Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
邪悪 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

邪悪 (ハヤカワ・ミステリ文庫) [文庫]

ステファニー ピントフ , 七搦 理美子
5つ星のうち 3.2  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,015 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
通常10~13日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1905年、ニューヨーク郊外で猟奇殺人が発生。被害者の女性は刃物で切り裂かれたうえ、鈍器でめった打ちにされており、現場は筆舌に尽くし難い惨状だった。捜査を開始した刑事のジールは、犯罪者の行動と心理を研究するシンクレア教授なる人物から連絡を受ける。事件前に今回の手口と酷似した妄想を語っていた男がいるというのだが…サイコ・サスペンスと歴史ミステリを見事に融合させた、アメリカ探偵作家クラブ賞受賞作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ピントフ,ステファニー
コロンビア大学ロースクールを卒業し、ニューヨーク大学で文学博士号を取得。検事、教職などを経て、2009年のデビュー作『邪悪』で、セント・マーティンズ社とアメリカ探偵作家クラブが共催した第1回ミナトーブックス・ミステリコンテストの第一席を獲得。同書はアメリカ探偵作家クラブ賞最優秀新人賞に輝いたほか、アガサ賞、アンソニー賞、マカヴィティー賞の各新人賞にもノミネートされるなど高い評価を得た。夫と娘とともに、ニューヨーク市マンハッタンで暮らしている

七搦/理美子
津田塾大学国際関係学科卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 478ページ
  • 出版社: 早川書房 (2011/1/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4151791019
  • ISBN-13: 978-4151791017
  • 発売日: 2011/1/21
  • 商品パッケージの寸法: 15.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 325,970位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 Wakaba-Mark
アメリカにおけるミステリーの最高峰、「MWA(アメリカ探偵作家クラブ)賞」の’10年度ベスト・ファースト・ノヴェル(最優秀新人賞)受賞作。また、セント・マーティンズ社とMWA共催の「第1回ミナトーブックス・ミステリコンテスト」で第1席を獲得、アガサ賞、アンソニー賞、マカヴィティー賞の各新人賞にもノミネートされた、ステファニー・ピントフのデビュー作である。訳者はT・ジェファーソン・パーカーの諸作の翻訳で有名な七搦(ななからげ)理美子。

1905年、ニューヨークの北の郊外ドブソン。警察官が署長と‘わたし’こと30才の刑事サイモン・ジールのふたりだけのこの静かな町で、11月7日、実に1893年の冬に起きて今だ未解決という農夫の射殺事件以来という、若い女性の惨殺事件が起きた。現場へ駆けつけ初動捜査を行った‘わたし’のもとへ、コロンビア大学法学部教授で仲間と犯罪学研究所をひらくシンクレアなる52才の男が、電報を寄こしたうえで訪れる。彼は、自分が3年間にわたって研究対象としてきた、今でいう社会病質者(ソシオパス)のフロムリーという男こそ最重要容疑者だと言う。

ストーリーは6日間の‘わたし’とシンクレアの、困難を極める捜査が描かれる。ようやく指紋による鑑別方法がロンドンのスコットランド・ヤードで採用されたばかりのこの時代に、被害者の日常や人間関係を調べ
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 どうも面白味を感じにくいんだが... 2011/3/24
米国人にとっては、100年前のニューヨーク近郊が舞台ということで、郷愁=ノスタルジーをかき立てられ、物語への
没入度=好感度が上がり、結果評価も上がるという事だと愚考するが、それが無ければプロット自体それ程捻られている訳でもなく、不気味さは
確かに感ぜられるが、緊迫度もそれ程凄い訳でもなく(←ここら辺りが、後書きで”おっとり”と評される所以と思うが...)
なにがそんなに”邪悪”なのか...
結果全体としてミステリーとしては普通=☆3との読後感。

それと、肝心なところに、”こじ付け”と”いい加減”な臭いを感じてしまった。
1. 出会って2〜3日なのに、何ゆえ、サイモンはアリステアをそこまで信頼して、絆を感じとるのか?
  邪推するまでもなく、サイモンがアリステアの義理の娘を気に入ってしまい、無理やり絆を欲しがっている?
2. 基金からアリステア充てに振り出された小切手を、さらに第三者に譲渡させて、この第三者のサインを偽造する
  という仕組みの説明があったのだが、アリステアのサインも偽造する必要はないのか?
  銀行での換金だと思うが、そんな簡単に銀行騙して横領出来たのか? 公証人役場制度とかは如何活用されていたのか?
3. ボトラーとかいう金貸しだが、名
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 3.0 続編に期待かな・・・ 2011/12/23
投稿者 Coffey man トップ1000レビュアー
舞台は1905年のニューヨーク郊外、自身の知識的に空白の時代である点とアメリカ探偵作家クラブ賞受賞という冠から購入しました。主人公のサイモン・ジールは当時証拠として認められていない指紋などの科学捜査に注目している過去に心の傷のある刑事のキャラは書き込まれていますが、その相方となる犯罪心理学教授のシンクレア教授の人物像の描写がやや甘いように思いました。本作はシリーズものとして続編がかかれているようなので徐々に書き込まれていくのでしょう。

事件は「羊たちの沈黙」を思わせる王道のサイコ・サスペンスとなっています。時代をひねりにしている点が新鮮です。また時代考証に力を入れており、当時のアメリカ社会生活がどんなものだったかという点も楽しめる要素だと思いました。

派手さはないものの今後大化けする伸びシロを持った作品だと思います。新し物好きさんであれば先物買いとして手にとってもいいのではと思います。
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 2.0 面白みが無かった 2011/12/3
投稿者 hoge2
あまり物語世界に没頭することが出来ず、百数十ページほどで読むのを止めてしまいました。
単に他の面白そうな本を先に読み始めてしまったというのもあるのですが、20世紀初頭のニューヨークという舞台の魅力が伝わってこなかったことも大きかったと思います。また主人公となる刑事も類型的な描写どまりで面白みがありませんでした。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 dh4189 VINE メンバー
刑事と犯罪心理学の教授のコンビによるシリーズの第1作。アメリカ探偵作家クラブ最優秀新人賞受賞作品。

MWA新人賞他、いくつかの新人賞にもノミネートされたようで、それなりに期待して読んだ。確かにそこそこ面白いと思うものの、この作品が傑作かと言われれば、ちょっと違うかなという感じの、ある意味微妙な評価の作品。作品そのものの出来は、まずまず良いと思うが、受賞作品であるとか、或いは、内容紹介の文にある、「サイコ・サスペンスと歴史ミステリを見事に融合させた」といった説明、また、このかなり強烈なタイトルから、どうしても読む前の期待値が上がってしまい、その意味で若干損をしているかもしれない。

個人的な見解としては、残念ながらこの作品がサイコだとも歴史ミステリだとも思わない。サイコというと、もっとぶっとんだ、それこそトラウマにでも残りそうな陰惨な事件と異常な犯人像をイメージするが、この作中の犯人はそこまで入ってないように思う。また、確かに舞台は20世紀初頭のニューヨーク近郊であるが、それだけで歴史ミステリというのは、頂けない。

変な先入観を持って読まなければ、テンポも良いし、それなりにまとまっているのでなかなか良いと思う。また、この日本語訳が出版されたのが、2011年1月なのに、2作目の翻訳がすでに7月に出ていることを考えると
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック