通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
遥かな&... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに少々使用感あり。経年の薄ヤケあり。その他、中身に少々使用感がありますが、書込みなくそれなりに良い状態です。迅速・安心・安全のAmazon配送センターから発送いたします。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

遥かな町へ (ビッグコミックススペシャル) コミック – 2004/11/30


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 790


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

遥かな町へ (ビッグコミックススペシャル) + 父の暦 (ビッグコミックススペシャル) + ふらり。 (KCデラックス モーニング)
合計価格: ¥ 3,538

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

遥かな町へ (ビッグコミックススペシャル) [コミック] [Nov 30, 2004] 谷口 ジロー

登録情報

  • コミック: 406ページ
  • 出版社: 小学館 (2004/11/30)
  • ISBN-10: 4091837158
  • ISBN-13: 978-4091837158
  • 発売日: 2004/11/30
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

41 人中、40人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 TaroTaro トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/4/22
形式: コミック
‘99年に上下2巻で発売されたものを1冊にまとめた作品。原作はなく著者のオリジナル作である。

都会に住む48歳の男がタイムスリップして14歳の頃に戻ってしまう。記憶はそのままである。つまり48年の人生を経験した14歳である。人生をやり直しているようなものだ。身体も軽いし、勉強、友人、全てが新鮮である。

男の父は、家庭は円満だったにもかかわらず、彼が14歳のとき、誰にも何も告げずに家を出てしまっている。彼はその理由をいまだに知らない。タイムスリップした彼は、父が家を去る時になんとか引き止めようと説得するのだが、父の気持ちが理解できたと同時に自分の気持ちにも気付いてしまった“48歳”の彼は止めることが出来ない。結局、何も変えることが出来ないまま彼は記憶を取り戻し、もとの生活に戻る。そして、ある日、家に届いた小包を開けると…。

ストーリーとしては目新しいものではないし、小説だとしたら力量がある作家でないと駄作になりそうである。しかし、これが谷口ジローの絵(人物だけではなく背景もふくめた絵である)で描かれると素晴らしい作品となる。大人のマンガである。原作なしのオリジナルとしては代表作の一つに数えられるだろう。

谷口ジローは欧米での評価が高い。この作品もヨーロッパでいくつかの賞を受賞している。詳しくはわか
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
31 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kyotopop 投稿日 2005/9/14
形式: コミック
 中年サラリーマンの主人公が、突然14歳の頃にタイムスリップする。失われた故郷を懐かしみ、忘れかけていた過去に問いかける。母は本当に幸せだったのだろうか。その鍵を握る父はなぜ突然失踪したのか。そして、祖母の口から語られる二人の過去を知ることで、その答えを探しはじめる。
 48歳の経験・知識と14歳の肉体をもって追体験する新しい過去は、全く別の輝きを放つ。雄大なる山陰の空気に触れ食べる弁当の旨さ、苦手だった体育も、つまらなかった勉強も、全てが新鮮に感じる。話すこともできなかった憧れの人との濃密な時間。思い出すことさえなかった友との友情。
 しかし、決定的な過去の出来事は、小癪な干渉を厳然と拒絶する。知らなかった真実を知った。ただそれだけ。何も変わらない。ただ、子供の頃の自分はなす術がなく、大人の自分は父の秘めた想いに共感し諦観する道を選んだにすぎない。
 「きっと誰も大人になんかなれないのだろう・・・ 人は気持ちの奥深いところに 子供のままの自分を持ち続けている・・・」
 主人公は、最後まで標準語でしか話さない。故郷の言葉を失った異邦人である。結局のところ、傍観者にすぎないのだ。その不確かな存在は、当然のように大いなる時の流れ、歴史と呼んでもいいかもしれない濁流に呑み込まれ、いくつかのささやかな未来の追憶はふいに中断される。そして、現実に戻る。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 じんじん 投稿日 2007/10/22
形式: コミック
 この漫画は、毎日仕事で忙しく家族を省みない中年サラリーマンが、ある日、中学時代にタイムスリップするお話です。全てを読み終えたあと、「自分もあの時ああしていれば・・・」と後悔の念が突き刺さりました。と同時に、人は「別れ」を経験して成長するのだなと感じました。古き良き「昭和」を静かに描いた心温まる一冊です。映画化を強く希望します。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 おじいさん VINE メンバー 投稿日 2007/9/1
形式: コミック
 これは おおきな 創作者による 渾身の作品と思った。
 若者には 理解困難かもしれない。年寄りには 夢と希望と哀愁をあたえてくれる作品。
 かって このような 作品にはであったことはない。
 この作品は 谷口ジローが 自分で構想し 創り上げた奇跡の作品である。
 48歳の主人公は 突如 『時をかける少年』となる。
 中学生に戻ったのだ。
 しかも、48歳生きてきた経験をもっったまま。
 場所は鳥取県倉吉市。この町で 彼は少年時代生きていたのだ。祖母、母、父、妹。

 少年は 身体が軽くなる。走ることに苦痛なし。
クラスの 皆のあこがれのまと 賢く美しい少女と つながり、お互いを愛し合う。このあたり、おませで勇気がないとできない行動だ。周りも認めてゆく。
 ぼくは この少女を愛する。これほど美しく賢い少女を見たことがない。
 彼女の姿は 下巻の第5章「夏の風景」の巻頭の絵を みてほしい。
 すばらしい。

 さらに 個性あふれるおませな友人達。
 こんなこと あの時代に この倉吉市では 実際にあったのだろうか。
=======
 父は黙々と仕事をし家族のことを配慮している。その父が 失踪する!それをとめよ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック