通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
賭博覇王伝 零 ギャン鬼編(1) (KCデラックス... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆除菌クリーニング済み◆中古商品の為、通常使用による多少の使用感・経年感(擦れ・ヤケ・多少の汚れ等)がございます◆目立つ汚れ・破れ箇所はございません◆【帯・ハガキ・チラシ】等の封入物や【アマゾン商品詳細欄に記載の無い付属品】は原則付属しません(ある場合は付属しての発送となります)◆アマゾン専用販売品の為、在庫切れはありません◆最終検品時に製品に問題があった際は、ご注文キャンセルにてご対応とさせて頂きます★商品の発送:ご注文日より2日以内に発送となります(土日/祝祭日は順次発送)★配送業者:ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便のいずれかを利用しての発送となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

賭博覇王伝 零 ギャン鬼編(1) (KCデラックス 週刊少年マガジン) コミック – 2011/10/17

5つ星のうち 3.8 18件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 586
¥ 586 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 賭博覇王伝 零 ギャン鬼編(1) (KCデラックス 週刊少年マガジン)
  • +
  • 賭博覇王伝 零 ギャン鬼編(2) (KCデラックス 週刊少年マガジン)
  • +
  • 賭博覇王伝 零 ギャン鬼編(3) (KCデラックス 週刊少年マガジン)
総額: ¥1,748
ポイントの合計: 55pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ついに、零が帰ってきた!! ‥‥金神・在全が主催する「王への試験」に参加した零は頭脳を駆使し、命懸けの試験をクリアー! 予選突破を果たした零達を待ち受けていたのは!? 第2章、遂に開始!!

ドリームキングダムで行われた、命懸けの「王への試験」から数年後‥‥。ある伝説が跋扈した! 不敗のギャンブラー伝説!! そのギャンブラーこそが、「王への試験」で神がかり的頭脳を発揮した、宇海 零!! そして、彼が今回挑むギャンブルは、何とゴルフ!! ゴルフ初心者の零は、どんな勝負に出るのか!?

著者について

福本 伸行
1980年、『よろしく純情大将』でデビュー。代表作は『賭博黙示録カイジ』、『天』、『銀と金』、『最強伝説 黒沢』、『賭博覇王伝 零』など多数。現在、『賭博堕天録カイジ 和也編』、『アカギ』を連載中。


登録情報

  • コミック: 196ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/10/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063761355
  • ISBN-13: 978-4063761351
  • 発売日: 2011/10/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
8巻まで発売された賭博覇王伝零の続編です。
前作の衝撃のラストの続きが展開されます。

詳しくはネタバレになるので書きませんが、
前作までの小気味いいテンポに少し陰りが見えてきた気がします。
ストーリーもつながりを欠き、随所に唐突感が感じられてきたような…。
重要キャラの在全や標が今シリーズでどのように関わってくるかも分かりません。

また、ゴルフを題材にしたことにも賛否あると思います。
ただ、作者の持ち味であるトリックの巧妙さは少し戻ってきたような気がしますので
今後への期待を込めて★4つです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 B270ホルスタイン トップ500レビュアー 投稿日 2013/1/24
形式: コミック
福本先生の作品は、前作の『賭博覇王伝 零』から読み始めました。

続編の今作は、前作の衝撃のラストとの繋がりが不透明なので、
「続編」といった感じがあまりしません。

それに、前作で度々驚いた心理戦がありません。私は連載を読んで
いますが、特に現在の「喜十郎編」はダラダラと長く続いていて
面白くありません。

私の希望としては、『賭博覇王伝 零』の続きをもう1度練り直して
再開してほしいです。前作が面白かっただけに、今作には期待を
裏切られた感じがします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
命を懸けたギリギリの逆転劇が楽しかった零だが、一転して舞台が数年後になり、
ゴルフ勝負を始めるという?な展開で、何というか別物という感じがした。
今後どうなるかはまだわからないが、アカギもカイジも最近はつまらないので、
いまいち期待はできない。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 書評太郎 投稿日 2011/10/18
形式: コミック
楽しみにして待ってました。
しかし、この展開から推測すると、どうやらこの漫画もカイジ方式になりそうですね。
おそらく、今後は本筋の話が遅々として進まず、打ち切りにでもならない限り、10年経っても終わらないでしょう。

ということが分かった巻でした。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
おそらく誰もがツっこんだであろう点

・いきなり「あれから数年後」って…。
・末崎のキャラ変わりすぎ。あれは完全に坂崎。
・京介、トイレでいきなり暴行はないでしょ。

個人的にゴルフネタはそこそこ面白いと思ったが、
あれだけストーリーをすっ飛ばしておいて状況の
説明が全くないのが気になるところ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ゴルフとか100枚ポーカーとかあの辺、ちょっとストーリー展開が速すぎると感じました。
勝負になるまでの導入部分もちょっと唐突すぎるという感が。
もっとじっくりした心理戦、駆け引きが読みたいと思いました。
これでは展開が速すぎてこっちがついていけません。

こういう速い展開にした理由は、『無頼伝 涯』が打ち切りになった理由は展開が遅すぎたから
と福本が分析したから(WIKIより)だそうですが、少年読者層にはこれでいいんでしょうかね・・・?

後半の宝探し編はスピードも落ち、読みやすくはなりました。
ただ、あれだけ閃くわけないよ、という感じもするし、
暗号を書いた側と解く側であんなに思惑が一致するわけない、
という気もしますがね。

福本作品としては凡作かも。もっと、「読んでて納得行かない感」の無い、
手に汗握るような展開の作品が読みたいと思いました。★三つです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
代打ち云々はどうした!?ゴルフは単にはめて勝つだけの展開。基本的にイカサマキャラじゃない零が・・・数年たって心境が変わったのか?過去の設定は無視され、末崎と板倉は対等になっている。零は板倉が嫌いなんだろうけど・・・末崎と組む意味はあるのか?まぁ、末崎は仁義があって裏切りもないから零がほれ込むのもわかるが・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
崖から車を落とす必要性は無かったですよね。
あの時、ネタに困って下策に飛びついてしまった
そういう事でしょうか。
それとも世界規模の大ギャンブル大会、この発想自体が
駄目なのでキャンセルしたのでしょうか
後者のような気がします
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック