¥ 1,944
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
記者ハ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

記者ハンドブック 第12版 新聞用字用語集 新書 – 2010/10/27


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,636


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

記者ハンドブック 第12版 新聞用字用語集 + 日本語表記ルールブック + 新しい国語表記ハンドブック
合計価格: ¥ 3,240

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

29年ぶり大改定!新常用漢字に対応!書き方の基本、豊富な用例、充実の資料。日本で最も多くの記者が使っている文章執筆のための必携書。

登録情報

  • 新書: 744ページ
  • 出版社: 共同通信社; 第12版 (2010/10/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4764106191
  • ISBN-13: 978-4764106192
  • 発売日: 2010/10/27
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (28件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,654位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

45 人中、40人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 be3osaka トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/12/19
形式: 新書
何か書き物をするという人は数冊の辞書をもっているはずです。原稿を書いているときその辞書をみても用法や正しい表記の仕方が分からないものが必ずでてきます。そうしたときの疑問にかなり高い確率でちゃんと「正解」を示してくれるのが用字用語集です。

たとえば、この用語集に載っているものを数個示すと・・・

頭ごなしの外交→頭越しの外交
一姫二太郎の正しい意味。生まれる順番のことだと明記
公算が強い→公算が大きい
日時の書き方 年月日の例
動物の数え方 魚は尾をなるべく使わない
一級河川→1級河川
大神神社が正式名称で大三輪神社は古称
重さ、長さの表記の仕方

うろ覚えになりやすい事項を確実な知識として並べて示しています。
造本もしっかりしており、引きやすいというのもあってこれは使えそうです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
36 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 HS76 投稿日 2011/3/10
形式: 新書
雑誌等の文書を書いたり、人が書いた文章をリライトしたりする仕事について、
早3年。
いままで前の版のハンドブックを使っていたのですが、
今回、新しいハンドブックを購入しました。
自分が覚えている漢字や送り仮名の使い方。漢字表記なのか平仮名表記なのか。
疑問に感じたら、不安を感じたら、常にハンドブックで確認しています。
共同通信社編著ということで、絶大なる信用をおいています。
仕事上、常に新しい情報が欲しくて、今回新しいハンドブックを購入しましたが、
1度購入してしまえば、しばらく通用すると思います。
また、タイトルは記者ハンドブックですが、
何も新聞や雑誌等の誌面編集だけにとどまらず、企画書作成やPOPチラシ作成等
なんでも使えますので、社会人であればどなたでも参考になると思いますよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 clock 投稿日 2011/3/20
形式: 新書 Amazonで購入
以前から仕事で愛用していて
常用漢字表の改定に伴って買い直しました。

同音異義語などの確認はもちろん、
カタカナの表記、物の数え方などについても書いてあるので
迷ったときには、いつもお世話になっています。

ただめくっているだけでも、
「なるほど」って思うような情報が書いてあり
結構楽しめますよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 s.yagishita トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/9/26
形式: 新書 Amazonで購入
内容そのものがいいか悪いかは別にして、新聞に書かれている文章というのは、この世の中で最も簡潔で分かりやすいと思う。本書はその新聞記事を書くためのハンドブックなので、簡潔で分かりやすい文章を書く上で役立つことが数多く詰め込まれている。

そのうちのいくつかを列記すると、

●日時の書き方については、西暦と元号の併記の方法、0時・12時・正午の使い分けなど。

●人名の書き方については、肩書きが姓名と絡み合う場合の注意点、住所・職業・姓名・年齢の順序など。

●数字の書き方については、満3年・3カ年・3周年・3年越し・3年目の違いなど。

などが挙げられる。

また、差別語や不快用語の一覧も載っているが、これも頭に入れておいた方がいいだろう。

ただ、新聞記事に特化した内容なので、「首相動静」とか「選挙の立候補、投開票」についての記事のフォームなど、一般的に役立つとは思えない個所もある。横書きについても一切触れていない。

常用漢字・現代仮名遣い・送り仮名などの表記の原則を示す「用字用語集」が本書の半分近くを占めているが、この部分については、収録語彙数の多い
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 anikix 投稿日 2011/4/15
形式: 新書
もう一つ前の「11版」からの付き合いになります。
にわか編集者として仕事を始めてからはや1年前。ほぼ毎日お世話になっています。

普段の書類作成の際には気にも止めなかった出版物の「言葉のルール」が学べます。
この度29年ぶりに常用漢字が追加されたことに対する改訂だそうです。

この1冊を手元に置いておけば大体の出版物に大しての表記に関して、正しい表現方法がすぐに導き出せるはず!

編集者と名乗るのならばぜひお手元に一冊!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック