Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
警視庁FC
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

警視庁FC [単行本]

今野 敏
5つ星のうち 3.0  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,728 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
単行本 ¥ 1,728  
文庫 ¥ 788  

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

警視庁FC + 化合 + 欠落
合計価格: ¥ 5,076

選択された商品をまとめて購入
  • 化合 ¥ 1,728
  • 欠落 ¥ 1,620

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

警察の未来を賭けた、「特命」チーム始動!

「警視庁FC?」「まさか、サッカーチームじゃないでしょうね」
警視庁地域部地域総務課の楠木が言い渡された特命「警視庁FC」。FCとは“フィルム・コミッション”の略で、映画やドラマの撮影に対して、警視庁がさまざまな便宜を図るという。
「刑事なんてまっぴらだ」。そんな楠木にとって安全で簡単な仕事とも思われたが、警備についた撮影現場で、謎の変死体が見つかる。
警察のウラとオモテ。虚偽入り乱れる数々の証言と化かし合い。そこには、組織をも巻き込んだ壮大な企てがあった――。

内容(「BOOK」データベースより)

警視庁地域部地域総務課の楠木が言い渡された特命「警視庁FC」。FCとは、“フィルム・コミッション”の略で、映画やドラマの撮影に対して、警視庁がさまざまな便宜を図るという。「危険な目には遭いたくない」「刑事なんてまっぴらだ」そんな楠木にとって、安全で簡単な仕事とも思われたが、警備についた撮影現場で、謎の変死体が見つかる。楠木は殺人事件の捜査にあたることになった…。

登録情報

  • 単行本: 336ページ
  • 出版社: 毎日新聞社 (2011/2/15)
  • ISBN-10: 4620107662
  • ISBN-13: 978-4620107660
  • 発売日: 2011/2/15
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 426,089位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 ちょっと軽めかな 2011/7/13
投稿者 asktkd
形式:単行本
最近の「隠蔽捜査」シリーズをイメージすると肩透かし食らうかも。主人公のキャラが今野氏の警察小説の中ではかなり異彩を放っています。あまり前向きでないキャラは今までなかったのは。軽い感じではありますが、終盤は二転三転しますので、今野さんファンならずとも楽しめるのでは
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 3.0 今までの警察モノとは切り口が違う 2013/1/31
投稿者 中野守龍
形式:単行本
警察モノを得意とする今野氏。どこか自分のやり方やポジションに自信の無さを感じながらも、周りの信頼に応えて行く・・・。
そんな感じの小説が多い今野氏だが、本作はすっかり公務員体質にハマり、定時出勤定時退出が当たり前、無難に勤めて共済年金を貰うのが希望と言う地域課の警察官が主人公。FCとはフィルムコミッションの略だそうで、撮影現場をスムースに動かす為のサポートを行う担当。撮影現場では手持ち無沙汰で適当に交通整理などをやっていれば良いと思っていたが、なんとその撮影現場で本当の殺人事件が起こってしまう・・・。

ストーリーとしては面白いし、出てくるキャラクターも立っている。しかし、物語途中で早くも「オチ」が見えてしまい(その後どんでん返しも有るが)、そこから先は「いつネタばれか?いつネタばれか?」と気にしながら読んでしまった。そして案の定のオチ。

どんでん返しのオチに気付くレベルの主人公なら、スタート直後に色々な点で気付くでしょう。幽霊に対する警察官の態度も不自然。

この作品の前に読んだ別の今野氏の作品にも感じたが、ハンチョウシリーズでTVドラマの旨味を知ったのか、警察モノはTVドラマありきで書いている様な気がする。
以前は、もっと深い心理描写が得意だったと思うが、この本の様にキャラクタはたっているが、低予算で制作し易そうな安易な設定が増えているのが気がかり。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 面白いキャラ 2011/12/16
投稿者 swing VINE メンバー
形式:単行本
「最低限のことをして、楽して仕事をしよう」というサボリキャラの主人公が、周りからは「優秀なのに奥ゆかしい」と思われて、意図せず、謎ときをしてしまう。確かに、そこで終わったらもっと面白かった。
ラストの展開は、いくらなんでも、何度もひねり過ぎ。
そうじゃない方が、ずっと楽しめたと思いますよ!
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック