Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
釈尊の生涯と思想 (仏教文化選書)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

釈尊の生涯と思想 (仏教文化選書) [ハードカバー]

水野 弘元
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



キャンペーンおよび追加情報


この商品を買った人はこんな商品も買っています


登録情報

  • ハードカバー: 292ページ
  • 出版社: 佼成出版社 (1989/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4333013941
  • ISBN-13: 978-4333013944
  • 発売日: 1989/05
  • 商品パッケージの寸法: 19.6 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,188,111位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 「自灯明、法灯明」の真相 2009/8/28
投稿者 vivekatrek VINE メンバー
形式:ハードカバー|Amazonで購入
“釈尊は今までの禅定や苦行の努力が誤っていたことを知り、菩提樹下において禅定思惟を始められた。それは、四禅定、四無色定、滅尽定の九次第定という悟りの禅定であった。これによって、初夜には宿命明(過去に関する智慧)、中夜には天眼明(未来に関する智慧)、後夜には漏尽明を得て、仏陀となられた。”という本書の記述は、極めて重要である。

なぜか? 「四無色定」は無所有処定と非想非非想処定を含むので、最高の「止」の瞑想である。しかし、これらの瞑想では不十分とした釈尊は「滅尽定」を独創して「止」の瞑想の上に置いたのである。しかもそれは、「滅尽定⇒宿命明+天眼明⇒漏尽明」という「観」の瞑想なのである。「止」の後に「観」を行うのが、非凡な独創なのである。つまり、「宿命明(過去に関する智慧)=苦聖諦+苦集聖諦」であり、「天眼明(未来に関する智慧)=苦滅聖諦+苦滅道聖諦」が統合されて、「滅尽定≡漏尽明≡苦聖諦+苦集聖諦+苦滅聖諦+苦滅道聖諦」という驚くべき結果に導かれたのである。

ブッダ釈尊の九次第上によれば、「止」の瞑想は物質的な束縛からも精神的な束縛からも自由になるための瞑想であり、「観」の瞑想すなわち「四聖諦」の瞑想は「止」の瞑想が究極に至らない限り起動しないように思われる。しかし、悟りの光を獲得したブッダ釈尊は、後に「アーナパーナサティ経」によって、凡夫が取り組みやすい「止観」の瞑想を残してくれた。これが、「自灯明、法灯明」の真相である。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック