Amazon Kindleでは、 超簡単!売れるストーリー&キャラクターの作り方 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 1,944
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
超簡単!... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

超簡単!売れるストーリー&キャラクターの作り方 単行本(ソフトカバー) – 2011/10/22


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,099


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

超簡単!売れるストーリー&キャラクターの作り方 + いきなりドラマを面白くするシナリオ錬金術 (シナリオ教室) + 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方- (講談社+α新書)
合計価格: ¥ 4,577

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「ONE PIECE」「千と千尋の神隠し」「マトリックス」分析で、誰でもおもしろい映画、漫画、ゲーム、小説ができる!知識、経験、教養、一切関係なし!大人気講師がクリエイター育成マル秘メソッドを初公開。

著者について

沼田 やすひろ
<ぬまた・やすひろ>
1962年生まれ。玩具と出版をつなぐデザイン会社でのキャラクター・ビジネス経験の後、作家・長谷川潤二氏に師事し、フリーランスの編集・脚本家となる。脚本家としてテレビアニメ「SDガンダムフォース」他。ゲームには数多くの匿名リライト作がある。シナリオアナリストとして、VIPO「シナリオアナリスト養成セミナー」講師などで活躍。著書に『「おもしろい」映画と「つまらない」映画の見分け方』(キネ旬総研エンタメ叢書)がある。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 234ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/10/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062172461
  • ISBN-13: 978-4062172462
  • 発売日: 2011/10/22
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 15.1 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 78,267位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

31 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 むうとん 投稿日 2012/4/10
形式: 単行本(ソフトカバー)
 この本は第1部の基礎編を含めて、プロット、リマインダー(筆者はリマインダーを「コンテンツの特色を視聴者に特徴づける描写」と定義、「……らしさ」と考えるとわかりやすいと述べています)、キャラクターの4部構成になっています。筆者は、脚本家としての実績もあり、シナリオアナリストとこの本でも紹介されているように、主にシナリオライター目線で書かれており、実例も(漫画やアニメの例もありますが)映画が多いです。

 まず基礎編ですが、参考になった点は日本のシナリオの起承転結とハリウッド脚本術の3幕構成との関係をざっとですが、おさらいしていてくれた点です。特にハリウッド脚本術の「プロットポイント」や「ミッドポイント」の意味が今ひとつ理解できなかった私にとっては有難かったです。

 次に、プロットの部ですが、これがこの本の目玉だと思っております。ハリウッド脚本術の3幕構成をさらに発展させた13フェイズ構造が、ヒットした映画などの作品のプロットにはあると説明しています。筆者も実際に教えている専門学校の生徒に「13フェイズ構造を教えたからと言って面白いストーリーが書けるわけではない」と述べていますが、実際自分がストーリーを考えるときの参考にはなるのではないか、と私は思います。確かに「ヒカルの碁」や「機動戦士ガンダム」のストーリーにもこの13フェイズ構造論に書かれ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 クッピー 投稿日 2013/4/24
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ストーリー、キャラクター、話作りをわかりやすく丁寧に解説して下さってる本です。
これを読んでから参考に読む漫画、映画などを解体してどういう作りにしているか、など考えて見るようになりました。
ただ用語がちょっと多くて、この言葉はどういう意味だったかな?と前に戻る事が多かったので、人によっては難しいと感じるかも知れません。
私も一度通して読むだけじゃ全部の意味はわからないな、と何度かポイントポイントを読み返しました。

あと、本当に才能のある人はこういう本に書いている事を本能的に作品に出せる人なんだと痛感させられました。
理論だけじゃ面白いものって絶対出来ませんし。
足りないセンスを知識で何とか補いたいと強く思っている方は参考までに目を通すのも良いと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
40 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 大雨こさめ 投稿日 2012/3/15
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ヤマカンを激怒させたことで話題を呼んだ(?)沼田氏の本です。

所謂王道ストーリーの作り方(プロットの「13フェイズ構造」)とそれ以外の武器となる要素(「リマインダー」)について書かれています。
前者は作品の完成度(普遍的な良し悪し&弱い商品性有り)を、後者は作家性(個人差による好き嫌い&強い商品性有り)を決定します。
この2つの要素を完全に分けて考え、両立することで初めて大衆の心を掴む物が出来るというのがこの本の趣旨です。
つまり良く出来てて個性的なものが売れる!という当たり前の事を丁寧に述べてくれているわけです。
いまいち思うような結果を残せなかった物は2つの要素を混同して考え、どちらかが欠けてしまっていたのだと考えられます。
(前評判のわりに酷評された物はプロット、もっと評価されるべき隠れた名作のような物はリマインダー)

プロットの13フェイズ構造は絶版された「神話の法則」という本のやり方に似ていて、シド・フィールドなどのハリウッド脚本術をより実用的に進化させた感じの理論となっています。
特に起承転結の「承」やハリウッド三幕構成の「葛藤」の部分を具体的にどうすれば良いのか分からなかった人にオススメです。
著者曰く人間の本能から逆算して考えられているらしく、なぜそうす
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 イモ 投稿日 2013/10/20
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
納得のいく説明をしてくれているけど
ある程度ストーリー作りかじった人なら知ってる内容です
さすがに13フェイズ構造なんて言葉は初めて聞きましたが

ただイマイチ納得いかない。
この著者に言わせると『千と千尋の神隠し』は13フェイズ構造を取り込んだかなり面白い作品らしいが
自分は千と千尋を観てそれほど面白いと感じなかった人間なので
つまらなくは無いけど良作でもないといった部類の作品だと思います

なのでこれこれこうしたから千と千尋は面白いんだと説明されてもピンときませんでした

またプロットの構成やルールなどにやたら重点を置いて説明しているものの
キャラクター作りに関しては後半にちょこっと触れているだけです
こういう場面ではキャラにこういう選択をさせましょう、みたいな説明がいくつかありましたが
それってキャラの性格ありきで考えてないですよね?
どんな行動、選択を取るかはキャラの性格によって変わるだろうし…
何となくこの著者はキャラを重要視していないんじゃないかなーと感じました

面白い作品には必ず13フェイズ構造が組み込まれていますとも書かれていましたが
それに当てはまらない面白い作品も多分多くあ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック