Androidアプリストア Amazonファミリー AmazonPrimeポイント Cloud Drive Photos 2016_schedulebook  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター AmazonBasics_campaign 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 ヤスイイね ドラッグストア大感謝祭 暑さ・節電対策ストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート

読みやすい本 (二)

コロコロ
 
ジェノサイド
ジェノサイド
"★ アメリカの諜報機関や軍部中枢を総動員した大国の陰謀、日本での説得力のある創薬プロセス、コンゴで繰り広げられる命がけのミッションなど、読みどころ満載。アメリカ、日本、コンゴと、一見バラバラに思える活動が、徐々に繋がっていきます。人類 vs X の結末は‥‥。"
幽霊人命救助隊
幽霊人命救助隊
"自殺した四人が成仏するため幽霊となり、100人の人命救助に挑みます。社会問題にエンターテイメントの要素をうまく取り込んだ物語となっています。最後が良かった。"
13階段 (講談社文庫)
13階段 (講談社文庫)
"無実の死刑囚を救うため、刑務官と殺人の前科のある青年が調査を開始します。重いテーマの中にしっかりとした社会的メッセージがこめられており、普通の推理小説とは一味違う奥深い物語となっています。"
ワイルド・ソウル
ワイルド・ソウル
"★ 日本政府が行った棄民政策に対する、戦後移民の復讐物語。リアルな描写と迫力のある展開に一気に引き込まれます。戦後移民の苦悩がひしひしと伝わってくる作品です。"
ヒートアイランド (文春文庫)
ヒートアイランド (文春文庫)
"ストリートギャング vs ヤクザ vs 強盗団という、複雑に絡み合った物語。ギャングの友情、ヤクザのメンツ、強盗団の義理、それぞれのプライドをかけた戦い。スピード感溢れる展開で面白かったです。"
デッドライン
デッドライン
"★ 欧州戦線から帰還した日系移民二世の学生が、原爆投下を阻止するため密航を企てる。タイムリミットまであとわずか、追手を振り切り、日本に辿り着くことができるのか? 最後まで気が抜けないハラハラしっぱなしの密航劇です。"
東京コンフィデンス・ゲーム
東京コンフィデンス・ゲーム
"暴力団と経済ヤクザから背負った借金を返すため、銀行員が起死回生の一発逆転を賭け企業買収詐欺を働く。ゲームのように二転三転する展開が少なく、スリルはあまり感じませんでした。内容は経済小説かと思うほどしっかりできており、その面で楽しめました。"
百万ドルをとり返せ! (新潮文庫)
百万ドルをとり返せ! (新潮文庫)
"大物詐欺師の陰謀により騙し取られた百万ドルを奪い返すべく、四人の男たちが、それぞれのプランを持ち寄り頭脳を駆使して奪還を企てる。コミカルなキャラクターたちによる騙し合いは痛快で読んでいて楽しいです。オチがいいし、後味も良い。"
世界をだました男 Catch Me If You Can (新潮文庫)
世界をだました男 Catch Me If You Can (新潮文庫)
"★ 偽造小切手で26カ国を荒らし、時にパイロット、医者、法務官、大学講師になりすまし各分野の専門家を欺いたりと、世界を股にかけた天才少年詐欺師の犯行記録。なんと実話である。十代の少年とは思えない華麗で大胆な犯行は圧巻の一言。スリルがあり刺激的で面白い。"
奪取(上) (講談社文庫)
奪取(上) (講談社文庫)
"偽札造り挑むため、男たちが様々な危険を掻い潜りながら奮闘します。偽造の話がかなり専門的で、絵が浮かびにくい場面もあります。雰囲気だけでも結構楽しめますよ。オチが良かったです。"
ダイナー
ダイナー
"殺し屋専門の定食屋に抛り込まれた女、そこから命懸け接客が始まる。冒頭から衝撃的な内容で始まり、戦慄の走る緊迫した展開が最後まで続きます。中毒性のある内容で、かなり熱中して読みました。ショッキングな描写があるので女性にはお勧めできません。"
クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)
クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)
"★ 生死を賭けたリアル鬼ごっこ。バトルロワイヤルに近い感じですね。恐ろしいほどの臨場感を味わえます。4つのルート(武器、護身用アイテム、食糧、情報)のうち、あなたならどのルートを選択しますか?"
新世界より(上) (講談社文庫)
新世界より(上) (講談社文庫)
"★ 壮大なスケールで描かれた大人のファンタジー。 未来社会の人間と共存しているのは、コンピューターではなく、真言(マントラ)という呪力でした。映画とはまた違う、第二の未来像がここにあります。独特の世界観と斬新な発想が良かったです。"
天使の囀り (角川ホラー文庫)
天使の囀り (角川ホラー文庫)
"人間の身体の中で何かが蠢く。その正体とは? 不気味な怪事件が次々と起こります。一気読み確実ですが、この手の作品が苦手な方にはお勧めできません。"
秋の牢獄
秋の牢獄
"★ 全三話の短編小説。牢獄をテーマにした、一貫性のある作品です。怖さの中にも悲しみがあり、どこか郷愁を誘う物語です。個人的に大好きな作家の一人です。"
雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)
雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)
"現世とは隔たれた“穏(おん)”という土地に住む少年の物語。現世と異世界の境界が曖昧なところが少し気になりました。恒川さんの世界に浸れる面白い作品です。"
夜市
夜市
"★ 「夜市」「風の古道」の2つの中編作品。ホラーとファンタジーが融合したような世界観です。ホラーが3、ファンタジーが7くらいの割合かな。幻想的な雰囲気がイイ。今までに無いタイプの新感覚ファンタジーです。"
花まんま
花まんま
"★ 昭和の大阪の下町を舞台にした全六話の短篇集。下町の日常風景に起きる怪奇現象を描いた作品です。朱川さん世代ではありませんが、子供の頃を思い起こす懐かしい風景が目に浮かんできました。"
都市伝説セピア (文春文庫)
都市伝説セピア (文春文庫)
"★ 都市伝説にありそうな全五話の短編集。「昨日公園」というリプレイ現象を描いた作品が素晴らしかった。同じリプレイ現象を描いた恒川さんの「秋の牢獄」とはまた雰囲気の違う悲しさと切なさが入り混じった作品で、思わず涙を流しそうになりました。"
わくらば日記 (角川文庫)
わくらば日記 (角川文庫)
"透視能力を持つ病弱な姉と、その姉を支える妹の仲の良い姉妹のお話。昭和30年代の懐かしい時代背景と姉妹の優しいキャラクターが相まって、温かい気持ちで読み進められます。特に女性におすすめ。"
光の帝国常野物語 (集英社文庫)
光の帝国常野物語 (集英社文庫)
"十話の短編集。“常野”という土地に住む不思議な力を持った人々のお話です。悲しいファンタジーに少しホラーが混じったような感じでしょうか。朱川さんを連想させるような作品です。表題作の「光の帝国」は長編で読んでみたいです。"
夢違
夢違
"亡くなったはずの女の出現と同時に、集団白昼夢、集団失踪事件と不思議な出来事が続けて起きる。女と事件の関係は‥‥。素材は面白いのですが、物語に説得力があまり感じられず、モヤモヤ感が残ったまま終わってしまいました。"
魔法使いの弟子たち
魔法使いの弟子たち
"★ 謎のウィルスにより、人類に未知なる恐怖がもたらされます。グイグイ引き込む描写と、加速していく展開が良い。満足のいくファンタジーでした。この終わり方でも良かったですが、もう一つの新人類の世界も見てみたかった。"
海の底
海の底
"陸、空、海の自衛隊三部作。どの作品も恋愛を求める女性や中高生向けといった感じです。バトルを期待する方にはお勧めできません。〈陸〉人が塩に変わります。恋愛小説を読んでいるような感じでした。 〈空〉未確認飛行物体との戦い。バトルはほぼ無し。人間模様がなかなか良かった。 〈海〉巨大海老との戦い。バトルと恋愛模様が半々くらいです。"
星を継ぐもの (創元SF文庫)
星を継ぐもの (創元SF文庫)
"SFに興味がない人には少し辛いかもしれません。しかし、人類や宇宙の解明、専門技術を駆使した科学的根拠などに説得力があり、非常によくできている作品です。一読してみる価値は十分にあります。"