Amazon Kindleでは、 退出ゲーム をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
中古品
¥ 312
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※ご注文前に必ずお読みください。動作に支障のない、中古品の経年劣化による傷・色あせはご容赦ください。商品タイトルに「限定」「初回」などの記載がございましても特典や内容物のない場合がございます。応募券(ハガキ)・帯・シール(カード)などの封入物は原則として付属しておりません。予めご了承の上ご注文ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

退出ゲーム 単行本 – 2008/10/30


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 1

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

穂村チカ、高校一年生、廃部寸前の弱小吹奏楽部のフルート奏者。上条ハルタ、チカの幼なじみで同じく吹奏楽部のホルン奏者、完璧な外見と明晰な頭脳の持ち主。音楽教師・草壁信二郎先生の指導のもと、廃部の危機を回避すべく日々練習に励むチカとハルタだったが、変わり者の先輩や同級生のせいで、校内の難事件に次々と遭遇するはめに―。化学部から盗まれた劇薬の行方を追う「結晶泥棒」、六面全部が白いルービックキューブの謎に迫る「クロスキューブ」、演劇部と吹奏学部の即興劇対決「退出ゲーム」など、高校生ならではの謎と解決が冴える、爽やかな青春ミステリの決定版。

著者について

1973年静岡県生まれ。2002年、『水の時計』で第22回横溝正史ミステリ大賞を受賞し、デビュー。他の著書に『漆黒の王子』がある。いま最も注目される気鋭のミステリ作家。

登録情報

  • 単行本: 262ページ
  • 出版社: 角川グループパブリッシング (2008/10/30)
  • ISBN-10: 4048738984
  • ISBN-13: 978-4048738989
  • 発売日: 2008/10/30
  • 商品パッケージの寸法: 19.3 x 13 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (24件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 645,706位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本の別エディションの内容をブラウズ・検索
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon カスタマー 投稿日 2014/12/17
形式: 文庫
殺人のないミステリーにハマっており、そこから手を出した一冊でした。
魅力あるキャラクター、最後まで「どういう終わり方をするんだろう」と思わせる流れで、すごく楽しんで読めました。
特に好きな話は二つ目の話です。
寒い中で正体不明の白いルービックキューブを回すハルタを想像すると、なんだかすごく絵になる想像が浮かびました。
ただ、高校生にそこまでの知識があるのかなという違和感が少しだけありました。
なぜハルタがそこまで博識なのかということが今後作中で語られるのであれば、もっと納得して読めると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 こぶた 投稿日 2014/5/28
形式: 文庫
表紙に限らず、内容も少女漫画みたいだなと思いました。
ただ、扱う問題が意外にヘビーでそのギャップに驚きますが。
最近の高校生がベトナム戦争がわかるなんてすげ〜と思ってしまいました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2008/12/6
形式: 単行本
廃部寸前の弱小吹奏楽部で、吹奏楽の“甲子園”普門館を目指す幼馴染の二人
――穂村千夏(チカ)と上条春太(ハルタ)――が、部員集めをしながら、その過程
で遭遇した様々な事件の謎を解く《日常の謎》をテーマにした青春ミステリ連作集。

基調は、若干マンガ的な学園ラブコメなのですが、時折シビアな
“現実”を提示することによってギャップを際立たせ、読者に強烈
な印象を与える――という作者ならではの効果的な演出が秀逸。

また、ミステリとしては、ほかに類を見ないオリジナリティあふれる「謎」の創造と、
事件関係者に“癒し”をもたらすカタルシスに満ちた「解明」が特色となっています。

※収録されている各短編の内容については「コメント」をご参照ください。
4 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 があ 投稿日 2010/5/2
形式: 単行本
廃部寸前の弱小吹奏楽部に所属する恋する高校一年生、穂村チカ。
幼なじみの美男子、ハルタとともに、学園に次々と発生する難事件に巻き込まれ奮闘する。

いやぁ、おじさんになってもこういう学園物ミステリは大好きです。
特に好きなのは表題作の「退出ゲーム」。
演劇部に所属する奏者を部員として獲得するために、「舞台から退出すれば勝ち」の演技ゲームを行うことになる。設定と言葉の使い方が巧くて、この舞台劇を見てみたいと感じました。
日本推理作家協会賞の短編部門候補作とのこと。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 VINE メンバー 投稿日 2011/5/8
形式: 文庫 Amazonで購入
あるネットの記事で取り上げられていたミステリ作家ということで、手に取った本書。

本作品は、吹奏学部に所属する清水南高校一年生のハルタとチカの活躍する4編を収めた連作短篇集なのですが、「学園ミステリ」と言うジャンルに40歳代のオジサンとしては躊躇してしまったのも確か。
すでに主人公の親の世代ですから…。

でも、読み始めてみると、案外抵抗なく、読み進めることができました。
それは、著者が1973年生まれのためか、1980年代に学生であったなら良く知っている(逆に言うと今の高校生は知らないのでは)と思われるネタが散りばめられていたから。
もしかすると、本作品の高校生は(設定は現代ですが)現代の高校生ではなく、もう大人になってしまった世代が思い出として記憶している高校生像なのかも…。

さて、肝心のミステリの部分ですが、これが高レベル。
殺人事件が起きない――いわゆる「日常の謎」を扱ったミステリですが、その謎のユニークさに目を奪われます。
収録順にみると…
1【結晶泥棒】
化学部から劇薬を使った結晶体が盗まれた…。犯人の目的は?
2【クロスキューブ】
全面真っ白のルービック・キューブ。その解法は?
3【退出ゲーム】
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 田中与四郎 投稿日 2014/11/12
形式: Kindle版 Amazonで購入
都合のいい偶然が多すぎ、また普通の世界ならありえない展開が多すぎてのめり込むように読めない作品だった。

ある同級生が校内で隠し撮りをしていたのがみんなバレたときでも、
その犯人の友人が「実はただの勘違いで、隠し撮りなんてしてないよ」と訂正し回っただけで、
みんながすんなりと納得する。そんなのありえるだろうか? 
しかも犯人は事件発覚後、急に仮病をつかって休んでるのに。

別の事件でも、ある人が犯人だったと分かったとき、
そいつはそれまでに大勢の人に迷惑をかけたのに、「これで一件落着めでたしめでたし」で終わる安易さ。

そしてラノベまがいの最近の軽小説にありがちな、
「どうしておまえはそこまで蘊蓄を知ってるんだよ><! 脳みそ電脳化してネットに繋がってるのかヨ!」
と言いたくなるほど歩くコンピューター並みの都合のいい人物がこの作品でも見事に登場し、事件解決に絡んでくる。
何の伏線もなしにだ。

実はそいつは、先述した隠し撮りをやってて同級生に見つかったやつだが、
そのことについて本人はなんの後悔も良心の呵責もないらしく、
「これはこうで、君はこんな理由でこんなことをしたんだね」と、
刑事以上の明瞭な推量と
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック