¥ 2,700
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
論争 日... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

論争 日本の経済危機―長期停滞の真因を解明する 単行本 – 2004/5


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

論争 日本の経済危機―長期停滞の真因を解明する + アメリカは日本経済の復活を知っている + 伝説の教授に学べ! 本当の経済学がわかる本
合計価格: ¥ 6,048

選択された商品をまとめて購入



オールタイムベスト ビジネス書100
これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。 今すぐチェック

商品の説明

出版社からのコメント

週刊東洋経済「2004年上半期ベスト経済書100冊」第2位!
週刊東洋経済「2004年経済・経営書ベスト100」第9位!

内容(「BOOK」データベースより)

構造問題か、政策の失敗か、金融システムの麻痺か―第一級のエコノミストによる徹底解明。大不況の核心に迫る知的バトル。

登録情報

  • 単行本: 361ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社 (2004/05)
  • ISBN-10: 4532132711
  • ISBN-13: 978-4532132712
  • 発売日: 2004/05
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 628,988位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

13 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 道端 VINE メンバー 投稿日 2009/3/16
形式: 単行本
2002,3年に内閣府を中心に行われた「大停滞の解明研究会」をまとめたものです。
論文と対論から成っているのですが、議論がかみ合っておらず、それが露骨に出てしまっているところがあります。対論の部分を読んでみると、そこに先に目を通しておけば読むだけ無駄なことがわかったのに、とガッカリしました。
問題は、企画・人選が失敗だったことと、分析がラフかつ、限定的な意味しか見出せないアプローチをとっていることでしょう。ベースになってる論文が読める人はそちらを読んだ方がよほどに有益です。この本の元になった研究会では実のある議論もされたでしょうが、本として出版するに際して、その成果を誰に向けて表そうとしているのかがよくわかりません。しっかりとしたコーディネートが必要だったでしょう。
編者の総括コメントによると、「(二者択一的な)単純な立場に論者を追い込むことによって、現在の日本経済における金融要因と実物要因の相対的重要性と、その相互連関の性格がはっきり浮き彫りにしようというのがそのねらいである。こうして、このようなディベート方式の、方法的正当化ができる」とのことだが、それなら、編者の力量不足としか言いようがない。総括コメントもまたかみ合っていなかった。
しかしながら、論点となっている4つのトピックはいずれも重要なものなので、文中で随所になされているサーベイを
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
47 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 FXの帝王 投稿日 2004/5/24
形式: 単行本
1年前であれば、確実に五つ星だったろうが、今やもう・・・
論者もいつも通りのメンツだし、主張にも新鮮味はなし。当然、決着がつくはずもなく、この時期にこのような目新しさのない本を出す意味はあるの?
今一つ価値が見出せない一作でした。
 素人的には、最近のデフレ解消をどのように解釈するのか(両者とも想定外の事態だと思うが)?この回復は一時的なのかどうなのか?などが知りたかったのだが、やっぱり学者はだめなのかな?と失望させる1冊でした。
 もう勝手にやってろ!という気分・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック