Amazon Kindleでは、 超解読涼宮ハルヒ をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 1,296
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

超解読涼宮ハルヒ 単行本(ソフトカバー) – 2007/5/30


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

超解読涼宮ハルヒ + 『涼宮ハルヒ』大研究 + ハルキとハルヒ―村上春樹と涼宮ハルヒを解読する (ASシリーズ第5巻)
合計価格: ¥ 4,536

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

世界を大いに盛り上げるための研究本、ここに誕生。ハルヒに魅せられた筆者たちの妄執と分析が迸る。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 319ページ
  • 出版社: 三才ブックス (2007/5/30)
  • ISBN-10: 486199084X
  • ISBN-13: 978-4861990847
  • 発売日: 2007/5/30
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 529,842位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

31 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 なみ 投稿日 2007/6/15
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書は3章から構成されている。

第1章では主要登場人物たちの紹介。原作からの引用が色々あり、忘れてた設定などを

思い出したりしながら読んだ。

第2章では物語の深読み解釈。原作に登場する数式やSF設定の考察、『分裂』で登場した

佐々木たちの役割などを色んな角度で解釈している。多少強引といえる解釈もあるが、

斬新な話も少しあったりして、本書の目玉といえる。

第3章ではアニメに関する様々な話。京アニや監督、スタッフ、そしてもちろん声優の紹介

やエピソードなどが書いてある。ただしアニメスタッフまでは興味ない人には不要。

値段に見合う内容かどうかは人それぞれだが、ネットで色々な議論や解釈を読んだり書いたり

してる人にはちょっと物足りないかも。逆にそうでない人には結構発見があるはず。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
33 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 hiro-j 投稿日 2007/6/12
形式: 単行本(ソフトカバー)
ここしばらくハルヒ関連の情報に飢えていたので手に取りました。

気軽な気持ちで手に取ったのですが、改めてハルヒのおもしろさを再確認させられました。

「2ちゃんねる等で既出の内容」などと言われていますが、ネットをしない人もいますし、いわゆる「ヲタク」以外の人にまでその名を知られるほどの異常な人気を誇る一連のハルヒシリーズの批評をまとめて書籍にしたという功績は大きいと思います。内容も2ちゃんねる以上の部分もいくつかありますし、自分は楽しめました。

どちらかというと、ハルヒを読んだ事のない友人などに紹介するときの指南書にしたい感じです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
62 人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 本の虫 投稿日 2007/5/31
形式: 単行本(ソフトカバー)
ハルヒシリーズは著者があえて「どのようにも解釈しうる文章」を書いているため、

第三者が何をどう言おうがどうにもなりません。

「消失」時になぜ長門があのようなことをしたのか、ということですらどのようにも解釈できます。

ましてネットなどに書き込めば第三者からの反論、別の見方などを指摘されることも

あるのでしょうが「印刷物」という形式を取っている以上、それもありません。

「灼眼のシャナ」公式解説本で著者が一部のキャラクター解説を行っていますが、ハルヒシリーズでも今後そのようなことがあれば良いのですが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kaizen #1殿堂 投稿日 2007/12/16
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
関係者以外が書く解説書には限界はある。

しかし、誰が書いたかは問題ではないほど、つぶぞろいだと感じた。

特に、参考文献欄は幅広く、これから情報収集しようというひとにはとっかかりになる。

涼宮ハルヒは、赤毛のアン、ポリアンナを超える、世界の名作になると思うが、
関係者がいるためか、未来から来たみくる(未来)ちゃんが一番よく知っているのだろうが、禁則事項になっているかもしれない。

我が儘なハルヒが、自分がちっぽけな存在であることを自覚したことが、自分の周りに超能力者たちを集合させるきっかけになったことは、人を指導する立場の人にとってのよい教訓かもしれないというような、教訓的なところが、もう少しあってもいいかもしれないが、
読者が低年齢層だと思っているのだろうか。

わがままたっぷりのように見える涼宮ハルヒは、一方で、奇跡を常識の範囲内で理解しようとする一番常識人である点は、よく指摘されていて、納得感がある。

長門ゆき(情報統合思念体の「有機」生命体のヒューマノイドインタフェース)といった言葉遊びの先に、文章で使っている単語を調べていくだけでも勉強になるが、この本に書いている人たちは、そのあたりの裏ネタをいろいろご存じのようなので、初学者に
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック