Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
赤と黒 (上) (新潮文庫)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

赤と黒 (上) (新潮文庫) [文庫]

スタンダール , 小林 正
5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (22件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 680 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
7点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

赤と黒 (上) (新潮文庫) + 赤と黒 (下巻) (新潮文庫) + ボヴァリー夫人 (新潮文庫)
合計価格: ¥ 2,300

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

製材小屋のせがれとして生れ、父や兄から絶えず虐待され、暗い日々を送るジュリヤン・ソレル。彼は華奢な体つきとデリケートな美貌の持主だが、不屈の強靱な意志を内に秘め、町を支配するブルジョアに対する激しい憎悪の念に燃えていた。僧侶になって出世しようという野心を抱いていたジュリヤンは、たまたま町長レーナル家の家庭教師になり、純真な夫人を誘惑してしまう……。

登録情報

  • 文庫: 354ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1957/2/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102008039
  • ISBN-13: 978-4102008034
  • 発売日: 1957/2/27
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (22件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 109,561位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
35 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 魅力的な主人公 2005/11/26
投稿者 夜半の月
この小説を最後まで読ませるのは、主人公ジュリヤン・ソレルの魅力、それに尽きると思います。

強い上昇志向、そして、屈折した内面。「赤と黒」を読むと、

彼が生き生きと心の中で動き回る気がします。

私が一番心を打たれたのは、レーナル夫人の純情でした。

若い男特有の、ジュリヤンの残酷な誘惑心に負けてしまった夫人。

彼女が無垢さゆえに、ジュリヤンにはまりこんでいく気持ちが、

痛いほど伝わってきました。

(そのへんがスタンダールの心理描写の巧さです)

マチルドとの、駆け引きに満ちた恋愛も、おもしろかったのですが、

レーナル夫人の恋心には、全身全霊を愛に傾けてしまった人にだけ

見いだせる「愛」の透明さがあるような気がして、惹かれます。

最後の一行にはぞくりとさせられます。

スタンダールは恋愛心理描写の達人であると、つくづく思わされる小説です。
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 推薦図書でした 2010/11/7
投稿者 プレミ トップ1000レビュアー VINE メンバー
Amazonで購入
高校生の時に推薦図書でシェークスピアなどと一緒に並んでいたと思います。「へー読んでみようかな」と軽い気持ちで手に取りました。
ですが、「これが推薦図書?高校生が読んでいいの?」と思うようなドキドキする様な大人な恋愛で、大人の世界を垣間みた様な気がしました。ジュリアン・ソレルの野心一杯の激しさと熱さにページをめくるのが止まらなくなりました。
今でも高校生の時に読んだ本の中で一番強く印象に残っています。

最近また読みたいなと思って読み始めました。
このレビューは参考になりましたか?
35 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 切なくなります。 2006/8/14
投稿者 laura
フランス文学の不朽の名作、スタンダールの『赤と黒』 です。

レナール夫人(ルイーズ)と主人公ジュリアン・ソレルのどんどん燃え上がる恋の炎が見物です。

初めは駆け引き(使命感?)のつもりでルイーズを誘惑していたジュリアンでしたが、彼女の魅力に触れ、次第に本気で愛するようになります。

しかしここは不倫の恋ですから、2人には辛く悲しい別れが待っています。

何年か前に読んで以来、この本は私の愛読書です。
何度読んでもどきどきします。

新潮社の『赤と黒』の訳は比較的読みやすいと思うので、初めて読む方にもおすすめです。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 買いです。 2014/8/31
投稿者 yoshioki6
 ずいぶん昔の話なので、記憶が曖昧ですが、おそらく三十数年振りのジュリヤン・ソレルとの再会でした。十九世紀初頭の、小説という枠組みが明確に意識された上で書かれている作品ですが、作中に幾度となく出てくる「小説」という言葉の取り扱い方が、「小説なんぞ読んでいるから」とか「小説でもあるまいし、」といった調子で、社会的にはまだ小説の揺籃期にある印象を受けました。上巻は、幼少期から青年期にかけてのジュリヤン・ソレルの、類い稀なラテン語に関する資質と上昇志向が、教会や地域社会、そしてレーナル夫人との不倫を通して遺憾なく発揮される様が描かれています。そういった抜き差しならない人間模様を、いわゆる神の視点からの描写が誰の心の中へも忍び込み、丹念に描き出していくので、どの登場人物にもある程度等しく感情移入できます。
このレビューは参考になりましたか?
54 人中、39人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 心理描写の密度が濃い 2008/7/16
投稿者 englishsefltaught
大傑作!この小説を読むと、やれ芥川賞だ〜、やれ直木賞だ〜などと言っている今の作家の小説など読む必要がないことがよくわかる。登場人物の心理がAからBに変化するとき、その間の過程が10段階あるとすると、スタンダールは、その10段階全てを克明に書いている。しかし、今の作家の本を読んでも、せいぜい2〜3くらいしか書いていない。スタンダールは、心理描写の密度が圧倒的に濃いのである。凡庸な作家の本を読む暇があったら、スタンダールを読もう。
このレビューは参考になりましたか?
25 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 生きた、書いた、愛した 2010/9/10
投稿者 raindrops
言わずと知れたフランス文学の大傑作。

最初は取っつきにくいかもしれませんが、できれば10代の方々に読んでほしいです。
これを読んで本物の愛情を学んで云々、とは言いません。若者は若者なりに、懸命に恋愛してると思うからです。
でも、昔の人達が私達と同じように、自分達の環境や障害に必死にあらがいながら、不器用に、泣いて笑って人を愛した、という軌跡が味わえます。
失恋したら世界が真っ暗になって、自分はひとりぼっちだと考えがちですが(私はいつもそうでした)、この本を読んで少し救われました。

ジュリヤンは世間一般の価値観からしたら、敗者です。
「ひょっとしたらものになるかもしれなかった」才能のある若者が捕らえられ、本当に大成するのかどうか、人生を試すチャンスも与えられず死んでいく。
でも、自分にとって本当に大切なものを悟り、それを伝えるべき相手に伝えることができる人なんて、いったいどのくらいいるのでしょう。
人それぞれ考え方は違うでしょうが、私はそういう人が勝者だと思います。スタンダールも、そう考えながら書いたと思います(たぶん)。

牢屋の中でのジュリヤンの独白は圧巻です。文豪の筆力を、これでもかという程感じることができます。岩波版より訳が柔らかくて素敵です。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 恋愛小説の金字塔
勝手に恋愛小説の最高峰を上げると、「嵐が丘」「椿姫」それと、「赤と黒」。まあ、単純に恋愛小説と呼ぶことを憚られる名作ですけれど。... 続きを読む
投稿日: 15か月前 投稿者: 黒子
5つ星のうち 3.0 評判ほどの名作とは思えず
発表当時は、身分ちがいの恋愛と破滅的事件を赤裸々に描いたこと自体、タブーを破る思い切ったことだったのでしょう。
投稿日: 15か月前 投稿者: フンフン
5つ星のうち 5.0 レーナル夫人とつきあうには
19世紀フランス文学の金字塔です。
その後の世界文学に絶大な影響を与えました。... 続きを読む
投稿日: 16か月前 投稿者: TomTom
5つ星のうち 3.0 (`・ω・')Yonda(^O^)
ジュリヤン・ソレルという名前の響きがまずカッコイイし、
それに付随される彼の美貌と野心がヒール小説としての魅力を醸し出しています。... 続きを読む
投稿日: 22か月前 投稿者: 痴素人評論家出世八五郎
5つ星のうち 3.0 要約すると、美しい30歳の夫人と、美しい19歳の少年の恋(不倫)の話
※下記は上巻のみを読んだ段階でのレビュー(というか粗筋)... 続きを読む
投稿日: 22か月前 投稿者: カーマイン
5つ星のうち 5.0 気高くも愚かな、人間味あふれるジュリヤン・ソレル
本作は、フランスの作家スタンダールによる、実際の事件をモチーフにした長編小説である。... 続きを読む
投稿日: 2010/9/10 投稿者: Z?
5つ星のうち 3.0 陳腐
私事だが、「恋愛論」は未読。読もうとすら思えない。... 続きを読む
投稿日: 2009/9/2 投稿者: Billy-Burroughs
5つ星のうち 5.0 世界最古のメロドラマ小説(本当のロマンスの意味がわかる一冊)
ジュリアン・ソレルは青春の象徴です。
美しく貧しい青年が、野心を持ち最後に愛に殉じる。... 続きを読む
投稿日: 2007/11/15 投稿者: いせむし
5つ星のうち 5.0 野心を征服したもの
ナポレオンに憧れる、激しく野心家で美青年のジュリヤン・ソレル。... 続きを読む
投稿日: 2006/9/5 投稿者: DeepBlue213
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック