Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
買い取りを申し込む
最大買取価格 ¥ 425
買取
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
踊る大捜査線(5) [DVD]
 
イメージを拡大
 

踊る大捜査線(5) [DVD]

織田裕二, 柳葉敏郎, 本広克行 DVD
5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
参考価格: ¥ 4,298
価格: ¥ 3,127 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,171 (27%)
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
10点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 夏のセール最大70%OFF(2014年9月30日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円ベストセラー100 アメリカのTVドラマセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。

Amazonインスタント・ビデオ

映画やドラマが今すぐお楽しみいただけます : Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるサービスです。 PCやKindle FireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 対象のPCソフトとまとめ買いでDVD・ブルーレイが最大5000円OFF ※対象商品、割引金額は必ず キャンペーンページにてご確認ください

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ夏のセール 2014/9/30まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

踊る大捜査線(5) [DVD] + 踊る大捜査線(6) [DVD] + 踊る大捜査線(4) [DVD]
合計価格: ¥ 9,335

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 織田裕二, 柳葉敏郎, 深津絵里, 水野美紀, いかりや長介
  • 監督: 本広克行
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: フジテレビジョン
  • DVD発売日: 2000/12/20
  • 時間: 90 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B00005HQVL
  • EAN: 4988632111768
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 39,808位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

Amazonレビュー

   青島俊作、29歳(織田裕二)。脱サラして警察官の試験を受け、3年後、晴れて念願の刑事になった。赴任先は臨海副都心、台場にある湾岸署の強行犯係。期待と希望に胸を膨らませて新地に赴くが、初日から完璧な階級社会で生きる刑事たちの現実を目の当たりにする…。
   警察署を舞台に、刑事や警察官たちの日常をリアルかつユーモアたっぷりに描き、熱狂的ファンを生み出した「踊る大捜査線」。ストーリーはもちろん、映像、音楽、そして個性豊かな俳優陣、すべてが「踊る」独特の世界を作りあげた。スタッフの小物や人物へのこだわりも、宝物探し感覚で楽しめる。主演、織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、いかりや長介。脚本は君塚良一。演出は本広克行、澤田鎌作。音楽は松本晃彦。プロデュースは亀山千広・東海林秀文。(生野 舞)

内容(「Oricon」データベースより)

TV放映に続いて劇場公開され、日本中を興奮の渦に巻き込んだ大ヒット刑事ドラマ。織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、水野美紀、いかりや長介ほか出演。第8、9話収録。

この商品を買った人はこんな商品も買っています


カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
12 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 所轄だって、警察です 2003/7/17
湾岸署の管轄内で殺人事件が発生。湾岸署に急遽設置された特別捜査本部で、和久は聞き込み調査から得た被疑者像を報告する。そこへ室井が警視庁科学捜査研究所のプロファイリングチームを連れて来た。彼らの分析した犯人像が警視庁に尊重され、和久の報告はないがしろにされてしまう。・・・
放送されてかれこれ5年以上経ちますが、テンポ良くすすむストーリーといい、軽快ながらも印象に残る台詞といい、個性的な登場人物といい、本当に良く出来たドラマだと思います。毎回登場するゲストも楽しみで、何度見ても楽しめます。第8話では、あの課長がタンカをきる場面も登場します!いつもはとことんマイペースでのほほんとした感じですが、この場面では思わず拍手してしまいました。いつでも仕事に全力投球の青島さんをはじめ、超個性的な湾岸署のメンバーが大好きです。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 今回は中高年大活躍!!! 2004/11/19
 テレビシリーズ、第8話、第9話を収録。
第8話は昨今ではすでに聞きなれた言葉となった「プロファイリング」がポイント。科学捜査に合点がいかない和久刑事の思念と、時代の流れである科学捜査との衝突が物語りを盛り上げます。科学捜査の有効性を見せ付けながらも、最後は「人間」で締めるというオチにニヤリ。ストーリー的にも良く出来ている回です。 数少ないすみれの制服姿が登場。妙に新鮮(笑)。雪乃さんは警察官を目指す事をこの回で決意。こっからめきめき彼女は強くなります(笑) また青島巡査の成長ぶりが、事件現場到着で現れています。第1話の始めての現場到着と比べたら・・・・、爆笑請け合いです(笑)。
第9話は容疑者の愛人保護という命令に、いやいやながらも対応する湾岸署の面々が描かれます。本店と支店(本庁と所轄)の連絡不備から大混乱。果ては青島が刺されるという大事件まで。 しかし、今回は袴田課長が見せてくれました。部下を気遣った彼のあの台詞は、このシリーズの屈指の名台詞のひとつでしょう。興奮と感動を覚えました。
 またも青島のお守りが大活躍!!! しかし、最後の青島が刑事課を去るときの表情が傑作。なんとも悲しく可笑しいシーンでした。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 警察組織内部も踊ってる。 2008/2/27
By アンフェア VINE メンバー
 まだこの頃斬新であった「プロファイリング」がテーマになってます。プロファイリングもあくまで過去からのデータが元なのでそれだけで犯人や被疑者を追い詰めるということは、現代の人間の心理状態や性格の荒みも考慮しなければいけないので、プロファイリングだけの一人歩きは危険です。取り調べ中に逆上した犯人にPCで殴られるというのはなかなか面白いアイディアだったと思います。例えば以前「Xファイル」で「放火魔は男」というセリフがありましたが、現実に日本でも若い女性の放火魔も現れました。
 次の話は警察はこんなこともやっているのかとちょっと驚いた話でした。被疑者の愛人の保護までするとは。この愛人の喋り方もかなりリアルに感じました。そして本店で取り合わなかった湾岸署からの1枚の写真のお陰で未然に防げたはずの犯罪が発生してしまう。本店では捜査本部の片付けの中、室井管理官が額を抑えて終わるのが印象的な話でした。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By emir1969 VINE メンバー
プロファイリング・チームの登場話でちょっとおかしなことが一点、

織田やユースケが「データ」と言っているのに、プロファイリング・チーム・メンバーが劇の途中まで「データー」もしくは「データア」と語尾を伸ばして発音している点、チームの性格からしてありえない言葉遣いでしょう、

実は"data"をどう発音するかで世代、もしくはコンピュータ・ネット関連についての親密度が分かってしまうから面白い、

劇後半になると袴田も「データ」と伸ばさずに発音しており、役柄上ありえない、と誰かが指摘してなおさせたと思われる、評者は織田が指摘した可能性が高いと思うのだが、もし本作がテレビ・ドラマでなく映画であれば撮り直しもありな重要な要素です、加えて織田とユースケに比較し袴田吉彦があまりコンピュータ関連に不案内だったことも想像させる、
このレビューは参考になりましたか?
15 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 つまらない作品です! 2006/5/12
あの手この手で出てくる「踊る!大捜査線」シリーズ。1作目から見てるが何も進歩しないストーリー。それでも興行収入トップは、他に見るものが無いからか…。作る側も見る側が選択できるだけの良い作品を作ってくださいよ!
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック