Amazon Kindleでは、 赤頭巾ちゃん気をつけて 改版 中公文庫 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 637
通常配送無料 詳細
通常11~13日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
赤頭巾&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

赤頭巾ちゃん気をつけて (中公文庫) 文庫 – 2002/10/10


8個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,680


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

赤頭巾ちゃん気をつけて (中公文庫) + 白鳥の歌なんか聞えない (新潮文庫) + さよなら快傑黒頭巾 (新潮文庫)
合計価格: ¥ 1,760

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

受賞歴

第61回(昭和44年度上半期) 芥川賞受賞

内容(「BOOK」データベースより)

女の子にもマケズ、ゲバルトにもマケズ、男の子いかに生くべきか。東大入試を中止に追込んだ既成秩序の崩壊と大衆社会化の中で、さまよう若者を爽やかに描き、その文体とともに青春文学の新しい原点となった四部作第一巻。芥川賞受賞作。

登録情報

  • 文庫: 177ページ
  • 出版社: 中央公論新社; 改版 (2002/10/10)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4122041007
  • ISBN-13: 978-4122041004
  • 発売日: 2002/10/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (46件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 100,870位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

39 人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 70年代ロック&歌謡評論家 投稿日 2003/12/11
形式: 文庫
もう30年以上が過ぎてしまったのですね、この「赤頭巾ちゃん~」が出版されてから。
日本中を揺るがせた大学紛争、高校生までも巻き込んだ学生運動を歴史的背景として持つこの作品は、そういった激動の社会や若者の無軌道なパワーをしっかりと捕らえておきながら、その主題はあくまでも優しく、優しさだけで良いのだろうか?となんとなく自分を見つめていく主人公「僕」の日常の生活や、悩める青春像に置かれている。
優しくほのぼのとした文体で、「僕」とガールフレンドの由美のやりとりが描かれており、とても爽やかな気持ちにさせられるのだが、読み終わった後に「あぁ楽しかった」だけでは済まされないような、一種の切なさ、やりきれなさ、未消化な気持ちを感じてしまう。
その未消化な悶々としたパワーの正体は、4部作を通して読み進むうちに、流されている自分や、やり残した事への軽い後悔の念であることがわかってくる。
30年前に読んだときには、主人公の年代に達していなかった私にはわからなかった。
数年後、主人公の年代に達した頃に読んだときには、自分も何かをやらなければという、焦りを感じた。
80年代に入ってから読んだときには、もう戻ることの出来ない過ぎた日への感傷が残った。
不惑の歳を過ぎた今、この作品は何を与えてくれるのだろう?
好きな作品として、真
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 街道を行く #1殿堂トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/10/20
形式: 文庫
『赤頭巾ちゃん気をつけて』を本屋さんの書棚に見つけた時すっと手が伸びました。
感慨深いと言いますか、お久しぶりといった心境でした。
さっそく拝読させていただいて、これまで何にも判っていなかったな、と変な感想を持ちました。
少なくとも2度読んだことは覚えているのですが、その時の読後感と全く違ったのが不思議です。
多分、自分が変わったんでしょうね。
庄司薫さんが1995年と2012年に新たにあとがきを加えておられます。
これも楽しみにしておいてください。まさに感慨に耽る感じです。
以前読んだ時よりも格段に面白く読めました。
庄司さんがこの作品に込めた様々な文学的要素がようやく読みとれるようになったせいかなどと思っています(愚かな読者で申し訳ない)。
当初この作品は批難の方が賑やかだったと思います。
ノンポリ小説といいますか、左翼運動と対極的な保守的な学生を描いたというようなイメージに塗られたと思います。
さらに、文体ですね。庄司さんの「ぼく」「・・・のだ」という日本文学に挑んだような一人称は余りにも前衛的でした。多くのフォロワーを生みました。
村上春樹さんが『風の歌をきけ』で登場した時、庄司薫さんを連想しました。
さらにサリンジャーとの比較というより盗用疑惑
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 koreyas 投稿日 2010/4/11
形式: 文庫
この小説は、18歳の少年が書いたのではありません。

既に東大を卒業して10年近く経った、30歳の青年が書いたのです。

(現在でいえば、40歳ぐらいの感覚でしょうか。)

小説内の世界は、すべて著者によって計算されつくして

創り上げられたものです(著者自身の言葉によれば、

あることないこと、ではなく、「ナイコトナイコト」)。

この小説が芥川賞を受賞した時の選者の一人、あの才気の塊

三島由紀夫も、はたまた老獪な文人 林達夫も、庄司薫氏の才能に

舌を巻いた様子が、当時の選評や伝説からわかります。

もちろん、彼らも庄司氏が、かつての中央公論新人賞受賞作『喪失』の

著者 福田章二氏だということを知っており、三島氏の推薦文

(昔 この本『赤頭巾ちゃん』の裏表紙に印刷されていました)

などによると、ほとんど庄司氏を自分と同格扱いにしていたことが

見て取れます。

当然サリンジャーの単なる模倣なら、芥川賞の候補にもならなかった

でしょうし、4部作が出版されることもなかったでしょ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ねっとてんぐ 投稿日 2014/9/22
形式: 文庫
 「隠れ左翼の草分けである。」というレビューがあまりにおもしろかったので、ちょっと触発されて書きます。

 著者庄司薫は1969年本作で芥川賞をもらって一躍有名作家になり、この作品をシリーズ化して「赤」、「白」、「黒」、「青」の四色連作を企てた。はじめのうちは快調に書いて発表していったものの、「青」が難航。出たのは77年。これだけはなけなしの小遣いをはたいてハードカバーで買ったけど、汚濁の世界で右往左往するピュアな心の若者という設定がなくなってしまっていて、これでは連作とはいえないと思った。たぶんこのときすでに行き詰っていたのだと思う。「青」を最後に、筆を折ってしまっている。

 庄司薫は「和製サリンジャー」などといわれて、野崎訳「ライ麦畑」の文体をそのまままねたなどと批判された。たしかこの人はそれ以前の作品がえらく深刻で神経質な文体で、それがいきなりこのようなおちゃらけた口調に変わってしまったものだから、意図的な大衆迎合を疑われたのだろう。本家サリンジャーも同時代の若者の俗っぽい口調をまねているのだが、その背景には高まり行く東西冷戦の緊張があり、頑強な保守派の反共主義があり、リベラル派の無気力があり、ドラッグや同性愛にしか逃げ場を見出せない閉塞状況があった。一方この作品が発表された69年、日本では全共闘運動で騒然とはしていたものの、高度経済
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック