Amazon Kindleでは、 銀の匙 Silver Spoon(1) (少年サンデーコミックス) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
 
 
1分以内にKindleで 銀の匙 Silver Spoon(1) (少年サンデーコミックス) をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス) [コミック]

荒川 弘
5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (142件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 453 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 --  
コミック ¥ 453  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
会員登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス) + 銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス) + 銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)
合計価格: ¥ 1,359

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

受賞歴

2012マンガ大賞 大賞受賞

内容紹介

日本中が大注目!荒川弘最新作!!

超ヒット作『鋼の錬金術師』の荒川弘の最新作!
大自然に囲まれた大蝦夷農業高校に入学した八軒勇吾。授業が始まるなり子牛を追いかけて迷子、実習ではニワトリが肛門から生まれると知って驚愕…などなど、都会育ちには想定外の事態が多すぎて戸惑いの青春真っ最中。仲間や家畜たちに支えられたりコケにされたりしながらも日々奮闘する、酪農青春グラフィティ!!

【編集担当からのおすすめ情報】
あの『鋼の錬金術師』の荒川弘先生がサンデーで週刊連載に初挑戦!その超話題作が早くもコミックスになりました!濃厚すぎる農業高校を舞台に、主人公の八軒勇吾が悪戦苦闘しながらも、命の大切さを学んでいく…汗と涙と土にまみれた青春物語です。前作のファンタジーとは、違った面白さが詰まっています。こんな時代だからこそ、絶対に読んでほしい。そんな作品です!

登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 小学館 (2011/7/15)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4091231802
  • ISBN-13: 978-4091231802
  • 発売日: 2011/7/15
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (142件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
303 人中、258人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ”いかに理不尽と向き合うか” 2011/8/4
形式:コミック
プロ農家出身の荒川先生だからこそ描ける漫画です。ありがちな「〜系青春漫画」とは訳が違います。
農業というのは理不尽な事が多い職業です。生き物を相手にしているから収入にせよ品質にせよ一定にはならなず、常に不安定なんですよ。
生き物に裏切られることもある、天候に裏切られることもある、そして何より消費者という人間に裏切られることもあります。
心を込めて育てた野菜や家畜も、病気だの放射能だのと騒ぎ立てられ捨てられるのを見ると何となく分かるかもしれません。
消費者は「食の安全」と叫べば許されるから気楽なものだが、生産者はそうはいかないのです。
どんなに努力しても、それが絶対的に報われるとは限らない、そういった”理不尽”とたえず向き合っていかなければいけないのが農業。
本作の主人公・八軒も努力が報われなかった類の人間です。そのためか農業の現実に過剰に共感してしまうこともあります。
「報われない努力」の”理不尽さ”、これをしっかりと描いている荒川先生には感心せざるを得ませんねぇ・・・。
「努力は報われる」ことが前提の少年漫画の中ではある意味異質であるとも言えましょう。
そしてこの作品はそんな”理不尽”を明るく笑い飛ばす豪快さと、生き物と向き合う事でしか得られない大切なものをしっかりと示しています。
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
167 人中、139人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:コミック
まず、21歳会社員の工業高校出身の私は今までの人生農業関係を馬鹿にしていました。
農業高校って、成績が悪い人がいく高校。
農作業するだけって(笑)
表立って馬鹿にするわけではないですが、心のどこかで農業系を軽くみていました。
農業系のかたすみません。

この作品を読んで、本当に恥ずかしい気持ちになった。

この本を買った理由は、なんとなく最近広告が凄いから。
ただ、それだけ。
だって、「鋼の錬金術師」っていう少年漫画を描いていたのに
いきなり舞台が現実じみた農業高校って・・・。
どうせ、動物といちゃつく⇒ 動物死ぬ ⇒ 立ち直る とか、よくある話だろ〜って
勝手な食わず嫌いをしていた。

冒頭はよくあるような始まり。
農業高校に入学した主人公が、ちょっと騒ぎをおこしてしまう。
こんなものか・・・。

だが、その気持ちもすぐになくなった。
そこには、今まで知らなかった農業の現実が描かれていた。

そして、思うこと。
主人公が自分だということ。
主人公の八軒、まさに農業に関しては、無知で初見のことには偏見をする。
汚いものを毛嫌いし、見た目
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 おもしろい!! 2013/10/19
By Edomame
形式:Kindle版|Amazon.co.jpで購入済み
園芸科学とか食品科学に進んだ子たちが、なんか毎日生き生きと過ごしていたのが分かった気がする。
もやしもんもそうだったが、銀の匙も農業関係の学校のおもしろい部分や知らない部分を見せてくれるから単純におもしろい。
バイオテクノロジーとか頭いい理数系の学校のイメージだったけど、農業でもあったのね。
学生時代にこんな漫画に出会っていたら私の進路は今と少し変わっていいただろうなぁ…。
このレビューは参考になりましたか?
46 人中、36人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 紙版を買うべき 2013/3/21
形式:Kindle版|Amazon.co.jpで購入済み
『百姓貴族』のKindle版と同様、本書『銀の匙』のKindle版にも、カバー裏漫画が収録されていない。

また、『銀の匙』は2013年3月現在6巻まで出ているが、Kindle版はこの1巻だけ。

漫画自体は、『百姓貴族』ほど毒がなく、広くおすすめできる内容。だが、Kindle版は現時点ではおすすめしない。
このレビューは参考になりましたか?
26 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By 酒井 穣 トップ1000レビュアー
形式:コミック
一人の高校生が、偏差値偏重型の教育から抜け出し、農業高校での生活を通して「生きる意味」について考えていくストーリーが、堅苦しさなく、リアリティーを犠牲にしないままに表現されています。

将来は農業系の家業を継ぐことになっている同級生たちは、自分の自由にならない将来に、いくばくかの不満も示しつつも、実務に直結する勉学に励んでいます。しかし、過度な親の干渉から逃げるように農業高校にやってきた主人公は、自らの将来が見えないままに、酪農のイロハを学ばされます。そこは、人は家畜を肥やし、殺し、食べるという「生きる」ことのリアリティーを直視する世界です。

夢を持つこと、将来のビジョンを描くこと以上に大切なこと・・・。それは、人間という「動物」が、生きるために自分たちの食料を確保し、それを美味しくいただくという、人類の原体験だったりするのかもしれません。

僕自身の体験としては、オランダで経営学を学んでいるときに、食用豚の仕入れ・解体・出荷を行っている企業の幹部候補として派遣されていた同級生の職場を見学するという文脈で、この一連のプロセスを(たった1日にすぎませんが)見たことがあります。それなりにショックの大きい経験でしたが、誰もが一度は見ておくべきものと感じたことを思い出しました。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 1.0 いきるのはなんのため?(2014年3月30日)
映画よりコミックのほうが面白いという声が多いので読んでみましたが

映画と同じでダメなものはダメです。... 続きを読む
投稿日: 24日前 投稿者: ?&!
5つ星のうち 5.0 献血ルームではまった
献血ルームで一巻を読み、はまってしましました。

普段何も考えず食べていたお肉ってこんなふうに誰かが育てて、... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: 米
5つ星のうち 1.0 たぶん年齢や経験で意見が分かれる
9巻まで購入して読んだ感想は
評判ほどおもしろくないけどそこそこは楽しめる程度... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: はげまる
5つ星のうち 3.0 「農業って軽んじられてるけどこんなにすごいんだから!」というコンプレックスが透けて見える
面白いか面白くないかといわれたら、普通に面白い。絵もきれいでよみやすい。... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: クコの実
5つ星のうち 4.0 色々考えさせられる
話題になっていたのでとりあえず2巻まで購入

農業高校に入り農業や畜産などに無縁だった主人公がそれらを体験し成長していく物語... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: イモ
5つ星のうち 5.0 よかったです
とうちゃくもはやくて、ほうそうもよくて、きれいなほんでした。
投稿日: 2か月前 投稿者: 佐藤 仁一
5つ星のうち 4.0 漫画の内容はとても良いです
漫画の内容はとても良いが、スキャンした画像の解像度がやや甘いので星マイナス1です。Kindleの解像度よりはマシだけどね。
投稿日: 3か月前 投稿者: 隙間産業
5つ星のうち 5.0 異色の舞台設定だが、面白い!
「酪農」と言う、少年漫画としては異色のテーマの作品。

酪農が大変だ、と言うのはこの作品を読まずとも容易に想像つくところ。... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: ano
5つ星のうち 1.0 微妙
淡々と農業高校の話が進むだけで
特に山場もなく、ストーリー性が薄い。
投稿日: 3か月前 投稿者: あまんちゃん
5つ星のうち 5.0 良いマンガだと思う
ゆるい雰囲気の中、生命に対して正面から取り組む重いテーマをうまく扱っている。
読後感も重くなく、それでいて考えさせられる作品となっている。... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: Amazon Customer
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xa9b4506c)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
山田一雄だ 荒川 弘と小学館に抗議する! 2 2011/07/29
トピックをすべて見る...  
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック