通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
赤ちゃんと僕 (第10巻) (白泉社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

赤ちゃんと僕 (第10巻) (白泉社文庫) 文庫 – 2002/12

5つ星のうち 5 3件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 720
¥ 720 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 赤ちゃんと僕 (第10巻) (白泉社文庫)
  • +
  • 赤ちゃんと僕 (第9巻) (白泉社文庫)
  • +
  • 赤ちゃんと僕 (第8巻) (白泉社文庫)
総額: ¥2,120
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 文庫: 352ページ
  • 出版社: 白泉社 (2002/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4592884272
  • ISBN-13: 978-4592884279
  • 発売日: 2002/12
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 505,515位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2004/2/7
形式: 文庫
この漫画は小学生の拓也と幼い弟の実が主人公。
二人のママは交通事故で死んでしまい、弟の面倒をお兄ちゃんである拓也が看る事になり、その葛藤と喜びを描いた作品。
小学生でありながら、家事や弟の面倒を看る事になった拓也。
その苦労を知らずに、ママと泣き喚く実。
始めは、どうなってしまうんだろうと思いながら見ていたが
段々成長するに2人の絆が強くなっていく。
拓也の家は特殊な家庭環境ではあるが、どの家庭にも当てはまる事が根底にはある。
家族とは・・思いやりとは・・
忙しい毎日で、忘れがちになってしまう事であるけれど、
いつも忘れてはいけない。
突然何が起こるかわからない時代。
突然家族がいなくなるかもしれない。
そうなった時に後悔してももう遅い。
この漫画を通して考える時間を持てた事をありがたく思う。
特に最終回。もう号泣です・・・
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ちゃる 投稿日 2010/4/17
形式: 文庫
"涙なしでは読めない"というフレーズに、「たかが漫画だろ」とたかをくくって読んだのですが、ベタな展開ながら見事に号泣してしまいました…;

弟がいる方は特に感情移入してしまうのではないでしょうか?

その他にも穏やかで楽しい話ばかりですが、ただ楽しいだけではなく深く考えさせられる内容でとても満足です^^
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
数ヶ月前に母親を事故で亡くし、父親と主人公の拓也、赤ちゃんの実の三人くらし、拓也はまだ小学生で遊びたい盛りなのに弟の世話で遊べない、故に弟に腹を立てたりしてしまう事も、友人関係にも深くぶつかり合ったり、ハッピーエンドの話しだけでない現実や、女の子っぽくて、父親が漁師で殆ど帰らない竹中くんの夢精の悩みについても取り扱うなど、一言で面白いと片付けられません。子供だからちょっと意地っ張りになったり、取り返しの効かない失敗したり、作品は上辺だけの道徳より教科書に載せても良いくらいだと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック