Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
鏡のなかの鏡―迷宮 (岩波現代文庫)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

鏡のなかの鏡―迷宮 (岩波現代文庫) [文庫]

ミヒャエル エンデ , Michael Ende , 丘沢 静也
5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (33件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,253 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
9点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
単行本 --  
文庫 ¥ 1,253  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

鏡のなかの鏡―迷宮 (岩波現代文庫) + モモ (岩波少年文庫(127)) + はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501))
合計価格: ¥ 2,895

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

鮮烈なイメージと豊かなストーリーで織りなされる,30の連作短編集.ひとつずつ順番に,前の話を鏡のように映し出し,最後の話が最初の話へとつながっていく.このめくるめく迷宮世界で読者が出会うのは,人間存在の神秘と不可思議さである.『モモ』『はてしない物語』とならぶ,大人のためのエンデの代表作.

内容(「BOOK」データベースより)

鮮烈なイメージと豊かなストーリーで織りなされる30の連作短編集。一つずつ順番に、前話をゆがんだ鏡像のように映しだし、最後の話が最初の話へとつながって、読者をめくるめく意識の迷宮へと導く。人間存在の神秘と不可思議さを映し出す鏡の世界の物語は、『モモ』『はてしない物語』とならぶ、エンデの代表作である。

登録情報

  • 文庫: 367ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2001/1/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4006020317
  • ISBN-13: 978-4006020316
  • 発売日: 2001/1/16
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (33件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 41,590位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
43 人中、43人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:文庫
こどものころ、『はてしない物語』をかじりついて読んだことを急に思い出し、ミヒャエル・エンデのもうひとつの傑作、と呼ばれるこの作品を読んでみよう!と思ったわけです。僕と同じようなこんな人、けっこういるのではないでしょうか?
ところが、なんだか読み始めてもつかみどころがなく、「正直、なんだかわからない」と思ってしまい、1章ちょっと読んだところで断念。しかし、また時間を置いてからこころをからっぽにして、「内容をわかろう」とかは思わずに読んでみました。とにかく読み進めました。すると…、とっても不思議なのですが、この「鏡のなかの鏡, Der Spiegel im Spiegel」の題の意味がわかってきます。そして、読んでいるうちに、前の章のことが気になったり、そのまた前の章のことが気になったり、そして、一番最初の章のことが気になったり。。。物語の半ばを過ぎると、なぜか登場人物が次に何を言って何を答えるか、わかるような気がしたり。。。
なかなかうまくレビューが書けませんし、文学的な評論もかけませんが、こんな不思議な物語は初めてのはず、とにかく読んでみて!と、このレビューを読んでくれた方に言いたいです。
このレビューは参考になりましたか?
59 人中、54人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 現実は悪夢以上に恐ろしい 2005/10/12
形式:単行本
『モモ』や『はてしない物語』とは全く別のエンデがここにいる。全編が悪夢のように脳裏につきささってくる。「大人向け」と評した人がいるが、必ずしもそうではない。確かに、10代には現実世界に潜むワナを読み取るのは難しいかもしれないが、30を超して世の中のことがわかった頃に読むと、自分の持っている知識や世界観を用いて、これらの物語を読解しようとする。そして、解釈できない物語が出てきたときに途方に暮れるのだ。
むしろ、10代の柔軟な知性と想像力を持つ人たちにこそふさわしい。望ましいのは、10代の想像力と40代の人生観を併せ持つ読者であるに違いない。残念ながら、私は年をとりすぎた。想像力の泉が枯れかけている人間には、辛い思いが強く残る。
約300ページに30の短編。一話を読み切るのにたいして時間はかからないが、それぞれのストーリーが少しずつ関係している(鏡の中の鏡!)ので、全部を読み切らないとほんとうにはわからないという凝った仕掛けになっている。そして、一生懸命がんばれば必ず夢は叶うといった、ファンタジーにつきものの甘い予定調和の世界が何度もなんども崩される。崩されつつも希望を失うな、というメッセージも強く感じる。
繰り返し出てくるのは、時限爆弾。世界はいつ爆発するかわからない時限爆弾を抱えて破局への道を歩む。それに気づいている人は少なくない。しかし、職務に忠実な
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
90 人中、80人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 夢十夜みたいなもの 2003/10/24
形式:文庫
30の物語は、バッハのゴルドベルク変奏曲を連想させる。その場合、最初の物語と最後の物語はアリアと見るべきか。
「モモ」の世界を想像して、あるいは鏡という言葉から「鏡の国のアリス」を想像して読むと、ずっこける。
とりとめのない不思議な世界のオムニバスという点では、漱石の「夢十夜」に近いと言える。
あるいは、ビートルズのホワイトアルバムの「レボリューション9」とか、エリオット・カーターの弦楽四重奏曲を聴いている気分になる、と言ってもよい。
ユング的な、夢の光景のような描写が続き、しかも、あまり楽しげな印象はなく、どちらかといえばうなされるような、解決感のない夢である。一体全体、エンデはこんな作品を書いて楽しかったのか、と最初は考え込んでしまう。
この!本は、一見サンにやさしくはない。
最初に「なあんだ、陰気な本だナ」と思われても仕方がない部分はあるが、先入観も何もなく、感覚だけ働かせて読んでいくと、実はいろいろな色彩、エネルギーに満ちている。
その至福の瞬間が自分に訪れるまで我慢できるか、が勝負である。何年かかけて、じっくりと読み込んでいくようなつもりで。
感性の豊かな人にとっては、たまらなく魅力的な1冊となるであろう。
同時に、好き嫌いが相当はっきり分かれそうでもある。この本にどうしても馴染めな
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
17 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ここはどこ? 2003/8/24
形式:単行本
世界を秘めた一冊です。 中学三年生のときに初めて読んでしまい、ショックを受けました。 自分の立っている地面が音もなくいつのまにか崩れていたように感じて、しばらく立ち直れませんでした。 人によって感じ方は違うと思いますが、甘い本ではありません。 自我が確立しないうちは手を出さないほうが精神衛生上よいかもしれません。 
話は、ミノタウロス伝説をベースに書かれていますが、そのことに気づくにも私は何年かかかりました。 知識が増えるにつれ、深く見えてくる本なので、何回か時間をおいて読むことをおすすめします。 それだけ内容がある本です。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 中学生の頃に夢中になって読みました!
何度も繰り返し読みたくなる本です。
はっきり言って物語の意味は私にはわからないです。
その意味のわからない世界に浸れる良本です。... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: kamiyamanamiko
5つ星のうち 5.0 エトガーエンデの挿絵
父であるエトガーエンデ(画家)の挿絵もつかわれていて良かったです。
投稿日: 5か月前 投稿者: 荒井早苗
5つ星のうち 5.0 学校で必要な書籍だったので注文依頼を受けました。
子供からの依頼です。書籍内容は分かりませんが、子供からクレームの言葉もありません。
投稿日: 9か月前 投稿者: 植野勉
5つ星のうち 4.0 覚めることのない悪夢
三十の物語の殆どは筋どころかろくな論理構成すらも含まない、それでも鮮烈なイメージを伴って「読ませる」作品になっているのは単純にエンデの非凡な才能によるものだと感じ... 続きを読む
投稿日: 10か月前 投稿者: 赤黒白
5つ星のうち 4.0 読み辛いが
これは今まで読んできた本の中でも上位にランクインする程の読み辛さだった。... 続きを読む
投稿日: 16か月前 投稿者: Rrinbom
5つ星のうち 4.0 「夢」のような話。
我々が夜見る夢の中では、
現実世界においては因果関係を持たない物同士がごく自然に一緒に出て来ます。... 続きを読む
投稿日: 19か月前 投稿者: 如那傘如臼太
5つ星のうち 5.0 自分が存在して完成する物語
この本は自分自身の深い部分へ容赦なく誘ってくれます。
言葉では言い表せない複雑で深い場所へ、痛みを伴って。... 続きを読む
投稿日: 21か月前 投稿者: aisa
5つ星のうち 1.0 退屈だった。
ちんぷんかんぷんちんぷんかんぷん。苦痛な時間だった。それだけだった。
投稿日: 21か月前 投稿者: なおきち
5つ星のうち 5.0 「読了した」とはどういうことか
内容にも触れますので、気にされる未読の方はご注意ください。
一読した印象を一言で言うと、... 続きを読む
投稿日: 2012/2/21 投稿者: 6104
5つ星のうち 3.0 貴重な一冊…と言っていいのか…
好きで購入しましたが、なんと途中からページも文字も逆さまな乱丁なものが送られてきてしまいました。返品交換しようと思いましたがその当時、ネットがなかなか繋がらず、エ... 続きを読む
投稿日: 2012/2/1 投稿者: モモきち
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック