¥ 12,960
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
近代日&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

近代日本奇想小説史 明治篇 単行本 – 2011/1/20


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 12,960
¥ 12,960 ¥ 8,000


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

近代日本奇想小説史 明治篇 + 近代日本奇想小説史 入門篇
合計価格: ¥ 15,012

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

これまでになかったSFを中心とした“もうひとつの小説史”。正統派の近代日本文学史からはみ出していた異端の小説の歴史を独自の視点から捉え直した著者渾身のライフワーク。図版多数収録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

横田/順彌
1945年佐賀県生まれ。68年法政大学法学部卒業、71年SF小説「宇宙通信X計画」でデビュー。88年『快男児押川春浪』で第9回日本SF大賞受賞。日本古典SF研究の第一人者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 1220ページ
  • 出版社: ピラールプレス (2011/1/20)
  • ISBN-10: 4861940168
  • ISBN-13: 978-4861940163
  • 発売日: 2011/1/20
  • 商品パッケージの寸法: 20.4 x 15 x 6.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 717,783位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

17 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 momoshiba 投稿日 2011/1/26
形式: 単行本
明治時代の作家たちが、なんとも面白い、なんともハチャメチャな奇想天外な小説を書き残してしていることのわかる1冊。
中学、高校で学習したいわゆる前向きな、なんとも味気ない文学史とは異なる温かみのある「もう一つの文学史」がここに完結しています。明治から大正時代にかけて生きた多くの人々の多彩な生きかた、豊かな想像力をうかがい知ることができます。
まさに、日本の「失われた時」を想像力で旅したい人のための文学史です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 匿名子 投稿日 2014/6/10
形式: 単行本
ほとんど名前の知られていない人々の作品を、著者が選んで紹介しているのは面白かった。
また、知っている作品でも背景の考慮がなされており、ただ一読しただけではわからなかった部分の解説もあり丁寧なところは丁寧である。
図版もモノクロながら多数掲載しており、資料的価値は高いと思う。
不満があるのは、そもそも「奇想」とおいてある定義自体が不明瞭である。
著者が書いている「ハチャハチャ」小説のことを示唆しているのだろうが、自己喧伝の嫌いもある。
また、ページの大部を割いている押川春浪を著者が好きであることは有名であるが、好きな余り春浪を過大評価しているのではないか、という疑問さえ起きるほどしつこく春浪の名前が出てくる。また、他の作品に対しては執筆者の真筆か代作かの検討比較的厳しく行っているのだが、春浪の著書に関しては「代作もある」、というくらいの言い回し。研究する時間がなかったとはいえ、随分点が甘く感じられる。
勿論、春浪の評伝ではなく、流れの位置づけとしての部分ではあるが、そこにページを割くならもう少し別の作品を紹介できたのではないだろうか。
また、途中途中で著者の悪い癖で茶々を入れたり無駄口が多かったりして、興味の持てる作品に関しても興ざめすることが多々あった。
堅くなり過ぎないように、との意図かもしれないが空
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

関連商品を探す


フィードバック