Amazon Kindleでは、 鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)
 
イメージを拡大
 
1分以内にKindleで 鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫) をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫) [文庫]

浅田 次郎
5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (84件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 518 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
11点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
2014年夏アニメ・ドラマ
2014年7月期のアニメ化、ドラマ化作品を原作コミック、小説から関連書籍まで一挙ご紹介。2014年夏アニメ&TVドラマ化特集を見る。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 --  
ハードカバー --  
文庫 ¥ 518  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫) + 天国までの百マイル (朝日文庫) + 椿山課長の七日間 (朝日文庫)
合計価格: ¥ 1,680

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

受賞歴

第117回(平成9年度上半期) 直木賞受賞

内容紹介

娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた―。心を揺さぶる“やさしい奇蹟"の物語…表題作はじめ、「ラブ・レター」「角筈にて」など8編収録。第117回直木賞受賞作。(解説・北上次郎)

登録情報

  • 文庫: 304ページ
  • 出版社: 集英社 (2000/3/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087471713
  • ISBN-13: 978-4087471717
  • 発売日: 2000/3/17
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (84件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 11,791位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
31 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 上手としか言いようが無い 2005/1/30
By くにたち蟄居日記 トップ1000レビュアー VINE メンバー
形式:文庫
 まあ 他のレビュアーの方と ほぼ同様に涙無しに読むのが難しいということを まず言い切ってしまおう。
 それにしても 比較的辛口批評も多いこのコーナーで 涙涙の大雨であり 冷静に考えて 何で かように皆さんの紅涙を絞っているのか。
 やはり 設定 道具立てが抜群に日本人には効いてしまうのだと思う。
 雪国、鉄道、駅、廃線最後の日(定年最後の日にも読める)、仕事一途、無口、娘、茶碗、赤い半纏、
 並べているだけで 目頭が熱くなってくるぐらいである。日本人の泣き所をことごとく「攻めている」としか言いようが無い。例えば逆を書いてみると
 南国、飛行機、空港、開業日、遊び好き、話し上手、親父、フォーク、白い水着
となり これはどう見ても泣ける話でもなく コメディーの匂いがぷんぷんしているではないか。
 そう考えると 誠に浅田次郎は「悪党」であると 目を拭いながら苦笑いしてしまう。
 小生も中年男ではあるが たまには 本を読んで泣くことも「誇りに」思わせてしまうような本です。誰かも仰っていますが 電車の中では読まないように。読んじゃって 泣いちゃって 周りの人にじろじろ見られちゃったら 表題をその人に見せてやればよいと思う。向こうも 案外 思い出し泣きをするかもしれませんから。
このレビューは参考になりましたか?
16 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:文庫
「ラブ・レター」がお気に入りですね。

主人公の吾郎の視点にすっかり入り込んでしまい、電車の中でボロボロと来てしまいました。

金の為に売った戸籍を使い、結婚した事になっている商売女の白蘭の死。

遺体を引き取りに行くが、手紙でしか彼女を知らない吾郎。

最初は嫌がります。

しかし白蘭の手紙内容…「結婚してくれてありがとうございました」という言葉。

嬉しさ、寂しさ、辛さ、いったものを拙い日本語で綴っている事が文面から伝わります。

上手い…吾郎の彼女への思いは愛では無かったのかもしれませんが、

最後のシーンがとても好きです。

全体を通して「幽霊」というキーワードが良く出ます。

個人的に読了感が芳しくない作品もあったので、

満点とまではいきません。

が、本棚に入れる充分の価値がある本だと思います。
このレビューは参考になりましたか?
13 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 珠玉の小品集 2007/10/18
形式:文庫
 浅田次郎、直木賞受賞作。

 映画の方を先に観て、その世界観に親しみを感じ、サントラをよく聴いていたのだけれど、初めて小説版を読んでみました。

 この本は短編集になっていて、
 ・鉄道員
 ・ラブ・レター
 ・悪魔
 ・角筈にて
 ・伽羅
 ・うらぼんえ
 ・ろくでなしのサンタ
 ・オリヲン座からの招待状
 の八編が収録されています。

 鉄道員(ぽっぽや)は北海道・美寄駅から、かつての炭鉱町・幌舞へと続く幌舞線を舞台にした物語。幌舞駅にはたった一人、風の日も雪の日も、奥さんが亡くなった時も、娘さんが亡くなった時も、旗を振り続けた孤独な駅長が定年を迎えようとしていた。そこで起きる一夜の不思議な出来事。
 ラブ・レターは、名前にそぐわずポン引きの男の、名義貸しで結婚した外国人女性が亡くなって、それから顛末と手紙について描いた物語。
 悪魔は・・・

 とこういう調子で、それぞれ舞台も視点も異なる物語が八編続く。北上次郎の解説によれば、読み手によって好きな物語が変わる、リトマス試験紙のような本、らしい。

 個人的にも鉄道員、ラブ・レター、角筈にて、うらぼんえ、ろくでなしのサンタ、オリヲン座からの招待状・・・どれも選べない。
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 何回読んでもいい本だなあ。。。 2008/9/7
形式:文庫
「ぽっぽや」を読むのはこれで3回目。 何回読んでもいいなあ。

僕のお気に入りは

 鉄道員
 うらぼんえ
 オリヲン座からの招待状
 ラブレター

です。少し「お涙頂戴」的な表現もありますが、それはそれで、その表現の仕方がさすが浅田次郎先生!、とても うまいなあ と思います。

不幸な境遇、環境、関係 の中でも、
「一筋の光明が見えるんだ。」

そして、真剣に生きている人には
「奇跡」が舞い降りるんだ。

と言うことを伝えてくれる小説です。 
また、この気持ちを忘れてしまいそうな時に読みたいと思います。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 chira3903
映画を先に見たうえで購入させて頂きました。
満足度100%以上です。
投稿日: 3か月前 投稿者: chira3903
5つ星のうち 5.0 良い本だと思います。
浅田次郎氏の短編集。良い本だと思います。
恥ずかしながら、浅田氏の長編は読んだことがありませんが、短編は小気味よく軽快感があります。... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: 石井輝義
5つ星のうち 5.0 生前愛し合い、今は冥界の人となったが、彼らとの心温まる再会のシーンに泣かされる。。
鉄道員は何回読んでも泣かされる表現力は素晴らしい。
ラブレターの白蘭のいじらしさ、純情に心が震える。
投稿日: 7か月前 投稿者: 清水 幸男
5つ星のうち 5.0 あなたに起こる やさしい奇蹟
「鉄道員(ぽっぽや)」をはじめ、短篇8作品が収録されています。
1作目「鉄道員」
2作目「ラブ・レター」
3作目「悪魔」... 続きを読む
投稿日: 8か月前 投稿者: COZY
5つ星のうち 4.0 泣きました。良かったです。
角筈にてで、泣きました。切なくて愛があっていいお話で良かったです。
投稿日: 11か月前 投稿者: kato
5つ星のうち 5.0 「よく、がんばったな」
幼くして亡くした娘。自分を捨てた父親。大好きだったおじいちゃん…に会える。「よく、がんばったな」と言ってくれる。長い間忘れていた昔の事が、どっとよみがえる…。社会... 続きを読む
投稿日: 11か月前 投稿者: ばんぺいゆ
5つ星のうち 5.0 鉄道員
が映画になったのも納得。ちょっと切ない短編集、、、、。一人でしっとりと。
投稿日: 12か月前 投稿者: 伊藤三智夫
5つ星のうち 4.0 映画を観て読みました
「鉄道員」「オリヲン座からの招待状」の二つの映画を観て、原作に興味を持って読みました。... 続きを読む
投稿日: 12か月前 投稿者: レブロン
5つ星のうち 5.0 泣けました
短編集です。その中でも私はぽっぽやに惹かれました。
鉄道が好きなこともありますが、かたくなに職務を全うする家族に対して不器用な老人の身に... 続きを読む
投稿日: 13か月前 投稿者: なああも
5つ星のうち 4.0 ラブ・レターは、泣けました。
幽霊が出てくる作品が多かった。

「うらぼんえ」では、完全に主人公以外の人とも会話していた。... 続きを読む
投稿日: 14か月前 投稿者: アイスガイ
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック