Amazon Kindleでは、 超簡単!売れるストーリー&キャラクターの作り方 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
超簡単!売れるストーリー&キャラクターの作り方
 
その他のイメージを見る
 
1分以内にKindleで 超簡単!売れるストーリー&キャラクターの作り方 をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

超簡単!売れるストーリー&キャラクターの作り方 [単行本(ソフトカバー)]

沼田 やすひろ
5つ星のうち 3.3  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,944 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 --  
単行本(ソフトカバー) ¥ 1,944  

Amazon Student会員なら、この商品は15%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)10/20まで。 無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。>


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

超簡単!売れるストーリー&キャラクターの作り方 + いきなりドラマを面白くするシナリオ錬金術 (シナリオ教室) + 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方- (講談社+α新書)
合計価格: ¥ 4,577

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

知識、経験、教養、一切関係なし!
大人気講師がクリエイター育成マル秘メソッドを初公開!

本書の「ONE PIECE」「千と千尋の神隠し」「マトリックス」分析で、誰でもおもしろい映画、漫画、ゲーム、小説ができる!

物語性のある、すべてのエンタテインメントに共通する「おもしろさ」構造があります。それは、プロットの「13フェイズ構造」と、「らしさ」を作る「リマインダー」。

東京工科大学客員教授の金子満氏の研究した理論に、シナリオアナリストで脚本家の著者の経験知を加えて、物語をおもしろくするノウハウを「超簡単」に、「すぐに使える」ものとして完成させました。具体的な映画などのエンタメ・コンテンツを多数例にとって、わかりやすく説明したこの本通りに、あなたも見よう見真似で創れば、どんなエンタメでも……形はともかく、オリジナルのストーリーやキャラクターを「おもしろく」創り出すことができます!

内容(「BOOK」データベースより)

「ONE PIECE」「千と千尋の神隠し」「マトリックス」分析で、誰でもおもしろい映画、漫画、ゲーム、小説ができる!知識、経験、教養、一切関係なし!大人気講師がクリエイター育成マル秘メソッドを初公開。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 234ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/10/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062172461
  • ISBN-13: 978-4062172462
  • 発売日: 2011/10/22
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 15.1 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 151,245位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
31 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 むうとん
形式:単行本(ソフトカバー)
 この本は第1部の基礎編を含めて、プロット、リマインダー(筆者はリマインダーを「コンテンツの特色を視聴者に特徴づける描写」と定義、「……らしさ」と考えるとわかりやすいと述べています)、キャラクターの4部構成になっています。筆者は、脚本家としての実績もあり、シナリオアナリストとこの本でも紹介されているように、主にシナリオライター目線で書かれており、実例も(漫画やアニメの例もありますが)映画が多いです。

 まず基礎編ですが、参考になった点は日本のシナリオの起承転結とハリウッド脚本術の3幕構成との関係をざっとですが、おさらいしていてくれた点です。特にハリウッド脚本術の「プロットポイント」や「ミッドポイント」の意味が今ひとつ理解できなかった私にとっては有難かったです。

 次に、プロットの部ですが、これがこの本の目玉だと思っております。ハリウッド脚本術の3幕構成をさらに発展させた13フェイズ構造が、ヒットした映画などの作品のプロットにはあると説明しています。筆者も実際に教えている専門学校の生徒に「13フェイズ構造を教えたからと言って面白いストーリーが書けるわけではない」と述べていますが、実際自分がストーリーを考えるときの参考にはなるのではないか、と私は思います。確かに「ヒカルの碁」や「機動戦士ガンダム」のストーリーにもこの13フェイズ構造論に書かれ
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 駆け出しの漫画描きです 2013/4/24
投稿者 クッピー
形式:単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
ストーリー、キャラクター、話作りをわかりやすく丁寧に解説して下さってる本です。
これを読んでから参考に読む漫画、映画などを解体してどういう作りにしているか、など考えて見るようになりました。
ただ用語がちょっと多くて、この言葉はどういう意味だったかな?と前に戻る事が多かったので、人によっては難しいと感じるかも知れません。
私も一度通して読むだけじゃ全部の意味はわからないな、と何度かポイントポイントを読み返しました。

あと、本当に才能のある人はこういう本に書いている事を本能的に作品に出せる人なんだと痛感させられました。
理論だけじゃ面白いものって絶対出来ませんし。
足りないセンスを知識で何とか補いたいと強く思っている方は参考までに目を通すのも良いと思います。
このレビューは参考になりましたか?
40 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 大雨こさめ
形式:単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
ヤマカンを激怒させたことで話題を呼んだ(?)沼田氏の本です。

所謂王道ストーリーの作り方(プロットの「13フェイズ構造」)とそれ以外の武器となる要素(「リマインダー」)について書かれています。
前者は作品の完成度(普遍的な良し悪し&弱い商品性有り)を、後者は作家性(個人差による好き嫌い&強い商品性有り)を決定します。
この2つの要素を完全に分けて考え、両立することで初めて大衆の心を掴む物が出来るというのがこの本の趣旨です。
つまり良く出来てて個性的なものが売れる!という当たり前の事を丁寧に述べてくれているわけです。
いまいち思うような結果を残せなかった物は2つの要素を混同して考え、どちらかが欠けてしまっていたのだと考えられます。
(前評判のわりに酷評された物はプロット、もっと評価されるべき隠れた名作のような物はリマインダー)

プロットの13フェイズ構造は絶版された「神話の法則」という本のやり方に似ていて、シド・フィールドなどのハリウッド脚本術をより実用的に進化させた感じの理論となっています。
特に起承転結の「承」やハリウッド三幕構成の「葛藤」の部分を具体的にどうすれば良いのか分からなかった人にオススメです。
著者曰く人間の本能から逆算して考えられているらしく、なぜそうす
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
11 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 まあそれなりに 2013/10/20
投稿者 イモ
形式:単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
納得のいく説明をしてくれているけど
ある程度ストーリー作りかじった人なら知ってる内容です
さすがに13フェイズ構造なんて言葉は初めて聞きましたが

ただイマイチ納得いかない。
この著者に言わせると『千と千尋の神隠し』は13フェイズ構造を取り込んだかなり面白い作品らしいが
自分は千と千尋を観てそれほど面白いと感じなかった人間なので
つまらなくは無いけど良作でもないといった部類の作品だと思います

なのでこれこれこうしたから千と千尋は面白いんだと説明されてもピンときませんでした

またプロットの構成やルールなどにやたら重点を置いて説明しているものの
キャラクター作りに関しては後半にちょこっと触れているだけです
こういう場面ではキャラにこういう選択をさせましょう、みたいな説明がいくつかありましたが
それってキャラの性格ありきで考えてないですよね?
どんな行動、選択を取るかはキャラの性格によって変わるだろうし…
何となくこの著者はキャラを重要視していないんじゃないかなーと感じました

面白い作品には必ず13フェイズ構造が組み込まれていますとも書かれていましたが
それに当てはまらない面白い作品も多分多くあ
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 2.0 カタカナの専門用語?のため分かりづらかった
(図書館)カタカナの言葉が多く、なじみのない専門用語?なのか分かりづらかった... 続きを読む
投稿日: 8か月前 投稿者: プランナー
5つ星のうち 1.0 これでは『売れる!』作品は書けない
文中で国内のヒットアニメが例に挙げられていますが、... 続きを読む
投稿日: 10か月前 投稿者: あまじょん。
5つ星のうち 5.0 猿でも分かる素晴らしい内容
話を作るのは本当に難しい。... 続きを読む
投稿日: 16か月前 投稿者: お猿
5つ星のうち 2.0 曖昧模糊、不明瞭、そんな印象。
既に何人かのレビューにあるように、説明が曖昧で、言わんとすることは何となくわかるけど、はっきりするべきところではっきりしない、そんな本のように思える。※ただし、ま... 続きを読む
投稿日: 20か月前 投稿者: P3P太郎
5つ星のうち 2.0 あまり良い本ではない
色んな作品を取り上げて各要素を説明しているのだが
納得できるものではないし、読んでいて困惑する箇所もある。... 続きを読む
投稿日: 2012/8/29 投稿者: アキラ
5つ星のうち 4.0 面白さの作り方というよりは面白さの理由を説明した書
これは買いです、13フェイズ構造に合致しているか否かとリマインダーの効果はあるか?とで縦の軸と横の軸から物語作品を客観的に評価する指標を記した本です。娯楽性の高い... 続きを読む
投稿日: 2012/5/29 投稿者: 星のゆりかご
5つ星のうち 2.0 問題は著者に実績が無い事だ
脚本術を分かりやすく書いた本。
売れるストーリー、売れるキャラクター。... 続きを読む
投稿日: 2012/5/10 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 1.0 空理空論
実際に読んだから言うが、これはあんまりいい本じゃないな。
これはダメだろう。... 続きを読む
投稿日: 2012/3/31 投稿者: ジミー
5つ星のうち 5.0 チョッパー
もう、何回も「ワンピース」のチョッパーが仲間になるとこ読んでます。
いつも同じ場所で感動してます。ついつい読みかえしてます。... 続きを読む
投稿日: 2011/12/7 投稿者: uzoo
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック