この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

記者ハンドブック[第9版] 新聞用字用語集 新書 – 2001/3


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1

この商品には新版があります:



キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

簡潔で正確な記事を書くために―IT時代に便利なコンパクト辞書。同音異義語、科学技術用語、介護用語、性差別表現・不快用語などを充実。

内容(「MARC」データベースより)



登録情報

  • 新書: 792ページ
  • 出版社: 株式会社共同通信社; 第9版 (2001/03)
  • ISBN-10: 476410475X
  • ISBN-13: 978-4764104754
  • 発売日: 2001/03
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 402,204位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 モノクロ 投稿日 2005/1/5
形式: 新書
サークルの校正でほぼ毎月使ってます。個人でも1冊購入しました。
日本語の本来の姿というか、「ああ、こうなんだ」って部分をよく気付かせてくれる本です。
サークルでは「最新版 朝日新聞の用語の手引」と本書を併用しています。
文章を書く人にしか必要のない本と言ってしまえばそれまでですが、日本語は、日本語を使う私たち自身が正しく使い、表記して、後世へ繋いでいくものだと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 chikao 投稿日 2004/5/4
形式: 新書
 ワープロを使って文章を作成することが多い昨今です。誰もが理解できる平易な文章を作成するとき、そばに置きたい一冊です。資料も豊富で役立ちます。各種用語集やJIS漢字一覧がついているのもうれしい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 "magicaleye" 投稿日 2005/1/5
形式: 新書
仕事でよく文章を書くので
この本だけは本当に手離せません。いや、手放せません!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 笑い姫 投稿日 2004/7/11
形式: 新書
最近は日本語が乱れ、何が正しいのか・正しくないのか、
判断基準がわかりにくくなっています。
そんなときにこの一冊があれば、いろいろなところで
活用できると思います。新聞の用事用語を基本としているので、
一番参考になる辞書的なものであると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 たいき 投稿日 2004/12/16
形式: 新書
分かりやすい文章を書くための本と紹介されて買ったのですが…。
内容は、ほとんどが(主に新聞の)表記の統一方法に関するもので、
病名や外来語の表記例や、常用漢字以外の漢字の書き換え例などの
一覧が掲載されています。
また、用語集や略語集も掲載されているのですが、
語釈は、ほとんど掲載されていませんし、
ハッカーをクラッカーと記述しないとか、
HPをホームページの略語と規定するなど、
いわゆるマスコミ語も散見されます。
掲載されている用語を利用する時は、
それが一般的な表現であるか確認する必要がありそうです。
送り仮名や句読点、記号の打ち方などの解説もありますが、
国語辞典の付録に載っている程度の内容なので、
必要性を感じません。記者以外には役に立たないと思います。
逆に、記事の形式や数字や単位の記述など、
表記の統一方法は詳しく書いてあるので、
厳密な統一性が求められる新聞記者には、
必携の一冊でしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック