通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
鉄のラインバレル 12 (チャンピオンREDコミッ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。kk2116_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

鉄のラインバレル 12 (チャンピオンREDコミックス) コミック – 2009/3/19

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 鉄のラインバレル 12 (チャンピオンREDコミックス)
  • +
  • 鉄のラインバレル 11 (チャンピオンREDコミックス)
  • +
  • 鉄のラインバレル 13 (チャンピオンREDコミックス)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「まとめ買い・セット本」
マンガ・絵本・小説・文庫セットなど、新品・中古本をまとめ買いできる。最大10%ポイント還元も。 まとめ買い・セット本

登録情報

  • コミック: 179ページ
  • 出版社: 秋田書店 (2009/3/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4253234127
  • ISBN-13: 978-4253234122
  • 発売日: 2009/3/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
かつて10巻にて自殺しかけた所を浩一とラインバレルによって救われた九条 美海。以来彼女の中で浩一の存在は、いつしか掛け替えのないものとなっていった。しかし、アイドルとしても活躍していたが、同じグループのメンバーから陰湿な苛めを受けていた彼女はライブの休憩中に失踪し、そして逃げ出した先に強大な力、ペインキラーと出会い…。

今回は表紙、ピンナップにも登場している、九条 美海がクローズアップされています。浩一と同じ"正義の味方"となってしまった彼女のマキナは、随伴機の操作や、マキナ自体の真の姿を"見せ付けながら"戦うが…。

個人的には今まで続けて読んできた為、待望の最新刊という事で期待してましたが、やはり今回も満足でした。これまで出番の少なかった美海の精神的な葛藤や、圧倒的な戦闘シーンなど、眼が放せません。

しかしこの巻ラストの美海の表情………一体彼女は何を感じているのか…。次も待ち遠しいです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
カバーを見れば分かる通り、新しいマキナのファクター「九条美海」誕生編です!
女子高生でアイドル! さらに命の恩人の浩一に憧れてます! 浩一の先輩です!
それだけでも、もうキャラクターとして十分立っているのに、
まだまだまだまだ、とんでもないウラがあるんですね!!
それにしても気になるのがポスターにあった「美海のそばで血まみれになって
倒れている人物」…いったいこの後何があるというのか?
もう、楽しみでなりません!!!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
確かにこの作品は戦闘シーン等わかりにくいところが目立つのですが、作者自身が自分なりの魅せ方を模索しているからではないでしょうか?実際に動きの流れやインパクト感の出し方は変わってきてますし、これからの描画に期待で5です。
「正義の味方」という設定が陳腐だという方々もいますが、個人の正義・総体の正義というものを考えたときの相対性を実によく表現出来ていると思います。
不満な点があるとすれば刀を使った闘い方に実際の剣術に於ける物理的な力学の制約を加えてほしいです。棒を振り回している感じが所々あるので。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer 投稿日 2012/3/18
形式: コミック
ペインキラーが本来の姿を出したことが衝撃的だった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ベリー 投稿日 2009/4/6
形式: コミック
えぇ〜非常に真っ暗なお話しです。
表紙の方がファクターになられるんですが、そのなりかたの黒いこと黒いこと(涙)
まともに読むと心が荒んでしまいそうな一巻ですね。(巻頭では今時のラブコメオーラMAXです)
新しいマキナの方はギミックがとても一杯です。装甲パージ(もう変形に近い)、召喚、武装入れ替えなんかやってくれます。
そのうち合体しちゃいそうなマキナですね。
ここでこの巻の一番よくないところ!!
加藤機関のニューフェイス&マサキとの戦いに絵が線だけでとっっっっっても観づらい\(゜□゜)/
何やってるかサッパリ解らん(俺はね)想像力豊かな人は平気かと思いますが、絵だけ見て状況を理解するのがかなり難しいです。
話は重いし、戦闘は解りづらいし12巻続いてるラインバレルのなかでもひどいほうだと感じちゃいました
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック