通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
金持ち&... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆送料無料、保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。【検品担当者より】カバーにキズ・イタミがあります。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
10点すべてのイメージを見る

金持ち脳と貧乏脳 単行本(ソフトカバー) – 2013/11/21

16件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 272

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

金持ち脳と貧乏脳 + 茂木健一郎の脳がときめく言葉の魔法 + 脳を最高に活かせる人の朝時間 頭も心もポジティブに
合計価格: ¥ 4,320
ポイントの合計:  103pt (2%)

選択された商品をまとめて購入


【期間限定】本のお買い得セール
「もしドラ」ほか、人気タイトルが今なら20%OFF。 対象商品をすべて見る

商品の説明

内容紹介

お金は脳が稼いでいる!


私たちが普段何気なく行っているお金に関する行動のほぼすべてが、脳が操っていることによってなされています。

そして、人は大きく「お金持ちや成功者に共通する脳の使い方(金持ち脳)」の人と「お金がなかなか貯まらない貧乏な脳の使い方(貧乏脳)」の人の2タイプに分けることができます。

本書では、茂木健一郎氏が、脳科学の視点から見た、人間が性(さが)として持っている、驚くべき脳とお金の深い関係性について解説し、
それを踏まえて、「どのような脳の使い方をすれば豊かになるのか」ということに言及いたしました。

驚くべき脳とお金のメカニズムの話が満載です。

内容(「BOOK」データベースより)

お金は脳が稼いでいる。金持ちは、脳の使い方がまったく違う!脳科学の視点から見た、人間が性として持っている、驚くべき脳とお金の深い関係性について解説。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: 総合法令出版 (2013/11/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 486280389X
  • ISBN-13: 978-4862803894
  • 発売日: 2013/11/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1  レビューをすべて見る (16件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,213位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

36 人中、32人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 今倉 投稿日 2014/3/23
形式: 単行本(ソフトカバー)
書店で立ち読みをして、最初がおもしろかったから買って読んだ本ですが、金持ち脳と貧乏脳の違いは最初のほうで述べ尽くされてしまっているようです。後は本題と少しずれているようなことの著者の随想的な記述です。しかしためになる言及も見られます。次のようなことが書かれています。
1 金持ち脳の特徴
  人間関係が広い
  自己投資にお金を惜しまない
  好奇心が旺盛である
  誰に対しても自分の知らないことを素直に質問できる
  人の話を聞いて即行動に移すことができる
  人の良い部分をすぐに真似することが得意
  偏見が少ない
  判断基準として、「まず何でもやってみる」という考え方を持っている
  夢や目標がはっきりしている
  朝型で健康に気を配り体を大事にしている
2 お金持ちになった人というのは、数多くの修羅場やリスクを経験しつつ、ピンチをチャンスに変えてきた人たちです。
3 お金を得るメリットというのは、自由を得ることによって次の人生のステージに行くためのオプションが得られるということです。
4 将来をしっかりと予測して無駄使いをしない、それでも使うときには豪快に使う。言い換えれば、常に蛇口の水が出っぱなしでなく、一滴も水が出てこないくらいお金
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 豪ぽん 投稿日 2014/8/8
形式: 単行本(ソフトカバー)
茂木さん、好きですが
内容が本当につまらなかったです。

人生を生きるハウツー本なのですが
ピンとくる内容が私には少なかったです。

その中で心に残ったのは

「お金は経験に使え」という内容。

体験、経験こそが貴重なものであり、
お金があるならば、積極的に体験するために使えと。
それが結局、自分へのリターンになると。

これ、その通りですが
ほかでもかなり言われている内容ですね。

茂木さん独自の視点、独自の言葉がもっとほしかったです。

申し訳ないが、本書はおそまつ本であり
駄本を代表する類の本だと思います。

1400円の価値はありません。
50円も買わないかもしれません。
時間がもったいないとすら感じました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 マグロバックブリーカー 投稿日 2014/5/19
形式: 単行本(ソフトカバー)
結論から言うと、あんまり面白くわなかったです。金持ちになりたかったら、朝早くとか、好奇心が旺盛であれとか、色んな人と付き合えだとか、脳とは関係ないじゃん。小難しく長々と書いていて、期待していただけにガッカリでした。コンパクトにまとめればわかりやすいのに、ページを稼ぐためにいらない例を引用しなけりゃよかったのにという感じ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
20 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 TORARA 投稿日 2014/6/14
形式: 単行本(ソフトカバー)
要は、〇貯蓄だけじゃなく、生きたお金の使い方をしろ、〇人間関係にお金を惜しむな 〇お金持ちはいい人間関係を持っていて、そこからビジネスチャンスが拡がっている ということを表現方法を変え、作者の体験を混ぜて書いているだけでした。
作者の体験といっても、大学講師時代に学生と上野公園で飲み明かした時の関係が今も続いているといったことで、脳科学といえるほどのエッセンスも入っておらず、20年前の自己啓発系の売れていないセミナー講師が書いたような本で、目新しいアイデアもなく、私の脳はドーパミンを放出することなく1時間ほどで読了に至りました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
20 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ララ 投稿日 2014/2/18
形式: 単行本(ソフトカバー)
題目が面白そうだと思って手に取りましたが、内容が。。。苦笑
この編集したのって??と、編集者をググりましたが、色々本を作られてるので逆にびっくりです。

残念でした
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 あや 投稿日 2015/5/1
形式: 単行本(ソフトカバー)
脳に「お金持ちになれる脳」と「なれない脳」があるというのが、びっくりしました。
自分はどっちなのだろう、とドキドキして読みました。
一番の発見は、私たちの脳には「確実なこと」と「不確実なこと」のバランスをとる働きがあるということで、何かに挑戦するには、「確実なこと=例えば貯金など」が必要ということ。
「目的のない貯金はムダ」という考えもあり、私も、そうなのかなと思ってましたが、これを読んで、新しいことに挑戦したり、積極的な行動に出るには、貯金という確実なものがあると、安心感を得られると分かりました。
それから、普段接することのない、お金持ちの人たちの考えが書いてあり、面白かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック