通常配送無料 詳細
19点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
長くつ&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★古本の使用感ありますが書き込み無く、読む事可能でございます☆彡書込み等の不備ありましたら直ぐに返金・交換を承ります。安心・信頼の日本郵便『ゆうメール』で配送いたします☆彡領収書が必要な際はご注文時にご連絡ください☆彡当店は『環境保全活動』を念頭に『明細書のペーパーレス化』 に取り組んでおります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014)) 単行本 – 2000/6/16

12件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 199

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014)) + ピッピ南の島へ (岩波少年文庫(016)) + ピッピ船にのる (岩波少年文庫 (015))
合計価格: ¥ 2,202
ポイントの合計:  69pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


【期間限定】本のお買い得セール
「もしドラ」ほか、人気タイトルが今なら20%OFF。 対象商品をすべて見る

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

世界一強い女の子ピッピのとびきりゆかいな物語。となりの家に住むトミーとアンニカは、ごたごた荘でサルと一緒に自由気ままに暮らしているピッピがうらやましくてなりません。90年刊の新版。

登録情報

  • 単行本: 239ページ
  • 出版社: 岩波書店; 新版 (2000/6/16)
  • ISBN-10: 4001140144
  • ISBN-13: 978-4001140149
  • 発売日: 2000/6/16
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 12 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (12件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,345位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3

最も参考になったカスタマーレビュー

24 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 がい トップ1000レビュアー 投稿日 2010/9/10
形式: 単行本
小学生の頃、学校の図書室に
ハードカバーの本書が飾ってあって、
凄く読みたかったけど、男の自分には
あきらかに女の子むけのこの本を
借りる勇気はありませんでした。

30になって恥も外聞もなくなってから
古本で買って、一読、爆笑と感動のウズ、
でした!!

いいなあ、女の子は赤毛のアンとかこれとか、
男むけよりイマジネーション跳んでる小説が
子供の頃から読めてて、
とうらやましくもなりました。

こういう笑いがふんだんに盛り込まれた小説は、
訳が違うとまったく笑えなくなってしまう事が多いので、
年月たっても、原文と違いがあっても、
この大塚さんの訳書は残っていてほしい。

大人も子供も、男女区別なく薦めたい名作です!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
30 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kyu-8888 投稿日 2005/4/18
形式: 単行本
長くつ下のピッピガ大好きで何冊も読みました。その中で飛び抜けて 素晴らしのが大塚勇三さんの訳。ピッピが生き生きと跳ね回っていて、
きっと、リンドグレーンが描きたかったピッピがそのまま日本の人
にも伝えられているのではと思います。
この本が欲しくてやっと手に入れることができました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
54 人中、47人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 しょなるふ 投稿日 2004/12/10
形式: 単行本
 小さい頃、私はピッピになりたいと思ったことはない。私のなりたかったのはトミーとアンニカ。みんなもそうじゃないかな?
 トミーとアンニカはお行儀のいい普通の兄妹。その日もお庭で行儀よく退屈してた、「あー、お隣の家に僕達くらいの子供が引っ越してきたらいいのに!」。その長年の願いは突然に実った、これ以上にない素晴らしいお隣さんがやって来たのだ。
 真っ赤な髪の毛を、ぎゅうぎゅうの三つ編みにして、見たこともないくらいそばかすだらけ、膝の上まである長いくつ下は左右が違う、履いてる靴はサイズの2倍くらいの代物。この子が初めのお隣さん、名前はピッピ。猿のネルソン君と馬とでごたごた荘にやって来た。お父さんとお母さんは?もちろん一緒じゃないよ、だってお母さんは天使で、お父さんは黒ん坊の王様なんだもの。その上、ピッピは馬をヒョイって持ち上げられるくらいの力持ちで、トランクいっぱいの金貨を持ってる。
 ねえ、これ以上素敵なお隣さんっていないでしょ?トミーとアンニカもそう思ったの、「私達、ピッピがいる限りずっと楽しくいられるわ」。そして、そのとおりに楽しく遊んだんだ。″見つけやさん"になったり、大きな木のうろの中でコーヒー飲んだり、床いっぱいでクッキーを作ったり。もちろん馬にも乗せてもらえたよ。
 ピッピと一緒の遊びは、どれもこれも楽しそ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
32 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 romarin 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2002/1/26
形式: 単行本
児童文学作家として素晴らしい作品を多数残しているリンドグレーンですが
これはそのなかでも最も有名なものの一つです。
元気で、ありえないほど力持ちで、パワフルな少年かのような女の子ピッピ
の巻き起こす話がえがかれ、明るく元気な気持ちにさせられるような本です。
主人公ピッピがちょっと変わっているところが面白い。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
37 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ちくわ 投稿日 2006/9/18
形式: 単行本
私が小学生の時に読んだ本の中でも5本の指に入る名作だと思います。
子供の頃から読書は好きですが、気に入った本を繰り返し読むタイプではなかった私が、何度も何度も読み返した本なのです。

子供なのに親と一緒に暮らしていないピッピの強さと自由さに憧れていました。
木に梯子をかけて登り、空洞になっている幹の中に入りこむ姿が秘密基地っぽくていいなぁとか、たくさんの金貨をもっているところも、朝ごはんにお菓子を食べられるところも、子供の私が憧れる要素をいっぱいもってるピッピに夢中になりました。
しかも弱い者には優しく、悪い者には強くあるという姿は女の子なのに
すごい!!と精神的にも純粋に憧れる対象でした。
子供心に自立するということを教えられた物語だったと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
19 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ANA 投稿日 2005/2/14
形式: 単行本
ピッピはいいなあ。一人暮らしだから好きな時間に起きられるし寝られるし、朝からケーキだって食べられちゃう。
朝からケーキ、というのが子供心にすごく衝撃的でものすごく羨ましかったのを覚えている…
学校でもやりたい放題、クラスは大さわぎ…
でも、今や子どもを取り巻く環境は激変した。
学級崩壊は珍しくないし、朝一人で食事をする子も多いという。
子どものときはひたすら羨ましかったのに、大人になって読み返してみたら、ちょっと複雑な気分になった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック