通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
野中広&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

野中広務 差別と権力 (講談社文庫) 文庫 – 2006/5/16

50件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 751
¥ 751 ¥ 36

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

野中広務 差別と権力 (講談社文庫) + 渡邉恒雄 メディアと権力 (講談社文庫)
両方の価格: ¥ 1,583
ポイントの合計:  50pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


【期間限定】本のお買い得セール
「もしドラ」ほか、人気タイトルが今なら20%OFF。 対象商品をすべて見る

商品の説明

受賞歴

第26回(2004年) 講談社ノンフィクション賞受賞

内容紹介

現代史の光と闇を体現する政治家の軌跡
彼は何と闘ったのか?
第26回講談社ノンフィクション賞受賞作

権謀術数を駆使する老獪な政治家として畏怖された男、野中広務。だが、政敵を容赦なく叩き潰す冷酷さの反面、彼には弱者への限りなく優しいまなざしがあった。出自による不当な差別と闘いつづけ、頂点を目前に挫折した軌跡をたどる講談社ノンフィクション賞受賞作。文庫化に際し佐藤優氏との対談を付す。

登録情報

  • 文庫: 448ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/5/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062753901
  • ISBN-13: 978-4062753906
  • 発売日: 2006/5/16
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (50件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 165,916位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

34 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 hennna 投稿日 2004/10/11
形式: 単行本
野中広務という不思議で特異な政治家の原点を解明しようとしたノンフィクション。「反差別」と「権力志向」が同居した野中の行動のプロセスが戦後政治のを背景に辿られている。
野中が被差別部落出身ということは、公然の秘密だった。野中は、自分が受けてきたいわれなき差別を、個人の力や革新政党の力でではなく、保守・自民党の力ではね返そうとした。そこに野中の特異性がある。
また特筆されるのが、野中と公明党・創価学会とのつながりである。弱みを握られた公明党側が野中に接近したことが、後の「自公連立政権」につながっっていったという著者魚住氏の結論は、現在の政治状況からみても、まことに興味深いものがある。
現在、連立のパワーバランスによって何とか持続しえている小泉政権。その小泉を痛烈に批判しているのもまた野中なのである。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
29 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 murayasu65 投稿日 2005/12/11
形式: 単行本
 この本、読み方は色々できる。地方政治、ポスト55年体制の国政変動、企業と政治、政治家個人の関係、どの視点から見ても面白い。こうしたテーマについて、マスコミのタブーである被差別部落問題をベースに置きつつ突っ込んだ取材を敢行したこと、それだけでも価値は高い。

 ただ私は、弱者の地位にありながら逞しく生きる人間として野中を知ることができたことこそ、一番の収穫であったと思う。特に驚いたのは、差別と闘い続ける彼の人生の中で、差別をカサに利権にしがみつくことには(本書の見た限り)賛成していないところである。

 被差別部落問題について、野中は部落に特別な処遇を施すことではなく、部落の自助努力の必要性を常に強調する。このことは彼自身の生き方そのものだったのではないだろうか。この本を読んでそう思う。

 政治家野中の情報戦の逸話には背筋の凍るものがある。そうした政治的権謀術数はともかく、被差別者としての地位に負けず、それを逆手に取ることもせず、一人の人間として強く生きる彼の気概には脱帽である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
81 人中、69人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 gehararigo 投稿日 2006/7/6
形式: 文庫
野中広務;不思議な政治家だと思っていました。田舎の町長から府議会議員へ、そして50歳半ばで中央政界に来たら、わずか10年余で権力の中枢へ上り詰め、小泉政権からは抵抗勢力の代表として引退を余儀なくされた男。 ある時は保守、ある時は親共産党知事の懐刀。 そして誰よりも役人と同僚政治家に恐れられた男。反面、弱者には優しい男。このような男の真相に、気鋭のジャーナリストが挑んだ力作です。

野中は言う、「君が書いたことで私の家族がどれだけ辛い思いをしているか」。 それに答えて著者が言う。「誠心誠意書きました。これが私の業なのです」。 野中の育った環境、時代背景、政治的闘争歴が彼の政治家としてのありようを規定したことが克明に語られています。 現在進行形の政治の姿を知るまたとない本といえるでしょう。 また、文庫版は、著者と異彩の元外務官僚佐藤優の対談と佐高信の解説がついており、単体でも読ませる濃い内容となっていました。現代政治とどろどろした地方風土を理解する上でまたとない本としてお奨めです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
85 人中、72人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ロバの王子 投稿日 2004/7/10
形式: 単行本
 野中広務は自伝を2冊書いているが、それとは違った視点から見た他人による野中広務伝である。
 野中氏の政治手法で特徴的な点としては、①裏切り者には容赦ない冷徹なマキャベリズム、②弱者には非常にやさしい施策、があげられるだろう。この一見相反する要素を理解するためには、野中氏の出自や地方政治家としての前半生の認識が不可欠である。そして、野中氏の政治が理解できなければ、(小泉政権が誕生する前までの)自由民主党の理念が理解できないであろう。
 本書はその意味からも野中氏の人生を客観的に描写した貴重な文献たりうる。
 ただし、本書の前半部と後半部とでは、面白さのレベルがまったく異なる。差別を受けた少年時代、青雲の志を胸に秘めた地方政治家時代の面白さは一級といえる。しかし、国会議員になってから以降の記述は、あまり面白くない。これは、地方政治は理解できるが、国政を理解するまでにはいたっていない私の認識レベルによる部分もある。しかし、首長のリーダーシップで大きく変革しうる地方政治と、特定の個人がリーダーシップをとりにくい国政の運営手法の違いが本書にも現れているような気がしてならない。
 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック