Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
野中広務 差別と権力 (講談社文庫)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

野中広務 差別と権力 (講談社文庫) [文庫]

魚住 昭
5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (48件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 751 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
単行本 --  
文庫 ¥ 751  

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

野中広務 差別と権力 (講談社文庫) + 渡邊恒雄 メディアと権力 (講談社文庫)
合計価格: ¥ 1,583

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

受賞歴

第26回(2004年) 講談社ノンフィクション賞受賞

内容紹介

現代史の光と闇を体現する老政治家の肖像 権謀術数を駆使し、容赦なく政敵を叩きつぶす冷酷さと、弱者への限りなく優しい眼差しが同居する不思議な人物。出自によるいわれなき差別と闘った軌跡をたどる。

登録情報

  • 文庫: 448ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/5/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062753901
  • ISBN-13: 978-4062753906
  • 発売日: 2006/5/16
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (48件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 17,901位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
31 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 特異な政治家の原点と現在 2004/10/11
投稿者 hennna
形式:単行本
野中広務という不思議で特異な政治家の原点を解明しようとしたノンフィクション。「反差別」と「権力志向」が同居した野中の行動のプロセスが戦後政治のを背景に辿られている。
野中が被差別部落出身ということは、公然の秘密だった。野中は、自分が受けてきたいわれなき差別を、個人の力や革新政党の力でではなく、保守・自民党の力ではね返そうとした。そこに野中の特異性がある。
また特筆されるのが、野中と公明党・創価学会とのつながりである。弱みを握られた公明党側が野中に接近したことが、後の「自公連立政権」につながっっていったという著者魚住氏の結論は、現在の政治状況からみても、まことに興味深いものがある。
現在、連立のパワーバランスによって何とか持続しえている小泉政権。その小泉を痛烈に批判しているのもまた野中なのである。
このレビューは参考になりましたか?
27 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 一人の人間の生き方として読む 2005/12/11
投稿者 murayasu65
形式:単行本
 この本、読み方は色々できる。地方政治、ポスト55年体制の国政変動、企業と政治、政治家個人の関係、どの視点から見ても面白い。こうしたテーマについて、マスコミのタブーである被差別部落問題をベースに置きつつ突っ込んだ取材を敢行したこと、それだけでも価値は高い。

 ただ私は、弱者の地位にありながら逞しく生きる人間として野中を知ることができたことこそ、一番の収穫であったと思う。特に驚いたのは、差別と闘い続ける彼の人生の中で、差別をカサに利権にしがみつくことには(本書の見た限り)賛成していないところである。

 被差別部落問題について、野中は部落に特別な処遇を施すことではなく、部落の自助努力の必要性を常に強調する。このことは彼自身の生き方そのものだったのではないだろうか。この本を読んでそう思う。

 政治家野中の情報戦の逸話には背筋の凍るものがある。そうした政治的権謀術数はともかく、被差別者としての地位に負けず、それを逆手に取ることもせず、一人の人間として強く生きる彼の気概には脱帽である。
このレビューは参考になりましたか?
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 将の器ではなかった男の哀れな末路 2012/4/19
投稿者 かぬひもと
形式:文庫
「メディアと権力」で渡邉恒雄の生い立ちと実像を余すところなく明らかにした魚住昭氏の著作。のっけからぐいぐいと読者を引き込んでしまう筆致はさすがと言って良い。京都府の被差別部落出身者である野中氏が園部町長を皮切りに京都府議会議員、副議長、国会議員へと出世の階梯をよじ登っていく過程のドラマも迫力があるが、NHK会長シマゲジ追い落とし、経世会分裂と金丸追い落としを巡る小沢一郎との確執、自民党下野と社会党との連立による政権復帰、加藤の乱を巡る攻防と野中広務の八面六腑の活躍には目を奪われるものがある。

自自公連立の歴史的意味合い、なぜ公明党は自民党との連携を選んだかの分析も「なるほど、そうだったのか」とうならされる。

それにしても野中広務という男は、一体何がやりたくて政治家になったのか。かれを突き動かした「業」とは一体なんだったのか。これがさっぱり見えてこない。権力奪取に向けての凄まじい情念、
ライバルを蹴落とし、叩き潰す容赦なさ、相手を篭絡する時にみせるアメとムチの使い分け。どれもこれも尋常ならざるものがある。野中に潰された政治家も柿沢弘治ほか数知れない。しかし相手を潰し破壊するのは得意でも、その結果何をやりたかったのかという政治家としてのロマンが見えてこない。目先の取引、対立する相手と相手の間にたって両方から重宝がられ影響力を拡大する
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 非常に優れた伝記 2009/1/27
投稿者 aswd
形式:単行本
異能の政治家、野中広務を描いた伝記。
著者は、一般的なマスコミ報道では触れられない、被差別部落出身という出自についても真正面から取り組み、そのような視点を通じて、野中の実像に迫っている。
ただでさえ政治家と取材者との間合いは常に難しいと言われるし、本書の取材がされた当時、野中は未だ議員在任中であった。
しかし、野中に対する遠慮は感じられない。光・陰の両面が見事に描かれている。
後に出版された「野中広務 権力の興亡 90年代の証言」(野中へのインタビューに基づき構成されたもの)と比べても、はるかに迫力に満ちている。
一級の伝記だと思う。
このレビューは参考になりましたか?
78 人中、67人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 gehararigo
形式:文庫
野中広務;不思議な政治家だと思っていました。田舎の町長から府議会議員へ、そして50歳半ばで中央政界に来たら、わずか10年余で権力の中枢へ上り詰め、小泉政権からは抵抗勢力の代表として引退を余儀なくされた男。 ある時は保守、ある時は親共産党知事の懐刀。 そして誰よりも役人と同僚政治家に恐れられた男。反面、弱者には優しい男。このような男の真相に、気鋭のジャーナリストが挑んだ力作です。

野中は言う、「君が書いたことで私の家族がどれだけ辛い思いをしているか」。 それに答えて著者が言う。「誠心誠意書きました。これが私の業なのです」。 野中の育った環境、時代背景、政治的闘争歴が彼の政治家としてのありようを規定したことが克明に語られています。 現在進行形の政治の姿を知るまたとない本といえるでしょう。 また、文庫版は、著者と異彩の元外務官僚佐藤優の対談と佐高信の解説がついており、単体でも読ませる濃い内容となっていました。現代政治とどろどろした地方風土を理解する上でまたとない本としてお奨めです。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 野中広務という人間が好きになった
 野中広務の人生にに迫ったノンフィクション。... 続きを読む
投稿日: 15か月前 投稿者: かっちー
5つ星のうち 5.0 政界裏事情を見物するのには面白い
野中広務は被差別部落に生まれ、国鉄で手腕を発揮したが、出世を妬まれて差別を受け、飛び出して町会議員から町長、府会議員、京都府副知事を経て国会議員になる。完全な叩き... 続きを読む
投稿日: 20か月前 投稿者: 馬頭観音
5つ星のうち 5.0 差別は許せませんね。
権力者の構造がわかったような気がします。しかし,差別は許せませんね。
投稿日: 22か月前 投稿者: 健
5つ星のうち 5.0 老獪な政治家そしてリアルな優しさ
以前より野中広務という政治家に興味があり、本書を購入した。... 続きを読む
投稿日: 22か月前 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 5.0 「野中が一仕事したみたいだな、あのビデオで創価学会をやったみたいだぞ。」
... 続きを読む
投稿日: 2011/6/4 投稿者: あじあちっく
5つ星のうち 5.0 こんな時、野中広務ならどうするだろう。
未曾有の大震災と原発人災に見舞われている今、野中広務が政権の真ん中にいればどう難問をさばいてくれただろうかと、つい思ってしまった。... 続きを読む
投稿日: 2011/5/5 投稿者: みゅうぅぅ
5つ星のうち 5.0 これは一つの詩だ
全面的な善人もいなければ、全面的な悪人もいない。ノンフィクションと名がつくものを読めば、大なり小なりこんな「人間の深み」ついての感慨を抱く。... 続きを読む
投稿日: 2009/11/18 投稿者: nabe_yas
5つ星のうち 4.0 政権交代後の今、彼なら・・・
世襲議員とは違い、叩き上げで権力の中枢まで上り詰めた野中広務という政治家の執念。政治とは権力闘争、そして情報こそが力であるということを再認識。「再び野党に転落した... 続きを読む
投稿日: 2009/11/4 投稿者: 呑舟
5つ星のうち 2.0 傲慢
「野中広務とはなんだったのか?」
野中広務を考えることは田中角栄を考えるのと同じ位、昭和の日本政治を考察する上で重要な論点である気がする。... 続きを読む
投稿日: 2009/9/30 投稿者: 凱晴
5つ星のうち 5.0 二つの顔を持つ政治家
「よくぞここまで調べ上げたものだ」そう感服させられるのは、ノンフィクションを読む醍醐味の一つだ。... 続きを読む
投稿日: 2009/9/11 投稿者: ジロー
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック