Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 1,723

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
読んでいない本について堂々と語る方法
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

読んでいない本について堂々と語る方法 [単行本]

ピエール・バイヤール , 大浦 康介
5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (26件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 2,052 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は15%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)10/20まで。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

読んでいない本について堂々と語る方法 + 難解な本を読む技術 (光文社新書)
合計価格: ¥ 2,938

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容説明

欧米で話題沸騰
〈未読書コメント術〉

本は読んでいなくてもコメントできる。いや、むしろ読んでいないほうがいいくらいだ……
大胆不敵なテーゼをひっさげて、フランス論壇の鬼才が放つ世界的ベストセラー。
これ一冊あれば、とっさのコメントも、レポートや小論文、「読書感想文」も、もう怖くない!

内容(「BOOK」データベースより)

欧米で話題沸騰“未読書コメント術”。本は読んでいなくてもコメントできる。いや、むしろ読んでいないほうがいいくらいだ…大胆不敵なテーゼをひっさげて、フランス論壇の鬼才が放つ世界的ベストセラー。これ一冊あれば、とっさのコメントも、レポートや小論文、「読書感想文」も、もう怖くない。

登録情報

  • 単行本: 248ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2008/11/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480837167
  • ISBN-13: 978-4480837165
  • 発売日: 2008/11/27
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (26件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 57,030位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
117 人中、110人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 ecri
形式:単行本
本書の正しい読み方は、
「タイトルにだまされてハウツー本のつもりで読んでみたら
 強烈なカウンターを食らってぶちのめされる」
という読み方ではないかと思う。
非常に面白い本であった。

とはいえこのタイトルだけでは選択肢から外してしまう方もいらっしゃるかと思うので、
以下そういう方に向けたレビューを書きたい。

私は常々読んでいない本があまりに大量にあり、
かつ読んだ本についても片っ端から内容を忘れていく自らの状況に対して不安を感じている。
しかし本書は、「本を読む」という行為自体を再度問い直し、
本を読むことと読んでいないことの違いは何か? と考えさせてくれることでその不安を解消してくれる。

あわせて、「本を読む」という行為についていつの間にか抱いている
何かしら神聖な行為という印象や、本を最後まで読み通さないことに対する罪悪感を否定する。
私のような真面目とはいえない者にとって、本書は大きな安心感を与えてくれる本である。しかし。

本書の最後に描かれるのは、自分自身への対峙と、そこに立脚した批評という創造行為の尊さである。
思わず居住まいを正さずにはいられない。そして覚悟を持った上で
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
54 人中、50人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 内容は文学理論、テクスト理論 2009/1/27
投稿者 若村さき トップ1000レビュアー
形式:単行本
原題は、「Comment parler des livres que l'on n'a pas lus ?」ですので、邦題の「堂々と」にあたる単語はありません。直訳すれば「どうすれば、読んでいない本について話せるだろうか?」。これはどうでもいいことですが。

いずれにしても、いわゆるハウツー本ではありません。私は教員で、もしかして授業の役に立つのではないかと、タイトルを見て購入したのですが、全然違いました。

しかし、これはきわめて興味深い本です。文学理論、とくにテクスト理論に関心のある人に薦めます。

私たちは、ある本について、「読んだ」あるいは「知っている」ということを何気なく口にします。しかし、そもそも、ある本を「読んだ」とは、どういうことを指しているのでしょうか。私たちは、なまのテクストそのものだけに出会うことはまず不可能で、そのテクストにまつわる様々な言説(他人の感想や評価、研究、時代的文化的背景など)とともに、また自分自身のこれまでの体験、価値観とともに、私たちはテクストを受容し、自分自身の内なるテクストを「創造」しているのです。それが「読む」という行為です。そして、その「読む」は読者によって千差万別のはずであり、私たちにはこのようなルールがあることを決して忘れてはいけないのです。すなわち、
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
21 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 読書に関わる全ての人へ 2009/3/27
投稿者 のいのい
形式:単行本
まず最初に忠告しておきます。本書はいわゆる「ハウツー本」ではありません。またレポートや読書感想文を書くためのノウハウが書かれた本でもありません。もちろん本書を参考に "読んでいない本について堂々と語る" ことはできるかもしれませんが、本書の本質はそこではないのです。

ポップなタイトルにだまされてしまいそうですが、実際にはフランス人らしいエスプリの効いた上質の「哲学書」。読書や評論といった行為について、独自の思想・哲学をもとに、読者に対して知的挑戦を挑んできます。なんてひどいタイトルだと思った方も多いかと思いますが、ぜひだまされたと思って手にとっていただきたいところです。

「読んでいない本について堂々と語る方法」を学ぶために本書を読むのではなく、読書という行為を自分の中で捉え直すために、書評という行為の芸術性を見つめ直すために、そして本について語る自分自身の立ち位置を定義し直すために、本書を読み(あるいは読まずに)本書について語ること。そうした知的行為全体が、まさに本書の読書体験そのものなのだと言えるでしょう。

・・・なんてことを、本当はこの本を読まずに堂々と語れればよかったのですけどね。残念ながらすでにじっくりみっちり "読み込んで" しまったので、あまり創造的なレビューが書けていないかもしれません(笑)
このレビューは参考になりましたか?
54 人中、46人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 「本読み」に与ふる書 2008/12/3
投稿者 三四郎
形式:単行本
私は毎日本を手放せない人間です。
ですから、タイトルを見ての印象は、正直なところ「くだらない本」でした。
しかし、やはり食わず嫌いはいけませんね。
手にとって目を通してみると、実に面白く痛快な本でした。

一般には「客観的知識の習得」が目的と考えられている読書に、「主観的表現の創造」行為としての意義を見出すべき、とするのが氏の論旨です。

――読書を単なる手段とみて、できることなら省略したいなどと考えるのはもったいないよ。読書そのものを自己目的化して、もっと遊び心を持って楽しもうよ。

そんな氏のメッセージを、機知に満ちた文章とともにぜひお楽しみ下さい!
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 4.0 たとえばこのレビューの中にも…
... 続きを読む
投稿日: 6時間前 投稿者: 蕎麦啜静
5つ星のうち 5.0 本を読むすべての人へ
この本の定義によると"流し読み"や"忘れてしまった"場合についても読んでいない内に入る、ならば大抵の場合読者は本を読んでいない人と... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: わか
5つ星のうち 3.0 レトリックを楽しむ本
その本について語るにはその本は読んでいない方がよい。本を読み、語ることについての意味の考察。... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: _makoto
5つ星のうち 5.0 何かを語るためにその全てを知る必要はない
こんな人にオススメ:
 1.本の感想を聞いたり話したりすることが多い人
 2.本を読むのが苦手だと思っている人... 続きを読む
投稿日: 9か月前 投稿者: 田辺 智志
5つ星のうち 5.0 目からウロコの読書論。タイトルで敬遠せず是非読んでほしい。
読書論を扱った本はたくさんありますが、その前提にあるのは「その本を読む」という行為です。... 続きを読む
投稿日: 2012/9/23 投稿者: ketrketr
5つ星のうち 5.0 「読書」の「脱神聖化」−解放の読書論・書物論・テクスト論・教育論
精神分析家かつパリ第八大学で文学を講ずる著者は、ヴァレリー、ムージル、オスカー・ワイルド、漱石を交えつつ「非読書」の世界を開示する。これは「反読書」では決してなく... 続きを読む
投稿日: 2012/7/4 投稿者: Takumi Yamagishi
5つ星のうち 5.0 芸術論として
本書『読んでいない本について堂々と語る方法』は、タイトルから想起されるような、はったりや知ったかぶりのためのノウハウではなくて、読書に対する真摯な態度を示したもの... 続きを読む
投稿日: 2011/12/29 投稿者: hit4papa
5つ星のうち 5.0 教養という恐怖から逃れよう
恋人や友人との会話、あるいは教壇の前、はてはトチるわけにいかない壇上にいたるまで「読んでいない本について語らねばならないとき」はやってくる。答えに窮したらこの本に... 続きを読む
投稿日: 2011/6/9 投稿者: Noctambule
5つ星のうち 4.0 「読書」というものがどういうものかを分析した本
タイトルから想像すると、「読んでいない本について、
いかに恥を書かないよう語るか」という話が書かれているように思うが、... 続きを読む
投稿日: 2011/6/2 投稿者: D.IKUSHIMA
5つ星のうち 5.0 創造力をやしなう方法
なんという挑戦的なタイトルの本だろう。そのタイトルに挑むため、本書を読まずに書評を書こうかとも思ったが、結果的に読破してしまった。本書を読んでいない人に「この本は... 続きを読む
投稿日: 2011/4/23 投稿者: なおき
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック