Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 750

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
錯覚の科学
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

錯覚の科学 [単行本]

クリストファー・チャブリス , ダニエル・シモンズ , 成毛 真 , 木村 博江
5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (33件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,697 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
7点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

錯覚の科学 + 選択の科学
合計価格: ¥ 3,446

選択された商品をまとめて購入
  • 選択の科学 ¥ 1,749

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

★最先端科学実験が明らかにした衝撃の事実
あなたの「記憶」は、「思い込み」と「錯覚」でできている――12年前、著者たちはハーバード大学の学生を集めてある実験を行った。バスケの試合のビデオを被験者に見せ、片方のチームがパスを通した回数を数えさせるというもの。ごく簡単な実験に見えるが、じつは仕掛けがあった。試合中、ゴリラの着ぐるみを着た学生がコートに乱入し、カメラに向かって胸を叩くポーズまでしてみせたのだ。ところが、被験者の約半分はゴリラにまったく気づかなかった。そればかりか、実験後に同じ映像を被験者に見せると、「ビデオがすり替えられた」と実験者を批判する者まであらわれたという。
この実験は、ヒトの注意力がいかにあてにならないかを示してみせた。これを著者は「注意力の錯覚」と呼ぶ。実験結果は認知科学の学術専門誌『Perception』に掲載されて反響を呼び、現在も多数の論文に引用されている。
クリストファー・チャブリス&ダニエル・シモンズ著の「錯覚の科学 あなたの脳が大ウソをつく」では、この他に「記憶の錯覚」「理解の錯覚」「自信の錯覚」「理由の錯覚」「隠れた才能の錯覚」という合計6つの心理的錯覚が紹介され、具体的な事件、実験から、人間の認知のメカニズムの陥穽が明らかにされる。
「記憶の錯覚」とは、他人の印象深い体験談を別の人に話しているうち、あたかも自分が体験したことのように思いこんでしまうケース。たとえばヒラリー・クリントンは08年大統領選の時、「ボスニア紛争の際、ヘリで着陸した途端、狙撃兵の銃火を浴びた」という体験談を披露した。だが、ワシントンポストが実際の着陸映像を検証すると、ヒラリーは観衆に手を振りながら安全にホテルまで移動していた。「ウソつき」と指弾されたヒラリーは、一挙に劣勢となった。
 じつは人間は過去の体験を思い出すとき、その体験をリプレイしながら記憶を取り出している。このメカニズムのため、他人の印象深い体験談を思い出すときも、同じプロセスを経て記憶が再生されてしまう。その過程でミスが生じ、あたかも自分の体験であるかのように思い込んでしまうのである。ウソをついたのはヒラリーではなく、ヒラリーの記憶なのである。
ほかにも、レイプ事件の被害者が全く別人を“犯人”と特定したために起きた冤罪事件や、「モーツァルトを聞くと頭が良くなる」という錯覚を暴く実験など、興味深いケースが豊富に盛り込まれている。
徹底的なデータ収集と科学的分析を旨とし、しかも難解な表現は一切なくわかりやすい本です。

内容(「BOOK」データベースより)

サブリミナル効果などというものは存在しない。いくらモーツァルトを聴いても、あなたの頭は良くならない。レイプ被害者は、なぜ別人を監獄送りにしたのか?脳トレを続けても、ボケは防止できない。「えひめ丸」を沈没させた潜水艦の艦長は、目では船が見えていたのに、脳が船を見ていなかった。徹底的な追試実験が、脳科学の通説を覆す。

登録情報

  • 単行本: 368ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2011/2/4)
  • ISBN-10: 4163736700
  • ISBN-13: 978-4163736709
  • 発売日: 2011/2/4
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (33件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 34,641位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
51 人中、49人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ぼくたちは間違いやすくできている 2011/3/10
投稿者 たけ VINE メンバー
形式:単行本|Amazonで購入
 人間の脳には限界がある。後から考えれば明らかな詐欺にひっかかってしまったり、論理的に考えれば間違っている言説を信じてしまったり。これは頭にいいよとか、ボケ防止になるよといった話に飛びついたり。僕たちは、本当かどうかよりもわかりやすい話に飛びつく傾向があるらしい。こうした現象はすべて脳の認知力に限界があるからだ。本書の原題である「見えないゴリラ」も人間の注意力には限界があることを示している(この本を読んでからビデオを見るとゴリラに気付いてしまうのが残念)。ぼくたちは間違いやすくできているのだ。これは社会が急速に複雑になったのに対して脳の進化がついていってないのかもしれない。本書を読むいちばんの意義は、このぼくたちの脳には限界があるということを知ることだ。それによって、ぼくたちは謙虚になれるだろうし、だまされにくくもなる。逆に、人をだましたり、セールスに応用したりといったことも上手くなるかもしれない。平易な文章で書かれ、ときにユーモラスであるけれど、とても奥の深い本である。

 本書をとくに読んでほしいのは裁判に関わる人だ。目撃証言や自白さえもきわめてあてにならないということは肝に銘じてほしい。物的証拠が何一つない裁判は、たとえ被告が自白していようとも行うべきではないと思う。真犯人を見逃すよりも冤罪を生み出さないことの方が重要だから。
このレビューは参考になりましたか?
18 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 ヒトの錯覚についての実験心理学 2011/9/22
投稿者 “脳と生命の科学を経営に活かす” トップ1000レビュアー VINE メンバー
形式:単行本
本書は、世の中で起きている様々な問題の原因の一つとして、ヒトが生来持っている「錯覚」に焦点をあて、
どんな「錯覚」がどんな問題を引き起こすかを解説しています。

本書で取り扱っている錯覚は以下のとおりです(章立てとおり)。

・注意の錯覚:見えているのに見ていない。注視しているもの以外は、視野に入っていても見えない、脳が認識しない。
・記憶の錯覚:記憶は案外いい加減なものである。他人の記憶でも自身の記憶にしてしまうことがある。
・自信の錯覚:実力のないヒトほど自身の実力を過信する。自信満々なヒトを信じやすい。
・知識の錯覚:自身の持っている知識を過大評価しやすい。専門家も自身の専門分野ですらその傾向がある。
・原因の錯覚:パターンを求めたがる。相関関係を因果関係に飛躍させたがる。時系列の前後関係のある物語を好む。
・可能性の錯覚:自身の潜在能力を簡単に向上できると思いやすい。その手の商品につられやすい。

そのうえで、これらに共通することとして以下を挙げています。

・自身の能力や可能性を過大評価させる。
・自身が簡単にできることを、上手くできることと混同しやすい。

そして、これらの錯覚の影響を減らしてくれ「そう
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
35 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 マスコミが拡げる似非科学 2011/3/31
投稿者 三山
形式:単行本|Amazonで購入
マスコミがレアケースに飛びつくのは世の常だが、統計的に
(実験的に)否定されていることをしつこく報道し続けること
への懸念を本書でも論じている。
参考文献も多く370ページの大著だが、飽きることなく読めた。
心理学〜科学的読み物としても面白かったです。

運転中のケータイがなぜ危ないか、見る意思が無いとあっても
見えない事など、仕事ではリスクマネジメント研修のネタにも
使いたいと思える内容でした。
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 多忙な暇人
形式:単行本
人間の認知や記憶は考えられているほど確実ではないこと、俗説の多くは実験で
否定されたことを豊富な実例や実験で解き明かしていきます。とにかく実験や実例を
重視する内容で、説得力があります。

1章−人はある対象を注視すると、そのすぐそばの物さえも見えていない。
2章−生涯に一度しかない印象的な体験にすら、記憶の取り違えが起きる。
3章−犯人を間近で見た被害者でも犯人を間違える。しかし被害者が自信満々で
語ること自体に陪審員は信用を与える。ただ、この例は取り違えられた人物が
そっくりだったのでちょっと特殊です。これを一般化するのは無理があるのでは。
4章−人の知識の深さは自分で自信を持っているほどではない。
5章−新3種混合ワクチン(MMR)は無菌性髄膜炎の発症率が高くなるとして日本では
数年で中止になりました。インフルエンザの予防接種も副作用の問題があり、強制では
なくなりました。数万人に1人の重大な副作用よりも、数万倍の人への予防効果の方が
絶大である場合には強制接種もやむを得ないですが、発症率の低くなった疾患や
重症化を抑えられる疾患のために国民全員に予防接種を強制する理由はなく、
実は接種の効果も常に限定的である点にも触れるべきで
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 常識が崩れる・・・
正直、外国人著作のこういった本って、読むのが苦手です。... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: Saab_gripen
5つ星のうち 5.0 実際にあったさまざまな事例を紹介
実際に起きた事件がとりあげられており、自分でも無意識のうちに見て見ぬふりをしていることがどれほど多いか、脳は嘘をつくということを知りました。
投稿日: 17か月前 投稿者: ちこママ
5つ星のうち 5.0 全日本国民必読の書
人間とは面白い。人はいかに錯覚を起こすか?人間の脳というものはいかに錯覚を起こしやすいものか?ということが実例を基に科学的な態度で解明されていく。およそ日本人ほど... 続きを読む
投稿日: 2012/7/16 投稿者: オキムラ良二
5つ星のうち 1.0 内容のわりに、話がクドすぎる。翻訳も悪い。
欧米のこの種の本にありがちなのですが、実際の内容に比べて本が厚すぎます。とにかく、話がクドすぎるのです。... 続きを読む
投稿日: 2012/4/26 投稿者: yutaitoo
5つ星のうち 5.0 読めば役に立つ知識
読んだ人がフィードバックしやすいように本書は意図して仕上がっている。

その点がすごく好感が持てる。... 続きを読む
投稿日: 2012/4/24 投稿者: 山守義雄
5つ星のうち 4.0 バカな上司ほど、やたら、自信満々なのはなぜかが分かる!
「バカな上司ほど、やたら、自信満々なのはなぜなのか。」
あなたの身近にもいるであろうアイツの自信過剰は、... 続きを読む
投稿日: 2012/4/17 投稿者: kaz-sato
5つ星のうち 4.0 それなりに示唆に富んでいて有益
二人の心理学者による、日常的な知覚をめぐる6つの錯覚についての論考。そんなものだろう、言われてみればそうかも、というものから、なかには新鮮で意外な話もある。とくに... 続きを読む
投稿日: 2012/4/6 投稿者: proustienne
5つ星のうち 5.0 陥りやすい「錯覚」が見事に描写されて・・・
著者 クリス・チャブリスとダン・シモンズは共に、
認知メカニズムや神経心理学を研究する傍らで、... 続きを読む
投稿日: 2012/4/1 投稿者: 永久機関∞
5つ星のうち 5.0 目で見えていても脳が見ていない
The Invisible Gorilla(目に見えないゴリラ)のビデオで一躍有名になった著者が人が錯覚を起こす仕組みについて解説した書籍です。... 続きを読む
投稿日: 2012/1/17 投稿者: れごぼく
5つ星のうち 2.0 ぜんぜん目新しくないけど
ずいぶん昔の本に、そのまた昔の実験があった。... 続きを読む
投稿日: 2011/12/6 投稿者: すがきやらーめんみそかつ
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック