通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
進撃の巨人 Before the fall (講談... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

進撃の巨人 Before the fall (講談社ラノベ文庫) 文庫 – 2011/12/2

5つ星のうち 3.6 25件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 進撃の巨人 Before the fall (講談社ラノベ文庫)
  • +
  • 進撃の巨人 Before the fall2 (講談社ラノベ文庫)
  • +
  • 進撃の巨人 Before the fall3 (講談社ラノベ文庫)
総額: ¥1,901
ポイントの合計: 61pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ただ『巨人』に捕食される人類は、壁の内で生存するだけだった。工房で働く主人公・アンヘルは、壁の外を調査する調査兵団を『巨人』から守る兵器を開発していたが、誰も『巨人』の弱点を知らず未だ彼らを倒した者はいない。数々の屍を乗り越えてアンヘルは巨人に対抗しうる唯一の《装置》の開発に着手する。大人気コミック『進撃の巨人』の前日譚がいよいよオリジナル小説として登場!

内容(「BOOK」データベースより)

『それ』はどこから現れて、何のために存在するかすらわからない。ただいたずらに捕食される人類は、壁の内側に生存するくらいしか出来なかった…。工房で働く主人公・アンヘルは、壁の外を調査する調査兵団を『巨人』から守る兵器を開発していた。しかし誰も『巨人』の弱点を知らず、未だ彼らを倒した者はいない。数々の屍を乗り越えてアンヘルは巨人に対抗しうる唯一の“装置”の開発に着手する。しかし保守派はわざわざ『巨人』に立ち向かう必要はない、と訴え、調査兵団の解散決定が下された…。このまま人類は『巨人』になすすべもなく怯えて過ごすのか!?大人気コミック『進撃の巨人』の前日譚がいよいよオリジナル小説として登場。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 290ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/12/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406375202X
  • ISBN-13: 978-4063752021
  • 発売日: 2011/12/2
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 109,979位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
タイトル通り、原作より遙か過去の話となります。

具体的には「ウォールマリア陥落前の世界」であり
巨人を倒す方法はおろか、戦術、武器さえ確立されていません。

主人公アンヘルは調査兵団への武器を製作する一流の武器職人で
直接調査兵団の任務にも絡んできて活躍します。
感情の起伏が真っ当と言うか、個人的にとても感情移入できる主人公。

原作読んで無い人の目にどう映るかは、ある意味おもしろいですが、
知っている方、より深く世界観を知りたい方には
自信をもっておすすめできる一冊。
立体起動装置の詳細や、原作で出てくるカッターのような剣は何なのか?
この一冊で全て解決できます。

そして前述のような資料本みたいなストーリーなのか?

と言うと、原作の緊張感や、巨人との戦いなどもきちんと表現できていて
ファン視点かもしれませんがノベライズ成功と思えます。

アンヘルが主人公の物語はこの一冊で完結するようなので
綺麗にまとまり、終わっているところも素晴らしいです。
コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
TVアニメ版を視聴中なのですが、その圧倒的な世界観と熱いストーリーに魅了され、原作コミックはアニメ終了後に購読するつもりで、ノベル版はその前日談ということなので、3巻まとめて購入、読了いたしました。
内容については、他のレビューアーの方々が概ねおっしゃる通り、「巨人」の世界観を気に入られた方なら、読んで損はないと思います。
しかし、小説としては、人称がコロコロ変わって読みづらく、残念ながらとてもプロの物書きさんとは言えないレベルなので、「巨人」に強い思い入れのない方にはお勧め出来ません。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
立体起動装置が出来る前の話で、巨人を倒す方法さえもわからない、、、
読んでいて、漫画を見ていて原作を知っている自分はワクワクしました
途中で少し感動的なシーンも出てきたりと、なかなかいいんじゃないですかねw
読む本ないやーとか進撃の巨人漫画全部見た!っていう人がいればこの本を手にとってみるといいかもしれません
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アマゾネス 投稿日 2014/12/15
形式: 文庫 Amazonで購入
どうせなら小説版にしようと思ってこちらにしました。
こちらを読めば立体起動装置の開発秘話がわかることや原作と絡めることでなぜ立体起動装置以外の対巨人武器が出ないのか、なぜ立体起動装置は採用されたのかが分かります。
てか巨人て最初は○○で殺したんですね^ ^
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
マンガの6巻の帯にラノベ版があったので購入してみました。

進撃の巨人といえば立体機動装置で縦横無尽に戦う調査兵団ですが、小説ではまだ開発されてません。
主人公は調査兵団じゃなくて職人です。
とある事件がきっかけで巨人を倒すための武器を作り始めるが・・・。簡単に言うとそんな感じで物語が展開していきます。
立体機動装置が誕生する過程や原作では(まだ?)語られていない設定などがいろいろと入っているので、原作の世界観を膨らませるのに役立つかも。わりと細かい数字まで書いてあるので。

マンガを読んでる人がラノベ版の進撃を買うんだと思いますけど、マンガを読んでなくても大丈夫だと思います。念のため。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 エレン 投稿日 2013/7/23
形式: 文庫 Amazonで購入
本編の進撃の巨人とは違ったエピソードでなかなか面白かったから、またこの小説は10~20代の人にオススメです
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
それなりに面白く読めるが、もうちょっとクオリティの高いものであってほしかった。

たしかに進撃の巨人の設定を使っているし、なるほど過去にはこんな出来事があったかと思えるのだけれど。
どうも「進撃の巨人を読んでいる」という気分にはなれない。
原作との食い違い(壁の中に巨人入ったことあるんじゃん!なかったことにされてたのか!etc)もあるが、それ以前に文章力が…。

原作のほうは画力の低さをも長所に換えてしまっているのに対し、こちらのノベライズ版は単純に怠慢。
特にp152の文は、パッと見ただけで最悪。プロとは思えない。
また肝心の立体機動装置が活躍する場面も、「そこにアンカーを打ち込んで体を一気に引き上げる。」だの「ワイヤーを伸ばして地上に戻ると」だの…

ちゃんと読者を唸らせてくれる文や展開もところどころ混じってはいるので、本気を出せばもっといいものが書けたのでは。
全体的に、「時間に追ながらもとりあえず完成させました」「とりあえず原作人気に乗じて出してみました」感が伝わってくる。
ノベライズ作品なんてみんなこんなもの、むしろ上出来なほう。という人達もいるのかもしれないが…。

挿絵にしても、p117のものはとても10m級の巨人には見えないし、
p228のものはタイミングが遅すぎる(ゼノフォンとホルヘの顔はもっと早くに見たかった)。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック