Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 1,232

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
詩文集 生首
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

詩文集 生首 [単行本]

辺見 庸
5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,836 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

詩文集 生首 + 眼の海 + 青い花
合計価格: ¥ 5,400

選択された商品をまとめて購入
  • 眼の海 ¥ 1,836
  • 青い花 ¥ 1,728


商品の説明

内容紹介

本書は近作および書き下ろし詩篇全5章46篇を収載、巻頭詩「剥がれて」から最終章の「世界消滅5分前」まで、見当識をあらかた失いながらさも狂いなき定位にあるかのようにふるまう人と世界への呪詛と敵意をうたいあげています。天翔る生首とはなにか。切断された身体と記憶、実存から剥がれ無化された言葉はどこに流れていくのか・・・まがまがしい予感にみちた一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

天翔る生首…。いまに向かう殺意の詩化。新たなる言葉の異化。辺見庸がついに行き着いた反世界の究竟。

登録情報

  • 単行本: 176ページ
  • 出版社: 毎日新聞社 (2010/3/20)
  • ISBN-10: 4620319562
  • ISBN-13: 978-4620319568
  • 発売日: 2010/3/20
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 404,626位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
19 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 入り江の向こう 2011/4/4
投稿者 adanama
形式:単行本
辺見庸の既発表、未発表の詩を集めた初めての詩集。中原中也賞の受賞作でもある。 いわゆる「詩」とのズレや違和感、にも関わらず際立つ言葉の生々しさと死の匂い。嗜虐的な表現。60をとうに過ぎた作家とは思えない、(いい意味で)大人気ない反知性反文芸の姿勢。 全編に流れる嗜虐と自虐の感覚をむしろ誠実と感じるのは、この詩集によって晒されているたくさんの「傷」が、吹き出る血も含めて、私たち自身のものだからだろう。 中也賞の選者である高橋源一郎がこの詩集に対して述べた「詩における言葉の強度」、同じく選者の荒川洋治が述べた「行為が詩に戻ってきた」という評は過不足なく言い当てている。それでも評するには言葉が足りないと思わせる。 近年の著作を読んでいない読者は、なぜすでに芥川賞を獲っているこの老ジャーナリスト兼作家に詩の新人賞を与えるのか、というふうにも感じただろう。 この詩集が素晴らしいのは、言葉が強度を持たないという現在の事実に対して欺瞞や嘘がなかったという一点においてだ。その事実を見つめているからこそ、淡々と紡がれる一篇一篇が、鉛の弾のように胸に残る。 そんな言葉が、いまどれくらいあるだろう。
このレビューは参考になりましたか?
30 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 New JJ-K 72 トップ1000レビュアー
形式:単行本|Amazonで購入
時代の本質を抉り出せる氏自身の死の匂いと資本への怒りに満ちたアンソロジー(詩文集)。その鋭利な言(ことば)は読者の心(胸)を貫き、救われ難い内容に満ちていますが、死刑囚の大道寺将司氏との出会いを歌った書下ろしの「挨拶」の透徹し澄み切った氏の心に救わました。今という時代の本質を見抜ける稀有な作家の渾身の、そして満身創痍のメッセージです。

以下、「夜行列車」から抜粋

壊れゆく者に惹かれるのはなぜ
逝くものに憧れるのはなぜ
失意のために残された活力のみでもじゅうぶんに生きられるのはなぜ
狂えるものに神を感じるのはなぜ
まったい正気をこうまで憎むのはなぜ
いみじき過誤がある者に敬意を覚えるのはなぜ
いまは、まだ続くのですか
資本から解かれる契機はありますか
資本を解くときはありますか
もう黙してもよいですか
もうつぐんでもよいですか

私は悼む。忌まない。もう問わない。ただ悼む。

静かに、ただ悼むだけの影がある。
このレビューは参考になりましたか?
13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 論理ではない文章の力  2011/3/18
投稿者 柴犬太郎
形式:単行本
筆者の本は基本的に全部読んでいるが、初期の小説や詩文は苦手。描写などがどうも駄目である。
一方、近年の社会評論では、つなぎのような位置づけで象徴的な短い詩文を多用しており、それらの詩文の
前後の評論を踏まえた暗喩や風景描写、その言葉自体の質感を好んで読んでいた。

作品が多数収録されているので、それぞれ感想はあるが、共通する印象を少しあげると、、
難解な言葉のようでいて、理解できる風景描写、
決して明るくはないが、在るものをただ視る視点、
強い既視感を起こさせる、
自分が省みることもなく通り過ぎてきたものの記憶とでも言うべきだろうか。

レビューになってませんが、ご容赦ください(汗)。
うまく言語化できないもの、論理的に説明することが無理なものを表現するのが詩だとすれば、この読後の感
覚は詩を読むことでしか得られないものかと思います。筆者が詩文であれ、評論であれ、表現しようとする対
象は同じもので、評論と違う詩文という方法でそれを表現しようとしていると思います。
詩文というジャンルに対する自分の認識の浅さ、狭さに気づかされた次第です(汗)。
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック