中古品
¥ 83
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ等)などがある場合がございます。帯をお付けできる保証はございません(広告扱いとさせていただきます)。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。商品に不備が見つかった場合は、発送前にメールでご連絡いたします。■こちらの商品は、日本郵便のゆうメール(追跡不可、配送日時の指定不可、原則郵便受けに配達、日曜祝日配達なし)で発送予定でございます。測定誤差があった場合や他の商品を同梱する場合は、予告なしに配送方法を変更させていただきます。あらかじめご了承ください。注文確定から商品到着まで最長7営業日を要する場合がございます。■アマゾンによって、1日に送信できる新規のメール数を制限されているため、弊社からお客様に直接、注文確認・発送完了メールをお送りすることができません。アマゾンから自動配信されるメールをご利用ください。■海外発送も可能です(International Shipping Available)。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

銃と魔法 (富士見ファンタジア文庫) 文庫 – 1994/1


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 82


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ギルバート・ケイン―エルフ。職業・刑事。愛称・ギル。自称・フェラーリの鷹。ウィルバー・オコーナー―ドワーフ。職業・刑事。愛称・ウィル。趣味・銃撃戦。アイロリッジ市警ウィリス分署のベテラン刑事コンビは、仲間の刑事たちとともにストリートギャング、ジャングルラッツの摘発を行なった。単純なチンピラ掃除のはずだった。しかし、グループのボス、マイク・ヒースを取り逃がしてしまう。それがまちがいの元だった。ヒースを逮捕しようとするたびごとにアクシデントに見舞われ、肝心のヒースには逃げられ、後に残されるのはとんでもない大騒動と負傷者。追いつめられたケインらに最後の切り札はあるのか。エルフ、ドワーフ、ゴブリンなど、ファンタジーの登場人物たちがコンクリートの街を疾走する、ドタバタ警察アクション。第五回ファンタジア長編小説大賞準入選作。

登録情報

  • 文庫: 314ページ
  • 出版社: 富士見書房 (1994/01)
  • ISBN-10: 4829125411
  • ISBN-13: 978-4829125410
  • 発売日: 1994/01
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 214,607位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ミーミルの泉 投稿日 2004/7/3
形式: 文庫
ファンタジーの世界の常連、エルフ、ドワーフといえば、現代日本人はどんなキャラクターを想像するでしょうか?
巷に出回っている異世界ファンタジーのライトノベルでは、指輪物語やD&D、ロードス島戦記などの影響を受けたエルフ、ドワーフ像が多いという気がします。もちろんそれが悪いというのではありませんが、『銃と魔法』では独特な亜人間像が描かれています。
また文章が、とぼけた味わいのある独特の面白さを持っています。
物語の内容は、次から次へと降りかかるトラブルに翻弄されるエルフとドワーフの迷刑事コンビの活躍を描いたものです。
理屈は抜きにしても、とにかく面白いです。タイトル通り、銃と魔法が出てきて、作品の中で良いスパイスとなっています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: 文庫
海外刑事ドラマの世界にファンタジー世界の住人たちが混ざり込んだら? というお話。
これより遅れること10年以上が経過してからこれに非常に似た設定の作品が出てきましたね。賀東昭二の「コップクラフト」です。

あちらは異世界が存在していてそこの住人と地球世界の住人が入り乱れての物語を形成していますがこちらはそのような設定はなし。
エルフとドワーフの刑事がコンビを組んで操作に当たりますが、ごく普通に街に溶け込んでいます。

ふたりともヘビースモーカーで、
「煙草を立て続けに5本吸うと指先の温度が1℃下がるらしいぞ」
「もう5℃は下がってるぜ…」
なんて掛け合いが刑事ドラマを彷彿とさせる上質のパロディ作品です。
早すぎた傑作でわずか2作で終了してしまったことが惜しまれます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック