Would you like to see this page in English? Click here.

買い取りを申し込む
最大 ¥ 50分のAmazonギフト券
買取
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
野菊の如き君なりき [DVD]
 
 

野菊の如き君なりき [DVD]

田中晋二, 有田紀子, 木下惠介 DVD
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)

再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。 在庫状況について


おすすめ情報:【最大70%OFF】DVD・ブルーレイセール(2014年5月31日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。
Visit Amazon Instant Video
映画やドラマが今すぐお楽しみいただけます : Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるサービスです。 PCやKindle FireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • 出演: 田中晋二, 有田紀子, 杉村春子, 笠智衆
  • 監督: 木下惠介
  • 形式: Black & White, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹ホームビデオ
  • DVD発売日: 2006/06/24
  • 時間: 92 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B000FHVVBK
  • EAN: 4988105048720
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 84,166位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

松竹全盛時代をを支えた名匠のひとりである木下惠介監督が、伊藤左千夫の小説「野菊の墓」を斬新な演出で映画化した悲恋物語。美しい信州の自然を背景に、お互いの身分の違いが原因でむなしく散った少年と年上の少女との清らかな恋を描く。

内容(「Oricon」データベースより)

伊藤左千夫の小説「野菊の墓」を木下惠介監督が映画化した「野菊の如き君なりき」がDVD化。

この商品を買った人はこんな商品も買っています


カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
15 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 木下恵介監督の最高傑作 2007/7/5
Amazon.co.jpで購入済み
木下恵介監督の個性が一番上手に発揮できた作品ではないでしょうか?

原作は伊藤左千夫の小説「野菊の墓」です。

老いた主人公の笠智衆が若き日の恋を回想すると、昔の写真のようにぼんやりと丸く画面が縁取られます。
それはまるで水墨画のような美しい世界。
白黒映画は世界にあまたありますが、その中でも5本の指に入るほどの美しさではないでしょうか?

若き日の恋人を演ずる田中晋二、有田紀子のカップルが初々しく、思わず知らず涙してしまいます。

水郷でのふたりの別れのシーン。
そぼ降る霧雨の中、民子のさす番傘の色さえぼんやりと霞む。
みずもに枝垂れる柳の枝。その中を正夫を乗せた小船がたゆたい、やがて画面の奥へと消えていく。

民子の祝言の場面。
正夫と無理やり分かれさせられ、意に沿わぬ相手のもとへと嫁ぐ民子。
人力車に乗った民子がふっと顔を上げます。
まるで正夫との永別の別れを告げるかのように。
そして人力車の行列は村はずれの小道を進みます。
朧月夜の中、幻のように映し出される人力車の列。車夫の掲げる提灯だけがぼんやりと灯り、まるで狐の嫁入りを見ているかのような美しさです。

そして、最後は号泣です。
切ない思いのりんどうの花があまりにも悲しいです。
このレビューは参考になりましたか?
8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
40年程前、丁度15〜6歳の頃…薄い文庫本を読んだ。最近、新しく買って読み直したが、文庫本のカバーには昔と変わらず野菊が咲いていた。
政夫がその後どのような人生を送ってきたのか…生家はお化け屋敷と呼ばれているらしい。73歳になる政夫が約60年振りに船にゆられ、今も心に宿る民子の墓に野菊を手向け、一人静かに弔うために進んでいく。そして、政夫15歳、民子17歳の頃の回想シーンが始まる。老いた政夫はそう遠くない死を前に、やっと民子の墓参を自由に出来る身になったのだろう…生家の没落を語る船頭の話を微笑し聞き流す。政夫が民子の墓前で帽子を静かにとる…遠景にて影絵のごとく描かれる。我々は遥か遠くからその影を追うだけでいい。知らぬ間に涙が頬を伝っている。

原作では民子が亡くなり10年余で始まり、結びは政夫も余儀ない結婚をし長らえているで終わるが、最後の最後は民子への純粋で純潔な至上の言葉が添えてある。監督は政夫を73歳にして、まどろむような物語を追っていくが、観る側としては、その長き空間を政夫はどのようにして埋めてきたのか…夢のような想像の時を与えてくれ、そこには、原作を壊すことのない、美しい時間が綴られている。民子の美しい横顔を想い、時として自らの心を洗うのもいい。木下監督の最高作と言っても過言ではないだろう。
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 5.0 野菊の如き君なりき 2013/1/24
Amazon.co.jpで購入済み
昭和初期の名作を入手できて大満足です。梱包も丁寧で安心しています。誠実さを感じる対応に感謝いたします。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 これは特殊なお芝居ではなく 2010/6/23
時代にあっての我が国の現実だったのです。

伊藤左千夫氏の感性は、当時の今風だったと思います。

そして、エンターテインメントとしての映画というものを考えるとき、現実に浸る、という共感の仕方もあったのだと思います。

今は、絣の着物なんか遠い時代です。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xae15f504)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック