運動会のビデオカメラ撮影テクニック

わが子の活躍を目の前にできる一大イベント、運動会。これを機にビデオカメラの購入を考える方も多いのでは?はじめてでも簡単に実践できる、ビデオカメラの撮影テクニックをご紹介。

正しい撮影フォーム

安定した美しい映像を撮影するには、まず正しい撮影フォームから。前日までに正しいフォームを練習しておこう。

【持ち方】

左手で液晶画面を持ち、右手でムービー本体を持とう。ボタン操作しやすい位置に指を置くのがポイント。

【立ち方】

足を前後左右肩幅くらいに開き、姿勢を安定させる。ワキがあまかったり足を閉じているとブレの原因になるので注意。

撮影の心がまえ

【撮影のイメージをしてみよう】
事前に配られるプログラムを見て、わが子の出番を事前にチェックしておこう。また、当日わが子を見つけやすくするために、靴下の色・柄を目立つものにしておくと分かりやすくておすすめ。

【メモリーの容量をチェックしよう】
ビデオカメラの内蔵メモリーやSDカードの残量を確認しておこう。メーカーにもよるが、内蔵メモリーは32GB以上あると、長時間撮影時にも余裕をもって撮影に臨める。

【バッテリーを充電しておこう】
撮影前日にバッテリーをフル充電しておくのはもちろんのこと、予備のバッテリーを用意しておくと、“ここぞという時に電池切れ”なんてことにならなくて安心。

【おすすめビデオ】Canon R62なら、内蔵メモリー32GBでたっぷり撮影できる

Canon ビデオカメラ R62」は、内蔵メモリーがたっぷりの32GBだから、長時間の撮影でも余裕をもって撮影に臨める。
さらに4つのブレ補正を自動で切り替える「マルチシーンIS」や、撮影シーンに合わせて自動で適切な設定にしてくれる「こだわりオート」等、はじめてでもオートできれいに撮れる機能が充実。

徒競走編

徒競走はスタート地点からゴールまで、いかにわが子を捉えながらバランスよく全体も撮影するかがカギ。
撮影ポジションも事前に決めておき、感動のゴールシーンを逃さず撮影しよう。

【撮影ポジション】

徒競走はゴール前がベストポジション。事前に撮影ポジションを確保しておこう。

【1. スタート地点】

スタート地点は順番を待つ間と、ピストルが鳴るまでの緊張の表情を撮るのがポイント。撮る時はアップで撮ろう。

【2. 中間地点のカーブ】

中間地点のカーブではパンニング(カメラを左右に振る)をしよう。追従フォーカスモードでわが子をロックし、追いかけながら撮影すれば、一生懸命な表情をなめらかに撮影できる。

【3. ゴール地点】

ゴールシーンはわが子に向かって徐々にズームイン。最後はやりきった表情をアップで残そう。傾き補正が付いているビデオカメラだと、カメラが自動で水平に補正してくれるので美しい映像に。

【おすすめビデオ】Panasonic WX970Mなら、4K&HDRで子どもをきれいに撮ることが可能

Panasonic WX970M」は、4K30Pに対応した小型ビデオカメラ。総画素数1891万画素の圧倒的な4K画質ながら、447g(バッテリー含む)の小型軽量化を実現。4Kでありながら、光学20倍ズームも搭載し、“運動会をきれいに撮りたい”お父さんに最適な一台となっている。
また、「5軸+傾き補正」や映像の明暗差を補正する「HDR動画記録」を搭載。これにより、手ブレや明暗差などの失敗リスクをさらに低減し、きれいな画質でわが子の雄姿を残せるようになった点も魅力だ。

団体競技編

団体競技は、たくさんの子ども達の中からわが子を逃すまいと、ついついアップになりがち。
アップと全体の様子をバランスよく撮影するのがポイント。

【アップだと…】

わが子の様子は分かるが何をしているか全体の状況が見えない。

【全体の様子も大切】

広角のビデオカメラなら、全体の状況が分かりわが子の活躍シーンもバランスよく残せる。

【おすすめビデオ】Panasonic W870なら、ワイプ撮りで全体もわが子のアップも両方残せる

Panasonic W870」は、2つのシーンを同時に録れるワイプ撮り機能を搭載。玉入れや組体操などの団体競技で全体の様子とわが子のアップを同時に記録するのはもちろん、頑張るわが子と応援する撮影者のお父さんの同時録画など、使い方はいろいろ。

運動会が終わったら

運動会の思い出は、競技中だけでは終わらない。運動会後の感想インタビューや、ひとまわり成長したわが子のかわいらしい寝顔など、大切な瞬間を最後までしっかり記録しよう。

お父さん、お母さんの「お疲れさま」の声も録音しておこう。

【おすすめビデオ】JVC E745なら、高感度裏面照射CMOSセンサーで室内など暗所に強い

裏面照射なし

裏面照射あり

JVC E745」は、裏面照射CMOSセンサーを搭載。暗所など暗いところでも撮りたい被写体を明るくきれいに撮影できる。さらに動画撮影中の決定的瞬間を簡単に切り取って静止画にすることもできるので、なかなかカメラでは捉えにくい運動会での決定的瞬間も写真にできる。