Amazon Kindleでは、 重版出来!(1) (ビッグコミックス) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 非常に良い 詳細を見る
価格: ¥ 344

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
重版出来! 1 (ビッグコミックス)
 
イメージを拡大
 
1分以内にKindleで 重版出来!(1) (ビッグコミックス) をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

重版出来! 1 (ビッグコミックス) [コミック]

松田 奈緒子
5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (33件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 596 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 --  
コミック ¥ 596  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
会員登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

重版出来! 1 (ビッグコミックス) + 重版出来! 2 (ビッグコミックス) + 重版出来! 3 (ビッグコミックス)
合計価格: ¥ 1,788

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

マンガに関わる人々の超骨太人間ドラマ!

「マンガ」は、漫画家だけのものじゃない。
編集者、営業、宣伝、製版、印刷、デザイナー、取次、書店員…。
数えきれないマンガの裏方たちのリレーで、読者の手に届くもの。
そう、裏方の熱き想いがあるからこそ「マンガは売れる」んです!

マンガに関わる一人ひとりの人間ドラマをぐいっと描く本作、
全ての仕事人へのエール漫画です!!!

【編集担当からのおすすめ情報】
このマンガ『重版出来!』は、多くの取材を重ねて作っています。
取材のたびに、マンガに関わる誰もが愛情を持って働いていることを
痛感します。その熱を著者の松田さんが吸収して描かれる本作、
担当は毎回毎回そのドラマに泣かされています!
「マンガという商品はどうやって作られるのか?」に興味がある方も、
ぜひぜひお読みください!!


登録情報

  • コミック: 206ページ
  • 出版社: 小学館 (2013/3/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091850405
  • ISBN-13: 978-4091850409
  • 発売日: 2013/3/29
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (33件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 おもしろかったよ? 2014/2/9
By kato-
形式:コミック
まあ、うん、おもしろかった。
でもちょっと引っかかる点が。この一巻の肝となる営業の話。
一度目はこの営業さん立ちすごい、優秀って読みましたけど、実際はそんなでもないですよね。
だって、あくまで売れ出したものを後押しするだけですもん。

彼ら、数字の変化を見て初めて漫画を読み始めてる。
漫画を読んで、おもしろい、読んで欲しい、だから売りだそう。そういうんじゃない。
編集と営業がタッグをくんでうんぬんの話しだと思うけど、物足りない以前に、営業が自社が売っているものを把握していない。
現実で本当にこんな、おもしろいんじゃなく、数字が動いたから売りだそうとするなんてのが営業の仕事だって言うなら、出版不況も自然のことだろう。

あと、これは二巻の内容にも少し触れるが、営業が最低部数でいくと押し切った漫画はその後重版出来を重ね続けているらしい。
どれだけ無能なんだ、ここの営業は。
このレビューは参考になりましたか?
28 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 面白いけど・・・ 2013/11/28
形式:コミック
この作者のマンガ初めて読みました。
どこか水墨画の様なタッチで力強く、作者の呼吸が感じられるような線が心地良いです。
激押しされてるだけあって面白いですが、いくつか引っかかる点が・・・

まず社長の立志伝的なエピソードは何か新興宗教の勧誘マンガみたいで居心地が悪いです。

それから一巻の最後で営業さんや書店員さんたちの「売れたんじゃない、売ったんだっ!」からの見開き2ページのドヤ顔は・・・
消費行動は現代社会では投票みたいなもんだと思うんです、あれって当選した政治家が選挙後に「当選させてもらったんじゃない!俺の力で当選したんだっ!」って宣言してる感じでは?
メタ構造を自動的に持ってしまう作品だと思うので、作中では営業部長の独白なのかもしれませんがどうしてもそうは感じられませんでした。

二巻は買わないかな・・・でもちゃんと面白いですよ。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 既視感覚えるキャラ 2014/2/10
形式:Kindle版|Amazon.co.jpで購入済み
Kindleで二巻まで読み終わりました。
面白いかな?面白いといえば面白いかも。ただちょっと劇画チックで古臭いような。
昭和か?と突っ込みたくなります。
編集長のキャラが「チャンネルはそのまま」の上司に被って見えたり。
あまりオリジナリティないのがちょっと残念。
つまらなくはないのですが。
このレビューは参考になりましたか?
40 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 やや一本調子な「働きマン」 2013/4/2
形式:コミック
「働きマン」のようなマンガを読みたい人にはお勧めです。
(腐している訳ではありません、念のため)
主人公が新卒という事も有って、話がスルスルと進みすぎるのは
やや面白くないかな・・・。
このレビューは参考になりましたか?
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 出版業界の葛藤の表現 2014/1/5
形式:Kindle版
確かに、主人公の成長物語のように(あるいは社長個人のストーリーとして)読んだ場合、
うまくいきすぎである、自己啓発っぽい、といった批判はあり得るだろう。
しかし、このストーリーやそこに現れる人物を出版業界の抱える思い、葛藤の「デフォルメ」であると考えながら読んでみると、
漠然としていた業界の仕事のイメージが少しずつ明確になっていくように感じられた。
ストーリーとしても抑揚があって読んでいて単純に面白かった。
というわけで、少なくとも業界部外者かつ関心がある人にとっては楽しめる一冊なのではないだろうか(なので星4つ)。

ところで、昔、ある雑誌で「雑誌が本(出版業界)の特集をし始めたらピンチ」というのを読んだ。
(比較的手軽に取材できるとか、内輪だとか言った理由だったように思うが)
この漫画が注目されたという状況をメタに考えてみるのも面白いかもしれない。
このレビューは参考になりましたか?
171 人中、116人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 どうしても 2013/4/4
By T
形式:コミック
働きマンと比べてしまうなぁ。業界漫画ってその外にいる人たちから見れば未知の世界だから
ある程度描けてれば(ファンタジーなのは大前提)面白く感じるものなんだけど、なんか物足りなさを感じてしまった。
なんというか、初めと途中と最後で印象の違う漫画というか、大元の筋みたいのがブレてるように思った。
あと主人公(それ以外もだけど)がまったく好きになれないってのもあるかな。
自分の勝負運をつけるためにボランティアだのお参りだのの「いいこと」するってのが特に引っかかるのかな。
なんだ、「いいこと」って…、って思ってしまう。
それは俺が、もし運というものが存在するならば、意識せず行う「いいこと」の
後についてくるものであってほしいと思っている頭の固い人間だからかもしれない。
お参りってむしろ自分のためにするもので、果たして恩着せがましく「いいこと」の範疇に入れていいのか?
それとも「自分にとっていいこと」という意味なのだろうか。
それだと自分以外の何かの力で左右される運云々の問題じゃなくて、
負い目や後ろめたさ、言い訳の余地などをなくすという、気持ちの問題になるだろう。
突き詰めると、そういったものも含めて「運がある」というのかもしれないけど…。
社長も当選くじはしか
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 4.0 感動しました。働くことって楽しいことを教えてくれます。
主人公もその他の人物もイキイキとして応援したくなるひとばかり。
投稿日: 11日前 投稿者: hiro31
5つ星のうち 5.0 黒沢心と同じ熱い思いは今も私にあるか
... 続きを読む
投稿日: 20日前 投稿者: yukkie_cerveza
5つ星のうち 5.0 最高!!!
久々に爽快な想いを感じられる漫画だと感動しました。
続きが気になる
投稿日: 1か月前 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 5.0 こんな人と一緒に働いてみたい
出版業界に限らず、
採用する側は
「この人だったら一緒に仕事をしてみたい」と
思わせる学生を探すため... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: ポチ丸
5つ星のうち 2.0 この絵が無理
『働きマン』は読んでないので比べる漫画もなく、面白かったです。... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: かがみん
5つ星のうち 4.0 まっすぐで気持ちいいです
一直線で、安心して読んで元気になれる作品ですね。マンガ、久しぶりに読みました。
投稿日: 3か月前 投稿者: こにたん
5つ星のうち 5.0 テレビで取り上げられてて読みました!
まるで一巻の内容そのものの様な、この本との出会いでした。
本当は紙の本で買うべきだったかな。Kindle版で買ってもうた。
投稿日: 3か月前 投稿者: 粟屋和弘
5つ星のうち 4.0 作家さんや営業さん、書店の店員さんのドラマがしっかりと描かれていて、いい!
ちょっと大げさな表現だったり、キャラクターに共感できない部分もあるけど、面白い。... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: hana*
5つ星のうち 4.0 なんでもかんでも売ろうとする出版業界は嫌だけど
漫画としてはとても面白いと思います。

人間ドラマをうまく絡ませていて
テレビドラマになりそうな題材です。... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: 芝生
5つ星のうち 5.0 嫌な人物が出て来ず、非常に後味が良いのが魅力
マンガ編集部に入った新入社員が
いろいろな漫画家や他の社員と関わっていく話。... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: D.IKUSHIMA
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xab8b5d74)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック