¥ 1,512
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
運命を&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

運命を変える本物の言葉 単行本 – 2007/7/26


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

運命を変える本物の言葉 + 運に選ばれる人  選ばれない人 (講談社+α文庫) + 「勝負強い人間」になる52ヶ条―20年間勝ち続けた雀鬼がつかんだ、勝つための哲学 (知的生きかた文庫)
合計価格: ¥ 2,788

選択された商品をまとめて購入



オールタイムベスト ビジネス書100
これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

計算を超えた生き方が本物になる。見えない道を歩けるか?矛盾を生きられるか?死ぬまで人生のプレイヤーでいられるか?石橋をたたかないで渡れるか?意識と行動を変え、「偶然」を「必然」にする66の力。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

桜井/章一
東京・下北沢生まれ。大学時代に麻雀に触れ、のめり込む。昭和30年代後半、裏プロの世界で勝負師としてまたたく間に頭角を現す。以来、20年間「代打」として超絶的な強さを誇り、「雀鬼」の異名をとる。その間、一度も負けなしの無敗伝説をつくった。現役引退後、著者をモデルにした小説、劇画、映画などで、その名を広く知られるようになる。現在、麻雀を通して人間力を鍛えることを目的とする「雀鬼会」を主宰、全国から集まった若者を指導している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 189ページ
  • 出版社: ゴマブックス (2007/7/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4777106888
  • ISBN-13: 978-4777106882
  • 発売日: 2007/7/26
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 506,406位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
3
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2007/7/31
形式: 単行本
氏が常に言っているのは、自然体でいられる人間が強いのだということに尽きる。
ただ、自然体でいるためにはそうであるための準備や感覚、日頃の姿勢が大切だという。氏の言葉へのコメントはふつうのことだが、言葉そのものは奥深い。
コメントでもっと人間の精神部分に突っ込んで解説してほしかったので、星1つマイナス。
66の氏の言葉があるが、この部分だけを読んで反芻するだけでも運命を引き寄せることができるかもしれない。雀鬼がスパッと言い切っている姿が想像できる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 リンタロー 投稿日 2009/8/19
形式: 単行本
65の言葉について、その言葉の意味を著者のコトバで語られている。
著者は一体何者であろうか。
百戦錬磨の麻雀打ち、
その勝負についての見識がかくも明確な実践哲学に表され、
強いメッセージとなっている。

「考えるな、感じろ」(P67)
風にでも吹かれてみますか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 soukaiya123 投稿日 2007/9/20
形式: 単行本
確かに結構斬新で、人間哲学を究めた最強の言葉といっても過言ではないと思います。
人間哲学に興味がある私にとっては共感できる部分や、勇気付けられた部分がたくさん
ありました。
 ですが、著者は麻雀師?だそうで、サラリーマンで生きる人にとっては
理想論?との取れるので☆4つです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック