Amazon買取
最高買取価格

¥ 865
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

鉄道員(ぽっぽや) [DVD]


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 9,800より 中古品の出品:5¥ 6,620より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 冬のセール最大70%OFF(2015年1月29日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円ジャニーズセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ冬のセール 2015/1/29まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


登録情報

  • 出演: 高倉健, 大竹しのぶ, 広末涼子, 吉岡秀隆, 安藤政信
  • 監督: 降旗康男
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東映ビデオ
  • DVD発売日: 2001/12/07
  • 時間: 114 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (62件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B00005Q8DM
  • EAN: 4988101093021
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 13,852位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

北の果ての小さな終着駅で、不器用なまでにまっすぐに、鉄道員としての誇りをもって生きてきた“佐藤乙松”を描いた、浅田次郎原作の名作小説を高倉健の主演で映画化した珠玉のドラマ。

レビュー

監督・脚本: 降旗康男 原作: 浅田次郎 脚本: 岩間芳樹 出演: 高倉健/大竹しのぶ/広末涼子/吉岡秀隆/安藤政信/志村けん/奈良岡朋子/田中好子/小林稔侍
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

19 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ゆしちゅん 投稿日 2011/4/14
冒頭のD51の映像と「テネシーワルツ」で早速涙腺が怪しくなってしまった。

この映画で光るのは主演の高倉健さんも勿論だが、 「せんさん」こと、小林念持だと思う。
「おとさん」と「せんさん」は対照的。
具体的に描かれてはいないが、「せんさん」はたぶん、世渡り上手でうまく立ち回って大きい駅の駅長に昇進、定年後の天下り生活も安泰。更に息子も同社のエリート路線。まさに出世を地でいく、人間くさい人物なのだろう。
しかし、定年後、乙松に同じ職場に執拗なほどに誘う「せんさん」の姿からは「本当はあんたのように生きたかった。」という憧れにも近い、羨望ような物が見てとれる。

正月、乙松を説得するため、幌舞に向かう列車の中で後輩に向かって言う台詞がそれを物語っている。

生まれた時から死の瞬間まで頑ななまでにポッポヤ(鉄道員)であり続けた乙松。
時代に合わせ、その時その時を乗り越え、結果「安泰」を手に入れたせんさん。
それぞれのスタイルで「昭和」と言う時代を全力で駆け抜けた男の群像がここに描かれていると思う。

そんな男達の人生が冒頭シーンの「SLD51」と「テネシーワルツ」に込められている様な気がしてならない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
28 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ジイジ 投稿日 2008/4/29
Amazonで購入
飛行機の中、TV放映で幾度か見ましたが、今回家で落ち着いて観たくDVDを購入しました。
『字幕表記』が選べるのもDVDならでは、耳の少し遠くなった私にはありがたいオプションです。
浅田次郎の原作は何本か映画化されていますが、『鉄道員(ぽっぽや)』は作者の意図がスクリーンに忠実に反映されており秀逸です。
高校生になった雪子に建さんが最後に言う台詞、何度観ても涙があふれます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 菊亭左大臣 VINE メンバー 投稿日 2009/9/21
高倉健さんの作品の中で、”鉄道員(ぽっぽや)”が好きでDVDを購入しました。廃線の決まった北国のローカル線と同時に定年を迎える佐藤乙松駅長(高倉健さん)の鉄道員としての信念をつらぬいた感動する作品です。不器用で鉄道一筋に生きる佐藤駅長は、仕事一筋で駅長の職務をまっとうする姿に身の引き締まる思いで見ています。それが一人娘の死、そして妻の死を乗り越えてきた男の姿だと思いました。妻の死に目にあえなかった悔しさなど、さまざま困難を乗り越えてきた鉄道員の信念を高倉健さんが厳しく演じている作品です。主人はこういう生き方ができたらいいと見るたびにいつも言っています。女の私には、もう少し家族優先にしてほしいという思いがありますが、佐藤駅長の生き方に共鳴しております。DVDのジャケットの風景がこの作品にマッチしてとてもいいように思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 河内野郎 投稿日 2009/8/27
この映画の中の健さんは実に静かだ。

派手な立ち回りも、アクション・シーンもない。
しかし、北海道の吹雪の駅に一人立つ健さんは、不器用で、一途で、自分の仕事を全うしようとする、少々時代遅れのいつもの健さんだ。だが、その反時代的な生き方が醸し出すダンディズムは、この映画の中でも、静かな「男の美学」として観る者の心を打つ。

ただ、他の多くの健さんの映画と違うのは、死んだ娘との「再会」という、最も涙を流しやすい題材をベースにしている点だろう。確かに、見え見えの「お涙」ちょうだいの劇だが、死んだ肉親に、たとえ「幽霊」であっても会うことができるなら、という人間の永遠の「夢」を描いているがゆえに、「通俗」ではあっても、共感を呼ぶ映画になっている。

また、脚本が良く練られているからだと思うが、淡々とした「ぽっぽや」の日常に、回想場面をうまく織り交ぜながら、登場人物の背景を描いていく構成はお見事。

静かに生き、そして静かに死んでいく健さんの美学に、北海道の雪はよく似合う。

「やくざ」映画とは一味違う高倉健だが、「健さん」はやはり「健さん」である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 道奥太郎 投稿日 2010/8/12
舞台は1990年代、北海道道央。廃止寸前の赤字ローカル線にある幌舞駅。
駅長、佐藤乙松は定年退職を間近に控え、系列ホテルへの再就職を勧められています。
彼の人生は、愚直な鉄道一筋の人生でした。

浅田次郎さんの同名小説をもとにして、東映が映画化した作品です。
武骨で不器用、まじめ一徹の主人公。彼にある日突然訪れる奇跡の出会い、永遠の別れ。
ストーリーもしっかりしていますが、高倉健が相変わらずいい味を出しています。

脇を演じる大竹しのぶ、小林稔侍も光ります。
彼らに比べると広末涼子は少し浮いている感がありますが、役柄上仕方ないことかもしれません。
高倉健を好きな方、ヒューマンドラマや鉄道が好きな方におすすめします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック