Amazon Kindleでは、 謎解きはディナーのあとで (小学館文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 230

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
謎解きはディナーのあとで
 
イメージを拡大
 
1分以内にKindleで 謎解きはディナーのあとで (小学館文庫) をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

謎解きはディナーのあとで [単行本]

東川 篤哉
5つ星のうち 2.2  レビューをすべて見る (500件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,620 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 --  
単行本 ¥ 1,620  
文庫 ¥ 689  

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

謎解きはディナーのあとで + 謎解きはディナーのあとで 2 + 謎解きはディナーのあとで 3
合計価格: ¥ 4,860

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

受賞歴

第8回(2011年) 本屋大賞受賞

内容紹介

執事とお嬢様刑事が、6つの事件を名推理!

ミステリ界に新たなヒーロー誕生! 主人公は、国立署の新米警部である宝生麗子ですが、彼女と事件の話をするうちに真犯人を特定するのは、なんと日本初!?の安楽椅子探偵、執事の影山です。
彼は、いくつもの企業を擁する世界的に有名な「宝生グループ」、宝生家のお嬢様麗子のお抱え運転手です。本当は、プロの探偵か野球選手になりたかったという影山は、謎を解明しない麗子に時に容赦ない暴言を吐きながら、事件の核心に迫っていきます。
本格ものの謎解きを満喫でき、ユーモアたっぷりのふたりの掛け合いが楽しい連作ミステリです。


登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: 小学館 (2010/9/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 409386280X
  • ISBN-13: 978-4093862806
  • 発売日: 2010/9/2
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.2  レビューをすべて見る (500件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 19,653位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


動画を見る



カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
56 人中、53人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 これが本格・・・。 2011/8/25
投稿者 Isora87
形式:単行本
職業柄色んな年代の少年少女に会いますが、ラノベを愛読する子達に受けてます。。
読まずに批評なんてもってのほかなので一応読ませていただきました。
はぁ、これが本屋大賞。
やっぱりこういう作品を持ってこないとダメなんでしょうかね。
それとも色んな作品を読んで選んでいるうちに訳が分からなくなったとか。
別にこれはこれで簡単に読めてよいと思いますが、
お嬢様と執事の掛け合いが面白い・・。うーん。
いまどきのお笑いヴァラエティよりだめだった。
せめてもっと洒脱にクスリとさせてくれたら。
何だか内輪ウケの会話を聞かされてるみたいでつらい。
そんなこんなで、帯に踊る「本格」の文字を見るとふと鮎川哲也氏を思い浮かべてしまいます。
せめて本格はやめようよ、本屋大賞さん。
これは本格推理じゃないと思う。
他の方が書いていらっしゃいましたが
私も「本屋大賞」が「商売」にならぬ事を心から祈ります。。

蛇足だが、頭が切れて毒舌執事が見たいなら
ウッドハウスが書いたジーヴスシリーズの執事、
ジーヴスの方が百倍毒舌(というより慇懃無礼)で、
百倍頭が切れます。面白い。
このレビューは参考になりましたか?
768 人中、702人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 駄作、何故売れるのか謎 2011/2/20
投稿者 七つ風
形式:単行本
あくまで個人的な意見です。
ファンの方には申し訳ないのですが、はっきり言って駄作と思いました。何故、こんな本がおもしろいと言われるのか私には理解できませんでした。流行の「執事」+寒い会話とどこがで読んだような薄っぺらな謎解きだけで、「抱腹絶倒の本格ミステリ」と言われても...。作品としてのおもしろさというより、マーケティングの勝利か?(苦笑)
本屋大賞にもノミネートされているようですが、本当に良心的な本屋さんの店員さんがこれを薦めているのだろうか?売るための本ではなく、本当に読んで欲しい本を選ぶ賞だと思っていたのに、なんだか残念...。
このレビューは参考になりましたか?
837 人中、764人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 ガッカリです。 2011/3/2
投稿者 nawo
形式:単行本
この小説は「謎解き」とタイトルについているにも関わらず、謎を解く楽しさが全くありませんでした。
設定だけ読んで、お嬢様と毒舌執事のコンビなんて面白そうvvと思って買ったのですが…。
トリックはサスペンス劇場の方が出来が良いと思えるくらい、どこかで見た事の有る様な陳腐な物。
一応主人公は警察官ですが、素人でも分かる様な事を一々執事に指摘されなければ気付かない。
主人公をお嬢様という設定にするのはまぁ良いですが、同僚の刑事まで金持ちのボンボンにするのはクド過ぎる気が。
執事ももう少し活躍してくれるのかと思いきや、そこまで活躍する訳で無し。
無駄にキャラ設定だけ立っていて、ストーリーは薄っぺらい。
何であんなにメディアに取り上げられ、絶賛されてるんだか不思議です。
軽く読み流したい人には良いかも知れませんが、ミステリを期待して読むとガッカリ感ハンパ無いです。
1500円も出して後悔してます。
このレビューは参考になりましたか?
136 人中、125人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 期待はずれ 2011/4/8
投稿者
形式:単行本
正直、世間で言われるほど良い作品だと思えませんでした。
はっきりいって、面白くない。

まず、執事の推理の裏付けとなる証拠(誰もが納得できるような)がひとつも見当たらない。
そのため、どれも机上の空論に過ぎないようにしか感じられない。
どうしてそんな結果に至ったのか、納得がいかない。
あくまで「おそらくなのですが・・・」という域を超えていない などなど。

薄っぺらな印象を受けました。

例えていうならば、推理ドラマの中でも本当に最初のさわりの部分と最後の本当終わりの部分だけを見てしまったような。
否、それ以上によくわからない展開。

”毒舌執事”に惹かれて買いましたが、そこまででもないし悪い意味で期待を裏切られた気分です。
どうせなら、こういうレビューを見てから買えばよかったと本当後悔しています。
このレビューは参考になりましたか?
79 人中、73人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 風呂場で読む本 2011/4/4
投稿者 ねこみね
形式:単行本
本が好きで本を大切に扱う主人が自分で買ったこの本を私の半身浴読書のお供に薦めた理由がわかりました。

・軽い(話が)
・薄い(中身が)
・短い(謎解きの過程が)

確かに短編という以前にどっぷりと嵌るほどの内容もなくて、風呂場でのぼせる心配がないのはメリットかもしれないですが。
何よりも、大切に扱う価値がないと思った(買って失敗した)から濡れてごわごわになる風呂場での読書に薦めたのでしょう。(普段は自分の買った本に私の風呂場読書を許しません)

そしてこれがラノベじゃないことに驚きました。
ラノベも読む私からすると、ラノベのジャンルで書かれている作家さんの方が場面描写や心理描写、キャラ設定や物語の構成などもっときちんと「小説」になってる作品を書いてると思います。
もしくは、ラノベというものはもっと会話のテンポがよくてキャラに魅力があるからラノベにもなりきれないといえるのかもしれません・・・。

そもそも購入した主人さえ、半分も読めずに投げ出した作品なのですが、私は1本目でギブアップです。

これが1500円なんて信じられない!ってことが謎解きよりも一番の衝撃の事実でした。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 3.0 うーん
嫌いではない
コバルトばかり読んでる自分には読みやすいしわかりやすいし想像しやすい
だが、なにかに違和感がある
投稿日: 4日前 投稿者: 東小鳥
5つ星のうち 4.0 ドラマそのもの
ドラマを先に見て本を購入。
ドラマのシーンを頭に浮かべながら、読みました。... 続きを読む
投稿日: 8日前 投稿者: だん1974
5つ星のうち 4.0 今更、読んでみた
流行っている時には読む気が起きず、今更読んでみました。
なるほど、お手軽で軽くて、読みやすい。... 続きを読む
投稿日: 9日前 投稿者: 名無しの本読み
5つ星のうち 5.0 とても面白かったです。
日本語を学んで外国人として普段日本語の小説とはなかなか縁がないが、この小説はとても読みやすいです。そのうえ、ストーリーの流れはとても面白かったです。
投稿日: 13日前 投稿者: Kelly
5つ星のうち 2.0 読みとおすのが辛かった
本屋大賞だったとかで大人でも読める作品なのだと期待して、図書館で目にしたので借りてみました。推理小説といえば次はどうなるのかとわくわくして止まらなくなり、あっとい... 続きを読む
投稿日: 19日前 投稿者: べてぃ
5つ星のうち 5.0 さすが本屋大賞の本!!
永遠の0とともに長く読まれ続ける一流作家による名作。あの本屋大賞に選ばれた本です。
投稿日: 1か月前 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 3.0 暇つぶしの一冊
雛型にエピソードを押し込んで作った短編を纏めて一冊の本にしたという印象です。... 続きを読む
投稿日: 4か月前 投稿者: Yanagi
5つ星のうち 4.0 主人公と執事のやり取りが、面白い
コメディミステリーです。
映画の予告編を見て、面白そうだなと思って読んでみました。
軽くさらさらと読めます。... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: maidosan
5つ星のうち 4.0 気軽に読書を楽しみたい方々にオススメ
スピーディで軽いタッチ、潔いくらいにシンプルな犯人当てミステリーの短編集であります。... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: 紫
5つ星のうち 1.0 本屋大賞の季節なので
ふと、この本を思い出した。
お金を出して買った本で、思い出すのも腹立たしくなる。というのは、この本が初めてだったかもしれない。... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: しろ
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
いち書店員として感じる事 29 2013/10/31
絶句 1 2013/06/23
いまの書店員に一体何人のプロがいるんだろう 0 2011/08/12
3件のクチコミをすべて見る  
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック