Amazon Kindleでは、 這いよれ!ニャル子さん GA文庫 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 648
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
這いよ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

這いよれ! ニャル子さん (GA文庫) 文庫 – 2009/4/15


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

這いよれ! ニャル子さん (GA文庫) + 這いよれ!ニャル子さん 2 (GA文庫) + 這いよれ!ニャル子さん 3 (GA文庫)
合計価格: ¥ 1,955

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

深夜。八坂真尋は得体の知れない「何か」に追われていた。どんなに助けを求めても応える声も人もなく、彼は町中をあてどなく逃げまどうしかない。そして息も切れ、自らの最期を覚悟したその瞬間―「いつもニコニコあなたの隣に這い寄る混沌、ニャルラトホテプです」―銀髪の美少女が、とてつもなく意味不明なキャッチフレーズとともに現れた。ニャルラトホテプ改めニャル子曰く、彼女は真尋を狙う悪の組織から、彼を守るために派遣されてきたというのだが…。こうして、真尋とニャル子の異常な日常が幕を開けた。這いよれ、ニャル子!負けるな、真尋!怒涛のハイテンション混沌コメディ。第1回GA文庫大賞奨励賞受賞作。

レビュー

深夜。八坂真尋は得体の知れない「何か」に追われていた。どんなに助けを求めても応える声も人もなく、彼は町中をあてどなく逃げまどうしかない。そして息も切れ、自らの最期を覚悟したその瞬間―「いつもニコニコあなたの隣に這い寄る混沌、ニャルラトホテプです」―銀髪の美少女が、とてつもなく意味不明なキャッチフレーズとともに現れた。ニャルラトホテプ改めニャル子曰く、彼女は真尋を狙う悪の組織から、彼を守るために派遣されてきたというのだが…。こうして、真尋とニャル子の異常な日常が幕を開けた。這いよれ、ニャル子!負けるな、真尋!怒涛のハイテンション混沌コメディ。第1回GA文庫大賞優秀賞受賞作。 --内容(「BOOK」データベースより)

登録情報

  • 文庫: 272ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2009/4/15)
  • 言語: 日本語, 不明
  • ISBN-10: 4797354143
  • ISBN-13: 978-4797354140
  • 発売日: 2009/4/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4  レビューをすべて見る (41件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 61,215位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

関連メディア


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

167 人中、137人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Monta 投稿日 2009/6/12
形式: 文庫
漫画感覚でサクっと読み終われるコメディ。
物語というより、主人公(ツッコミ)とヒロイン(ボケ)の2人による
漫才トークをひたすら読む感覚。
だが、間合いやネタの繰り出しペースが中々に達者で、飽きさせない。
加えて、ギャグに隠れがちだが、基本的な日本語遣いのレベルも高い。

…ただし。
注意しなければならない点が大きく2つある。

・1.クトゥルフ神話の扱いは、かなり浅い

   この本は「クトゥルフ神話」を題材にしている。
   だが、たとえ知らなくても楽しむ上で不都合はない。
   本作を楽しめない可能性があるのは、むしろ、知っている人の方だ。
   ラヴクラフト著作の本質的な部分に思い入れがあって、それらを
   どう上手く萌え化しているのか…といったような観点で読んでしまうと、
   かなりの確率で肩透かしを食う。注意されたし。

・2.ネットスラング系のネタや文体が満載

   掲示板や動画投稿サイトのコメントでよく見るような文章回しが、
   全編にわたって使われている。たまに混じる程度ではない。
   本当に隅々まで満載されており、清々しいほどだ。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
148 人中、118人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2009/4/23
形式: 文庫
そんな気配を感じた作品でした。
というのもこの作品、ラブコメラノベのテンプレートをなぞるとみせかけて、その実、テンプレートに対して全力で突っ込んでるです。

お約束のラブコメに移行しようとすると「あざとい」と切り捨て、フラグを端から折って回り、
ヒロインに暴力を振るわれる主人公というお約束路線など欠片も見せず、
ヒロインに暴力を振るう主人公。
敵は自分を殺そうとはしてないのに、こっちからは殺しにかかる主人公&ヒロイン。
ラストシーン辺りの主人公のSAN値の低下ぶりは爆笑モノでした。

ラノベ業界で飽きもせず繰り返されるお約束の展開に対する、作者の冒涜的な名状しがたき鬱屈が目に見えるようです。

という事で、王道にみせかけて王道を逆進する、曰く言いがたい作品を読んで笑いたい人にお勧めです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 キララン 投稿日 2013/3/8
形式: 文庫
今更ながら「クトゥルー」モノと聞いて、読了記念にレビュー。
「ナイアルラトホテップ」の固有名詞に馴染んでいた私に、ニャル子→「ニャルラトホテプ」
の連想はなかった…。

既存の作品群や、流行のスラングなどを剽窃紛いに切り貼りし、ちょいとクトゥルーで
味付けした二次創作モノ的作品。オリジナリティは薄く、文章力もそれ相応。

どこかで見たようなプロローグから、巻き込まれ体質な主人公君とスーパーヒロイン、
キャラの擬人化・女性化、説明と掛け合いで成立する会話文などなど、王道というよりは、
もはや偉大なるマンネリズムの系譜に連なる、ある意味ラノベらしいラノベ。

『這い寄る混沌』や『コズミックホラー』を連呼する割には、予定調和な展開が多く、
意外性や盛り上がりに欠ける。ストーリーはオマケか。

生粋のクトゥルー好きには焚書刑モノ。

黒史郎「未完少女ラヴクラフト」の方も気になったりして。こちらも中・高生向けかなぁ?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 過去からは逃げられない 投稿日 2014/1/11
形式: 文庫
レビューを見ると主人公からヒロインへのフォーク突き刺しに突っ込んでいる人が多いですが、
すこし一方的ではないかとも思います。

女→男のギャグ暴力はお約束として許されてしまうのがラノベ界ですからね。
ヒロインの主人公への暴力はどんな理不尽でも身勝手ものでも許されてしまう、
それなのに主人公からヒロインの暴力は、それがヒロインの暴走への戒め的なものであっても叩かれまくる。

これは一種の男性差別だといえましょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 辛口御免 VINE メンバー 投稿日 2012/8/17
形式: 文庫
雑誌2冊分の値段と、つぶせる時間を比べて、
納得がいけばOKなんじゃないでしょうか。

話題になっていたので、初めて「ラノベ」と称するものを自腹で買いましたが、
まあ、個人的には嫌いではありませんでした。
これを読んでも知的にはなりえないし、読解力も付かないでしょうが、
そういう目的で読むものではそもそもないでしょう。
人によっては、アニメよりもオタウケ狙いのイタ画がない分、かえって抵抗が
少ないかもしれません。

それにしても、何だか分からない上に無茶苦茶な力を持っている相手に、
フォークを刺す勇気は私にはありません。その辺の設定に少々無理が・・・。(笑)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック