の物語が紡がれる。恋の始まり、別れの兆し、途中下車―人数分のドラマを乗せた電車はどこまでもは続かない線路を走っていく。ほっこり胸キュンの傑作長篇小説。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

有川/浩
高知県生まれ。『塩の街』で電撃小説大賞“大賞”を受賞して2004年デビュー。『植物図鑑』は第1回ブクログ大賞小説部門“大賞”受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 269ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2010/8/5)
  • 言語: 英語, 不明
  • ISBN-10: 4344415132
  • ISBN-13: 978-4344415133
  • 発売日: 2010/8/5
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (161件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 5,159位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

14 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Sakai 投稿日 2013/5/19
形式: 文庫
兵庫県の西宮市と宝塚市を結ぶ、阪急電鉄の支線を舞台にした、オムニバス形式の小説。

最初のエピソードは、図書館で同じ本を借りようとしたことをきっかけに男女が出会う、という超古典的なお話です。
まずは読者をほのぼのさせながら、次の章では、昔の恋人達への当てつけのためにウェディングドレス姿で披露宴に出席する女性を描いた、少し刺のある話が展開される。
この辺りのリズムは読んでいて飽きないです。

別のレビュアーの方が書かれていたように、「正義感」あるいは、「恥ずかしくないまっとうな人生を送ること」というのはこの小説のテーマであると感じます。
恋人を家政婦のように扱うDV男に三行半を突きつける場面は胸がすっとしました。
身に付けるハンドバッグや、夫の収入で人を値踏みするような嫌味な中年女性のグループに不本意ながら所属している弱気な専業主婦が、勇気を持ってそこから抜け出そうとするシーンは、思わず後押ししたくなります。
冴えないサラリーマンが、やけになってラブホテルに入ってしまった女子高生の恋人を、肉体的欲求を抑えつつも優しくたしなめたときは、彼に快哉を叫びたかった。
(ある意味では同情を禁じえなくも有るが。)

でも、一番心温まったのは、地方出身(関西より田舎という意味で)
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2010/8/31
形式: 文庫
なかなか面白く読める小説だった。
見事な舞台設定と場面切替え。
読みやすく、視覚に訴える描写。
わずか8駅しかない阪急電鉄今津線。
ひと駅ごとにニアミスを重ねながら、巧みに主役が交替してゆく。

まずは、往路。
宝塚から西宮北口行き。
ちょっとしたきっかけの男女の出会い。
冴えない友人に婚約者を寝獲られた復讐に燃える美女。
小さい孫を連れている夫に先立たれた老婦人。
乱暴な男に必死に連れ添う女子学生。
ちょっと背伸びしている騒がしい女子高校生たち。
彼女いない歴イコール年齢と彼氏いない歴イコール年齢の2人。

そして折り返し。
しかし、時は流れて半年後。
そしてまた、ひと駅ごとに主役達が切り替わる。
ブランドもののカバンを持つ騒がしいオバサン軍団の失礼な席取り合戦を皮切りに、
往路で登場した人たちのその後のドラマが次々展開する。

ドレス。途中下車。燕。携帯電話。ランドセル。ミニュチュア・ダックスフンド。日本酒。
恋。嫉妬。喜び。強がり。寂しさ。涙。そして笑顔。
それぞれの物語が、沿線独自の雰囲気に包まれて、
巧みにつながってひとつの世界が形成さ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 MACPAUL 投稿日 2013/5/19
形式: 文庫
阪急今津線で起きる小さな物語。それぞれの駅の名前がついたオムニバス小説ではあるが、登場人物が何度も登場してはそれぞれが絡み合い、小さな「ちょっといい話」に出会う。すべての物語に共通するのは、主人公が女性であるということ、そして小さな「正義」がなされるということ。長年付き合った男性を自分の後輩の女性に奪い取られた翔子は、彼らの結婚式に「討ち入り」を行う。真っ白なドレスで最高に綺麗になった彼女の復讐。その姿を電車で隣り合わせた初老の女性は、もうこれぐらいにしておけとアドバイスをしながら、小さな居心地のいい駅を紹介してくれる。彼女は、電車の中で大騒ぎするおばはんたちをたしなめるが、その際助太刀してくれたのはしっかりとした女子大生。という具合に皆が絡み合いながら、ちょっとずつ小さな幸福感を読む者に感じさせてくれるエピソードが描かれる。それぞれの物語で「小さな正義」がなされるだけに読後感は爽やかだ。明日も頑張ろうと思わせてくれる、そんな小説だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
34 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ほんざん 投稿日 2011/11/3
形式: 文庫
確かに、乗り合わせただけの乗客の人生が少しずつ交差し、やがて希望の物語が紡がれるー。のだが、恋愛話のウエイトが大きく、人生の機微をもっと多角的にとらえて欲しかった。家族、仕事、もっと話題があろうと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
31 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ちー 投稿日 2010/9/23
形式: 文庫
一つ一つのエピソードは、ごくありふれた、よく掲示板で話題になるような身近なものです。
出てくる人も、どこかで会ったような人ばかり……あ、おばあさんはちょっと違いました。
観察されている人も、どこかで見たような困った人たち。
起こるトラブルも「あるある」といったものばかり。
思考の流れやちょっとしたトラブルも、一駅で決着がつくような浅いもの。

でも、半年後の折り返しとあわせてみると、すべての登場人物のエピソードが微妙に絡み合いながら、表面的なエピソードの背後にある何かが浮かび上がってきます。
電車で目の前に座った乗客を見るともなしに観察するうちに自分の生き方を少し深く考えてしまう……といったような深みにはまります。ゆきずりの人たちだからこそ、普段は見ずにすませている何かをズバっと見せてもらえてしまう感じです。

話の舞台が東京だと、これは成り立たないかもしれない……とは思いました。関西の、神戸の、阪急電車ならではの雰囲気なのでしょう。

読後感はすっきり爽やかに終われる小説です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック